Saturday, September 14th, 2019

オールブラックスに敬意を表した
チューダーのラグビーW杯モデル

 9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」のオフィシャル・タイムキーパーを務めるスイスの腕時計ブランド「TUDOR(チューダー)」が、ブランドのアイコンモデルであるブラックベイダークにクロノグラフ機能を搭載した、「BLACK BAY CHRONO DARK(ブラックベイクロノダーク)」を発表した。

 前大会チャンピオンのラグビーニュージーランド代表「ALL BLACKS(オールブラックス)」とパートナーシップを締結している同ブランドの新作は、漆黒のユニフォームを纏うオールブラックスの雄々しい姿を想起させるデザインになっており、サテン仕上げのマットな質感のスチールに、ブラックPVDコーティングを施したスポーティかつ洗練された仕上がりだ。もちろん他モデルと同様、COSCによるスイス公認クロノメーター認定を取得しており、類まれなる堅牢性・機能性・精度も兼ね備えている。

 このリミテッドディションは、1884年のオールブラックス創立から現在までに選出されてきた、オールブラックスの人数と同じ1181個のみ初回生産され、ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。日本初開催という記念すべき年に、W杯最多優勝を誇る男たちの熱き力を身に纏ってはいかがだろう。

 

BLACK BAY CHRONO DARK(ブラックベイクロノダーク)

自動巻き スチールケース、サテン仕上げブラックPVDコーティング(NASAによって開発された物理蒸着)41mm

¥583,334

※9月14日発売

 

 

チューダー日本ロレックス

TEL:03-3216-5671

HP:www.tudorwatch.com/ja