Mr. BRUCE RYDE
Vice President, Luxury Brands & Brand Marketing
Asia Pacific | Marriott International

オープン・ラッシュを迎える
日本の最新ホテル事情

Monday, November 5th, 2018

BRUCE RYDE ブルース・ライド

マリオット・インターナショナル アジア太平洋 ラグジュアリー・ブランド&ブランドマーケティング ヴァイスプレジデント

“ザ・リッツ・カールトン”、“セントレジス”、“ブルガリ”など、多くのホテル・ブランドを擁するマリオット・インターナショナルにて、アジア太平洋地域におけるラグジュアリー・ブランド戦略を担当。それぞれのブランドに相応しい個性と、ゲスト体験の更なる向上を目指している。1995年、フラマホテルズインターナショナル入社、その後、インターコンチネンタル・グループを経て、 2017年11月より現職。

 

 

 日本のホテル・シーンは、ますます活況を呈して来ている。多くのブランドが、細長い龍のカタチをした島国に、熱い視線を注いでいる。オリンピック・イヤーである2020年前後には、空前のオープン・ラッシュを迎える。その“熱さ”は世界一かもしれない。

 

 その台風の目となりそうなのが、マリオット・インターナショナルだ。世界130カ国に、6,700軒以上の宿泊施設を展開する、巨大ホスピタリティ企業である。日本では“ザ・リッツ・カールトン”、“セントレジス”、“JWマリオット”などの一流ホテルでおなじみだ。

 

 しかし、マリオットには、いまだ日本に上陸していない、個性豊かなブランドがたくさんある。しかもそれらが、ここ数年の間に、続々と日本にやってくるという。ホテル・ファンにとって、たまらないこの状況について、アジア太平洋地域におけるラグジュアリー・ブランド戦略を担当する、ブルース・ライド氏に聞いてみた。

 

 

1 2 3 4 5