THE 6 BEST VINTAGE STORES IN THE UK

英国のベスト・ヴィンテージ・ショップ6選

Sunday, February 14th, 2021

ヴィンテージ・クロージング産業は、英国だけでも約6億6,000万ポンドの売上があるとされる。

THE RAKEはその中でも、ベストと言える6軒を紹介する。

 

 

by josh sims

 

 

 

 

 ヴィンテージ・クロージングは、過去15年の間にメンズウェア業界で最も注目されるジャンルとなった。デザイナーやリバイバル運動に影響を与え、服の歴史やクオリティに対する理解は深まり、ヴィンテージのコピー品に特化したブランドまでもが誕生した。

 

 かつては“中古品”として捨てられたり、趣味の悪い“カスタム品”として嫌われていた品々の価値は、“ヴィンテージ”という言葉が広まってから急上昇した。

 

 そして、今では良質なものの供給が少なくなっているのも事実だ。ここでいう“良質なもの”とは、デザインやコンストラクションのベンチマークとなるようなものを指す。例えば、ミリタリーやワーク、スポーツウエアそして裕福な人々のために作られたクラシック・テーラードなどだ。多くの古着屋で見られるような、派手なポリエステル製のタートルネックや擦り切れたチャリティーウェアの山ではない。

 

 もちろん、ヴィンテージという言葉は、年齢によってその捉え方が異なる。お金に困っている学生にとっては、1990年代前半に作られた服は“ヴィンテージ”だ。しかし、普通は、自分が生まれてから作られたものをヴィンテージとは呼ばない。レトロ、ファンシー・ドレス、ヘリテージ、ヴィンテージ・スタイル、グルーヴィーといった言葉を、ことさら強調している安物にも注意が必要だ。

 

 ここでは、英国最高のメンズウェア・ヴィンテージ・ショップのセレクションをご紹介しよう。バイヤーの特別なコネクション、知識、審美眼によって最高のものが集められている。そのほとんどは1960年代以前に作られたものだ。

 

 この時代はメンズウェアの黄金時代だった。それぞれの服はきちんとした素材と丁寧な縫製で“まっとうに”作られていた。自明のことだが、それらはとても長持ちするのだ。

 

 

 

THE VINTAGE SHOWROOM

 

 世界的なディーラーであるダグラス・ガンとロイ・ラケットは、主に世界中のヴィンテージ・ミリタリー・ピースの収集を専門としている。新しいディテールを探している大手ブランドのデザイナーに雇われたり、ヴィンテージ・クロージングの卸売などが彼らのメインビジネスだ。

 

 幸いなことに、一般の人に小売するショップも併設されている。フレンチ・ワークウエア、USアーミーパンツ、ピーコート、レア・デニムなどを扱っている。彼らはまた、ヴィンテージ・ウエアのバイブルでもある『Vintage Menswear: A Collection From The Vintage Showroom』の共著者でもある。

 

14 Earlham Street, London WC2H 9LN

www.thevintageshowroom.com/

 

 

 

OLD HAT

 

 デビッド・サックスビーの西ロンドンのショップOLD HATは、テーラーリングとよりジェントルマン的な装いに特化した、数少ないヴィンテージ・メンズウェアのショップである。

 

 博物館級のヴィクトリア朝時代のスーツから1960年代の自然なスタイルまで、バートンのデモブ(復員)スーツからブラックタイまでを取り揃えている。OLD HATでは、ネクタイや帽子、ブリーフケースなどを贖うことも可能である。

 

http://oldhat-jpn.com/

 

 

 

BREUER & DAWSON

 

 かつてポートベローのマーケットで商売をしていたポール・ブリューアーとマット・ドーソンは、英国海辺の町マーゲートに移り住み、そこで広大な倉庫兼スタジオスペースを運営している。ここはアイデアを求めるデザイナーたちのメッカである。マーゲイトはかつてはロッカーズとモッズの対立の舞台となったが、ここの商品構成は強いて言うなら、モッズよりもロックな商品が充実している。

 

 きちんと分けられた髪、手入れされた口髭、CC41(戦時中に英政府が生産コストをかけさせないように始めた製品規制。ボタン数が少ないなど、独特のデザインで人気が高い)のワードローブを身につけているドーソンは、ドラマ『ダッズアーミー』のエキストラと間違われてもおかしくない。

 

7 King Street, Margate CT9 1DD.

www.breuerdawson.com/

 

 

 

FLIP

 

 FLIPはキングス・ロードにあった古着屋の草分けで、ヴィンテージが少数の人にしか評価されず、大多数の人にはただ古いだけだと見捨てられていた時代から存在している。

 

 R&Bバンド、ヴィネガー・ジョーの元ドラマーであるジョン・ウッズが、自分の古着屋を開きたいと考えたとき、フリップの名前を使うことを許された。それが許可されたのは、彼がアメリカン・ヴィンテージ・クローズへの情熱を持っていたからである。

 

 フィールド・ジャケット、ベースボール・ジャージー、ハワイアン・シャツ、ウエスタン・ウェア、そしてもちろんリーバイスもたくさんストックしている。

 

 今もなお健在で、ウッズの息子が経営しているこの店は、この分野では間違いなくノースイーストを代表する名店だ。

 

104 Westgate Road, Newcastle Uppn Tyne, NE1 4AF

www.flipvintage.com/

 

 

 

MINT VINTAGE

 

 ヴィンテージ・クロージング・ディーラーのジェームス・ライトは、ロンドンのコベント・ガーデンにてMINTをオープンし、その後、東へ移転した。一般的なヴィンテージ・ショップよりもファッション・トレンドに沿って在庫をシフトさせており、またその名の通り、入手困難なデッドストック品を中心に扱っている。

 

 フィラ、ラルフ ローレン、ディッキーズなどのブランドのレアなコレクターズ・アイテムも入手可能だ。

 

71 Stoke Newington High Street, London, N16 8EL.

 

 

 

SAVVY ROW

 

 ヴィンテージ・クロージングを調達してお金を稼ぐのは簡単なことではない。だからこそ、多くのディーラーが実店舗を見送り、オンライン販売を好むようになっている。

 

 SAVVY ROWは、その名の通り、トミー・ナッター、アンダーソン&シェパード、ハンツマン、ギーブス&ホークスなどのヴィンテージ・テーラーリングに特化しており、1940年代以降の衣料品を扱っている。サヴィル・ロウ黄金時代に作られたタキシード、スーツ、ツイード・ジャケットなどをリーズナブルに入手しようと思ったら、このサイトは理想的だ。

 

www.savvyrow.co.uk