FENDI ANIMA MUNDI

美しすぎるバイオリニスト、荒井里桜とは?

Sunday, September 6th, 2020

text miki tanaka

 

 

 

 フェンディは、国内唯一の国立芸術総合大学である東京藝術大学とのコラボで、9月6日より「フェンディ ルネサンス – アニマ・ムンディ」と題したストリーミングイベントを配信している。

 

 ちなみにイベントのタイトルにある 「アニマ・ムンディ」とは、すべての形ある生命体をひとつにする原理を表す。生物はそれぞれに特有の性質によってお互いを区別しているが、それでも、共通する宇宙霊魂の下でひとつに結びついているという考えに基いている。

 

 さて、この演奏会というアイデアは、新型コロナウィルスのパンデミックを経験したあと、“アートファッション、そして音楽を通じた再生”というポジティブなメッセージをコミュニティに届けたいという同ブランドの強い想いから生まれた。渡航制限がある昨今、各都市の美しいランドスケープと音楽が融合したコンテンツを提供し、ささやかな楽しみを提供すべく、ローマを皮切りに世界各地で展開し、ワールドワイドに発信している。第一弾ではフェンディが本拠を置くローマの「イタリア文明宮」から、名門音楽大学サンタ・チェチーリア国立アカデミアとのコラボでストリーミングイベントを配信して好評を博した。

 

 

 

 今回は東京を舞台に東京藝術大学とコラボレーションし、上空約 230mから東京を一望することができる東京・渋谷にある展望施設「渋谷スカイ」と、GINZA SIXにある都会の中で自然を身近に感じられる環境をシンボリックに表現した屋上庭園「GINZA SIX GARDEN」から、同大学音楽学部の学生でバイオリニストの荒井里桜さんと、同大学出身のサクソフォーン奏者、上野耕平氏がイタリア人作曲家ジョアキーノ・ロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」よりフィナーレを演奏する。そしてその際、 2人はそれぞれ2着のフェンディ2020年プレフォールコレクションを纏う。

 

 

 

 フェンディと東京藝術大学とのコラボは、2013年にさかのぼる。同大学美術館で開催したエキシビション「FENDI-UN ART AUTRE ~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~」以降、フェンディは東京藝術大学への支援を継続的に行ってきた。そして今回、その美点と創造性を最高の水準で表現する東京藝術大学とフェンディとのコラボレーションにより本イベントが実現した。

 

 

 

 そしてバイオリニストの荒井里桜さんは、2017年の第15回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞受賞。2018年の第87回日本音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝し、今後の活躍が期待される逸材だ。その才能だけでなく、美人バイオリニストとの呼び声も高く、そんな彼女が着こなすプレフォールコレクションにも注目だ。

 

 フェンディが繰り広げる世界のランドスケープと美人バイオリニストによる美しい音楽、そして最新コレクションの競演・・・なかなか見られない贅沢なストリーミングをぜひお見逃しなく。

 

 

フェンディ公式サイト

www.fendi.com/jp/info/fendi-roma/fendi-anima-mundi

 

東京藝術大学公式サイト

www.geidai.ac.jp/

 

 

フェンディ ジャパン

TEL. 03-3514-6187