THE 10 GREATEST BRITISH MOTORCYCLE BRANDS IN HISTORY

歴史に残る
英国のオートバイブランド Best10

Friday, January 31st, 2020

 

MATCHLESS/マチレス

 

 

 今日、マチレスの名前は、伝統的なバイクにインスパイアされたファッション・ブランドとして広く知られている。しかし、その起源はレーシングバイクの生産を開始した1899年にまでさかのぼる。1907年には初めて開かれたマン島TTレースの勝利を獲得した。

 

 何度もオーナーを変えたが、マチレスの強力なブランド名は引き継がれ、1958年にはマチレス G50の生産が開始されている。純血種のレーシングマシンとして、G50はレースサーキットで多くの成功を収めたが、マチレスの生産は1963年に停止された。

 

 1980年代後半に短期間の復活を果たしたが、ほとんど成功しなかった。 上の写真は1953年、マーロン・ブランドが乗るマチレスのバイクだ(ブランド・ロゴの「M」が逆さまになっている)。

 

 

ARIEL/アリエル

 

 

 アリエルは、戦前の英国オートバイ産業の中核ブランドだった。マグネトー式イグニッションとフロート式キャブレターを最初に使用したメーカーのひとつだった。

 

 同社は初期の段階から、多くの財政的問題を抱えており、1932年に発売されたアリエル レッド ハンターは手を変え品を変え発売され続けた。 250cc、350cc、500ccと3種類のバリエーションがあり、アマチュアとプロの両方のライダーに人気のあるバイクとなった。

 

 しかし、第二次世界大戦が始まると、アリエルは衰退し始め、1951年にBSAに売却され、1965年にアリエルのバッジが付いたオートバイの生産は中止された。

 

 

AJS

 

 

 ウルヴァーハンプトンに本拠を置くAJSは、当時最も成功したオートバイ・メーカーのひとつだった。 1909年の設立から1931年の破産までに、驚異的な117の世界記録を打ち立てた。

 

 その後ブランドは、マチレスを所有していたコリアー兄弟によって買収され、さらに他の多数のオーナーの手を渡った。

 

 1938年、シルバー ストリークがリリースされた。スーパースポーツマシンとして、500ccの単気筒エンジンを搭載していた。 洗練されたクロームメッキのパーツを使用したスタイリングで、すぐに人目をひくようになり、“モーターサイクル界の貴族”と呼ばれた。

 

 現在もAJSは、中国製のさまざまな競技入門者用マシンを販売している。

 

 写真は1954年に、レーサー、ロッド・コールマンが、AJS ポーキュパイン500の準備をしているところ。

 

 

・3