HEAVENLY DREAM ISLAND "Huvafen Fushi Maldives"

21歳以下は立ち入り禁止 –––
インド洋に浮かぶ“夢の島”

Tuesday, June 11th, 2019

“願えば叶えてくれる夢の島”・・・こんな島があったらと、

誰もが思い描く場所がインド洋の楽園モルディブにある。

空港に降り立った瞬間から、心地よい“おもてなし”で包み込んでくれる、

大人のためのリゾート「フヴァフェンフシ」だ。

 

常設のレストラン以外の場所で、食事の用意をしてくれる「デスティネーション・ダイニング」の一例。ここは美しいサンセットがみられるホテル内随一のスポットだ。他にも、プールサイドでの幻想的なディナーや、船上でのシャンパンブレックファストなど、バリエーションに富んだチョイスが用意されている。

 

 

“大人のための”リゾート

 世界屈指の海の透明度を誇る、インド洋の島国モルディブ。一島一リゾートが基本であるこの国でのステイにおいて、ホテル選びは絶対に失敗できない。そこでTHE RAKE が自信を持っておすすめするのが、21歳以下は宿泊することのできないリゾート「フヴァフェンフシ」である。モルディブの公用語であるディベヒ語で「夢の島(Huvafen Fushi)」という意にふさわしく、誕生した2004年から夢のような時を提供し続けてきた、多くのファンを持つモルディブ随一のリゾートだ。しかも今年に入ってから、正真正銘の大人のためのリゾートにすべく、部屋やレストランのリノベーションを行い、宿泊可能年齢を22歳(モルディブでも珍しく高い年齢制限)へと引き上げた。

 

 そんなフヴァフェンフシのおもてなしは空港からはじまる。到着したゲストは、まず入国ゲートから出てすぐの専用ラウンジに案内され、チェックインを済ませる。日本からの約10時間のフライト後に、涼しいラウンジの椅子に腰を掛け、冷たいおしぼりで一息つけるのは嬉しい。リゾートへは、夜間でも運行されているクルーザーで約30分。夜に到着したとしても空港がある首都マレで1泊する必要がないのは、長旅のあとだとありがたみも一入だ。

 

 

リゾートの全貌。手前は広々としたインフィニティプール。

 

 

 レストランが閉まっているような時間にリゾートに着いたとしても、部屋には温かい食事やシャンパンを用意しておいてくれる。そう、フヴァフェンフシは、部屋付きの専属バトラーはもちろん、全体を通してサービスの高さに定評があるリゾートなのだ。高いホスピタリティに安心したら、あとはもうくつろぐだけ。

 

 フヴァフェンフシは、日頃の疲れを癒やしてくれるスパも格別。ここには、世界初の水中スパがあるのだ。海の中に造られたスパルームへの階段を降りていくと、窓の外には色とりどりの魚たちの姿が。豊かなハウスリーフを優雅に泳ぐその姿に、心も癒やされることだろう。もちろん施術も一流だ。ロンドンで人気のフェイシャリスト、テレサ・ターミーがフヴァフェンフシのためだけに考案したトリートメントを受けることができる。

 

 

世界初の水中スパ。ベッドを囲むように設置された窓の外には、色とりどりの魚たちが優雅に泳いでいる。

 

 

最高1泊約200万円の部屋

 全44室の客室には、すべてプライベートプールが設えられており、どの部屋からも真っ青な海を望むことができる。特に、総面積445㎡を誇る2階建てのパビリオン「プレイペン」は実にユニークだ。部屋の仕切りがない開放的な空間に配されているのは、一点もののアート作品や厳選されたインテリア。サウナや大きなプール、プライベートビーチも備え、成熟した大人の雰囲気が漂う。バスタブの横にそっと置かれたラブグッズも、セクシーな気分を高めてくれることだろう。

 

 客室には本格的なキッチンも用意されているため、お抱えのシェフを招くのも名案だが、リゾートの中に多彩なダイニングが揃っていることも忘れてはならない。特に、地下8mに位置するワインセラーの中で食事を楽しめるプライベートダイニング「VINUM」には、一度は足を運びたい。総額1億円相当のワインに囲まれながら、プライベートな空間で食事ができるのだ。モルディブの新鮮な魚をはじめとする、こだわりの食材を用いたフルコースとワインとのペアリングは、最高のマリアージュを約束してくれる。

 

セクシーな大人の雰囲気が漂う「プレイペン」。117,000US ドル~、5泊から宿泊可能。

 

 

 他にも、日本からクール宅配便で届けられる日本酒を提供するモダンジャパニーズレストラン「FEELING KOI」や絶品カレーを味わえるオールデイダイニング「CELSIUS」、バー「UMBAR」やデトックスジュースなどのヘルシーメニューを提供する「RAW CAFE」、窯焼きピザが自慢の「FORNO」など、長期間の滞在でも飽きることなく楽しめるダイニングが充実している。

 

 

プライベートダイニング「VINUM」。壁一面にヴィンテージワインが並んでいる。

 

 

無人島でのシャンパンピクニック

 この夢の島では、希望を伝えれば基本的になんでも叶えてくれるのだが、これらのダイニングではない場所で食事を用意してくれるアクティビティ「デスティネーション・ダイニング」は、ぜひ一度リクエストしてほしい。多数のチョイスのなかでも、“Sandbank(サンドバンク)”が一番のおすすめ。ドーニーと呼ばれるクラシックな船に乗って、360度を海に囲まれたサンドバンク(=干潮のときのみ現れる無人島)に向かい、その島に降り立って、シャンパンピクニックをするのだ。現実の世界とは思えないその美しさは、ぜひとも自身の目でご覧いただきたい。ただただ波の音に耳を傾けながら、穏やかで、艶やかな時を過ごせる楽園がここにはあるのだ。

 

 

HUVAFEN FUSHI

フヴァフェンフシ

North Malé Atoll PO Box 2017, Republic of Maldives

TEL.+960 6644222

EMAIL.stay@huvafenfushi.com

www.huvafenfushi.com/

※ホテルで日本円の両替はできません

 

 

直行便のないモルディブへ行くには?→