The Westin Maui Resort and Spa Kaanapali 2

ハワイの知られざる魅力を求め、
ネイバー・アイランドへ

Wednesday, February 26th, 2020

text chiharu honjo

 

 ホテル内には、28室のスイートルームを含む770室のゲストルームがあり、5つのプールと2つのスライダーのあるプールを有する。スパ、ゴルフ場など、リゾート内で何でもそろう大型ホテルで、隣接するホエラーズ・ビレッジへ足を運べば、ショッピングも楽しめるアクセスの良さを誇る。

 

ペントハウス スイート リビングルーム

 

ペントハウス スイート 寝室

 

ペントハウス スイート バスルーム

 

 

 ビーチ・タワーのデラックスゲストルームとスイートルームも、より快適に生まれ変わった。このホテルで一番ラグジュアリーな部屋を紹介してほしいと尋ねると、ビーチ・タワーの最上階にある「ペントハウス スイート」を案内してくれた。眼下に広がる絶景を眺めながらリビングで寛ぐことができる最も広い部屋で、アジアのVIPに人気が高い。

 

 ここでしかできない特別な体験をしたいなら、シェフを呼んでマウイ産の食材でスペシャルコースをルームサービスするのはいかがだろう。マウイでは、新鮮な魚や地ビール、オーガニックの野菜や肉など、様々な食材が手に入るので、美食家も満足するに違いない。

 

 また、ウェスティンホテル&リゾートでは、旅行中もウェルネスを大切にしたいゲストのニーズに応える6つのウェルビーイング(Eat Well, Move Well, Sleep Well, Play Well, Feel Well, Work Well)が用意されている。旅の疲れを癒すSleep Wellでは、極上の眠りを約束するシモンズ特注のヘブンリーベッド®を全室に備え、心を落ち着けるラベンダーオイルのアメニティをベッドサイドに置いてくれる。

 

 

 プールサイドで寛ぐ時は、アダルトプールにほど近い、「ネスト」をキープするのがよい。カバナより広い大型の個室で、ゆったりとしたソファーで優雅に過ごすことができる。日差しが気にならないプライベートなスペースを確保できるため、パートナーはもちろんファミリーでも利用しやすい。泳ぎ疲れたらフードやドリンクをオーダーし、鳥の声をBGMにグラスを傾ける、贅沢な時間を満喫したい。

 

 

 Move wellでは、日の出とともに爽快なランニングを楽しめる「ランウェスティン」がある。5kmと8kmのランニングコースが設定されており、個人のペースで走ることができるので気軽にトライできる。さらに、ランコンシェルジュがゲストの希望に合わせたコースをカスタマイズし、走りながらアドバイスをくれるグループランニングもある。ここマウイでは、北米で最も景色の良い10のマラソンに挙げられるマウイマラソンが開催されるため、世界中からランナーが集まる注目の場所だ。

 

 その際、是非とも利用したいのがウェスティンとニューバランスのコラボによるギアレンディングである。シューズとフィットネスウェアのサイズだけ伝えれば、1日たった5ドルでニューバランスのTシャツ、短パン、スニーカー、新品のソックスを15分で部屋に届けてくれる快適なレンタルサービスだ。実際着用してみたのだがウェア、シューズ共に申し分ない。ソックスは持ち帰ってよいというから、フィットネスウェアは現地調達するのが正解だ。

 

 

 

・2・