HOLY SMOKES: HOW TO CUT YOUR CIGAR

シガーを正しくカットする

Tuesday, March 26th, 2019

シガーをカットすることは、シガーを嗜む第一歩だ。どうやったら正しいカットができるか、説明しよう。

きちんとカットしたシガーは、決してあなたを落胆させないものだ。

 

text  mike choi photography kim lang

 

 

ダビドフ・ロンドンのオーナーであるエディー・サハキアンが、愛用のカッターでダビドフ3000 スリムゲージパナテラをカットしているところ。

 

 

 

 マシンメイドのシガーは、工場で作られる時に、あらかじめカットされていることが多いが、すべてのハンドメイド・シガーは、いくつかの方法はあるものの、喫煙する前に必ずカットをしなければならない。

 

 ハンドメイド・シガーは、吸い口に“キャップ”と呼ばれる部分がついている。これはタバコの葉による小さなパーツで、ラッパー(一番外側の葉)をおさえている。これでどちらが吸う側かもわかる。通常キャップの端には、目に見える薄い線がある。これはキャップラインと呼ばれており、シガーをカットする際の目安となる。

 

 シガーを立て、ヘッドを上に持って来て、キャップラインより上をカットすれば、シガーを吸うことができる。キャップラインの下まで切ってしまうと、ラッパーが剥がれてしまう。この場合は、なめた指で落ち着かせよう。

 

 これからいくつかのカットの方法をお教えする。

 

 

1)クリント・イーストウッド・スタイル

 シガーを歯でちぎりとるのは、カウボーイのお決まりの仕草だが、これはカッターや他の手段が、どうしても見つからないときだけにしておこう。決して褒められたやり方ではないが、不可能ではない。切り口は粗くギザギザになって、口の中には、タバコの葉が入ってしまう。やはり、おすすめできない。

 

2)爪を使う

 長い爪を持っている方なら、爪でキャップを突き刺して、そのままシガーを回し、キャップ部を外すという方法がある。時にはうまくいくこともあるが、葉が剥がれてしまうことが多い。この場合は、再びなめた指でおさえておこう。

 

 

1 2 3