MINI “Beyond Native"

ピッティ・ウォモでMINIが
カプセル・コレクション『BEYOND NATIVE』を発表

Tuesday, July 4th, 2017

 

text & photography akio lorenzo oya

 

01

第92回ピッティ・イマージネ・ウオモ会場のMINI FASHIONパビリオン

 

 

 イタリア・フィレンツェを舞台にした世界屈指の紳士モード見本市『ピッティ・イマージネ・ウオモ』。2017年6月13日-16日に開催された第92回に、MINIは今回も特設パビリオンを会場のほぼ中央に設営した。

 

 MINIは2015年からピッティで、新進クリエイターたちとのコラボレーションを展開してきた。カーブランドが、この著名ファシッション・イベントに参画するのには理由がある。

 

02

MINI FASHIONパビリオンは、会場であるバッソ城塞の中庭、ひときわ目立つポジションに特設された。

 

 

 1959年に誕生した初代MINI はデザイン・アイコンとして当時のファッショニスタやトレンドセッターに愛された。そのDNAを受け継いでの試みである。

 

 同時に今日のMINIによれば、同ブランドは「革新と新しい価値の創造をブランドDNAとし、車というカテゴリーを超越して同じ志を持つ仲間たちと互いに刺激し合いながら伝統を発展させ、人と環境により快適で創造的な未来を築いてゆくこと」を模索している。それらを実現するためのひとつのフィールドが、このピッティという位置づけだ。

 

 

03

左からニイ・オクボイェージョ(ポスト・インペリアル)、ツォウ・ジュンとリー・ユシャン(プロナウンス)、エドヴィナ・ホール、國井義明、アレックス・ゾンダーエッガー(エドヴィナ・ホール)、ディエゴ・ヴァナシバラ、ヨハンナ・ペレット(ペレット・シャード)。

 

 

  今回のカプセル・コレクションのテーマは『BEYOND NATIVE』だ。「異文化や生活様式の間で往来を楽しむアーバン・トラベラーのためのファッション・アイテム」に、出身国とは異なる都市で活躍する5つのレーベル&デザイナーが挑んだ。

 

 ブラジル南部に生まれて、現在ロンドンを拠点とするシューズ・デザイナー、ディエゴ・ヴァナシバラが提案した靴は、伝統的なダービースタイルを踏襲しながら、ラバーとテキスタイルを融合した革新的なソールをもつ。レーザーカットによって無数の穴が開けられたカウハイドのアッパーは、「ブラジルの民族が祝祭時に施すボディペインティングから着想を得た」と解説する。

 

 

1 2 3