ASK THE RAKE: WHAT ARE THE WARDROBE ESSENTIALS ONE SHOULD SAVE UP AND INVEST IN?

いま投資すべきワードローブの必需品とは?

May 2021

サルトリアのワードローブには、時代やスタイルを超越した、いくつかのキーアイテムが必要だ。

これらのアイテムは、見つけるのに時間がかかり、やや高価なものだが、きちんとケアをすれば一生使えるものばかりだ。

 

 

by rikesh chauhan

 

 

 

 

 

<ネイビー・スーツ>

 

 レイキッシュなテーラーリング上級者からビギナーまで、誰もが質のいいネイビー・スーツに投資すべきだ。初心者の方は、本格的なオーダーメイドに手を出すことは、予算の上からも尻込みするかもしれない。しかし、TheRake.comでは、多くのチョイスを用意している。サヴィル・ロウはビスポーク・テーラーで有名だが、その中のいくつかは、上質で手の届きやすい価格帯の既製服も生産している。

 

 少し前に創立100周年を迎えた“ハンツマン”は、THE RAKEとコラボし、素晴らしいスーツのセレクションを提供している。そのハイライトは、ネイビーのツイル素材のシングル・スーツだ。特徴的な1つボタンで、すっきりとしたシルエットを実現している。アイコニックで時代を超越したデザインだ。正直なところ、ハンツマンのスーツを持っているというのは、並大抵のことではない。

 

 

Midnight Blue Linen Single-Breasted Suit Navy Wool Twill Single-Breasted Suit
RICHARD ANDERSON

Midnight Blue Linen Single-Breasted Suit

$ 1,780

HUNTSMAN

Navy Wool Twill Single-Breasted Suit

$ 2,430

 

 

 サヴィル・ロウにこだわるなら、最近THE RAKEの eコマースに加わったブランドに、“リチャード・アンダーソン”がある。このシングル・スーツは、美しいミッドナイトブルーのリネンで作られている。

 

 ちょっと変わったところでは、ビスポークのゴッドファーザー、“チフォネリ”のダブル・スーツも投資先としておすすめだ。英国風とは違った、イタリア風、フランス風の意匠を楽しめる。

 

 

Navy Wool Double Breasted Suit
CIFONELLI

Navy Wool Double Breasted Suit

$ 3,095

 

 

 

 

<コットン・ドレスシャツ>

 

 せっかくの素晴らしいスーツが、フィットしていないシャツで台無しになるのは最悪だ。コロナ以降、カジュアルでリラックスしたシャツが人気を博しているが、きちんとしたドレスシャツを用意しておくことも重要だ。

 

 そこで、最初に訪れるのはジャーミン・ストリートとなる。ここには、メンズウェアの世界でも特に優れたシャツメーカーが集まっており、これ以上の場所を見つけるのは難しい。

 

 “ターンブル&アッサー”は、この地球上で最も優れた男性と女性のためにシャツを作ってきた。このシャツを所有することは、歴史の一部を所有することだ。1962年にショーン・コネリーのために作られた、クラシックなブルーの“ドクター・ノオ”カクテル・カフ・シャツで、あなたの中の007を表現してみてはいかがだろうか?

 

 

Blue Cotton Cocktail Cuff Dr. No Shirt

TURNBULL & ASSER

Blue Cotton Cocktail Cuff Dr. No Shirt

$ 405

 

 

 

 もう少しカジュアルで、洗練されたものをお探しなら、THE RAKEのオリジナル・ブランド、“ザ レイク テーラード ガーメンツ”のボタンダウン・シャツがおすすめだ。そのデザインは、ヴィンテージのブルックス ブラザーズにインスパイアされている。私はこれまでたくさんのシャツを所有してきたが、率直に言って、その中で最高のもののひとつだ。

 

 “エドワード・セクストン”のアイボリーのシルクシャツは、THE RAKE国際版編集長トム・チェンバレンのお気に入りだ。あらゆるブラックタイの機会に欠かせないアイテムである。美しい光沢とドレープは、クラシックなドレスシャツに比類なきエレガンスを与えている。

 

 

Angelo Inglese For RTG White Vintage Oxford Button Down Shirt Ivory Point Collar Shirt
THE RAKE TAILORED GARMENTS

Angelo Inglese For RTG White Vintage Oxford Button Down Shirt

$ 113(50%OFF)

EDWARD SEXTON

Ivory Point Collar Shirt

$ 435

 

 

 

<レイン・コート>

 

 もしあなたがロンドンのような都市に住んでいるのであれば、どんなに信頼できる天気予報アプリを持っていても、突然の雨に見舞われることがあるだろう。だから風雨から体を守ってくれるコートを買うことは、常に価値のある投資である。

 

 防水性、防風性、透湿性を備えた“マッキントッシュ”の“ショート マック”は、ブランド独自の“レインテック”コットンを使用している。これは、クラシックなゴム引きコットンを現代的に進化させたもので、テクニカル・メンブレンを使用しているため、柔軟性とドレープ感があり、動きやすいのが特徴だ。

 

 

Black Cotton Short Mac Black Storm Belted Raincoat
MACKINTOSH

Black Cotton Short Mac

$ 900

SEALUP

Black Storm Belted Raincoat

$ 1,080

 

 

 もうひとつの間違いのないチョイスは、“シーラップ”のコートだ。シーラップは“Sea(海)”と“lup(ミラノの方言で狼)”というふたつの言葉を組み合わせたものだ。実際、このふたつの選択は偶然ではない。シーラップは、国際的なビジョンとミラノの長い伝統を併せ持つブランドなのだ。

 

 1935年の創業以来、最高級のメイド・イン・イタリーのアウターウェアを作り続けてきたシーラップのコートを選ぶことは、TheRake.comのなかでも、実に手堅いチョイスといえる。黒のストームベルト付きレインコートは、技術的に優れているというだけでなく、見た目も相当にクールだ。

 

 マンチェスターのブランド、“プライベート・ホワイトV.C.”は、アウターウェアの宝庫といえ、どれを選ぶかで大いに迷ってしまうだろう。

 

 

Mustard Ventile® Mac 3.0 Black Ventile® Mac 3.0
PRIVATE WHITE V.C.

Mustard Ventile® Mac 3.0

$ 760

PRIVATE WHITE V.C.

Black Ventile® Mac 3.0

$ 680

 

 

 数ある選択肢の中でも、私は“ベンタイル® マック 3.0”を強くお勧めする。ブラックは間違いなくより“時代を超越した”バージョンだが、マスタードはとても美しく、驚くほど万能だ。私は、クリーム色のシャツと茶色の千鳥格子のスポーツ・ジャケット、そしてジーンズに合わせてみた。いかがだろうか?

 

 

 

 

<デニム・ジーンズ>

 

 ジーンズはTheTheRake.comのドル箱で、入荷するとすぐに売り切れてしまう。これは、質の高いデニム・ジーンズは、すべてのワードローブにあるべきだという私の主張を裏付けるものだ。私はより濃い色を好む。薄い色よりも、より汎用性があり、着回しがきくと思うからだ。

 

 “リチャード・アンダーソン”の“Kurashiki”ジーンズは、リチャード・アンダーソンの製品のあるべき姿をすべて表現しています。日本のデニムは、ロンドンのデニム通の間で人気がある。このジーンズは、ジップフライを採用しているが、お好みでボタンフライのバージョンも入手可能だ。

 

 

Navy Cotton Kurashiki Japanese Denim Zip Fastening Jeans Black Cotton 12.50z Japanese Selvedge Denim Jeans
RICHARD ANDERSON

Navy Cotton Kurashiki Japanese Denim Zip Fastening Jeans

$ 570

BARBANERA

Black Cotton 12.50z Japanese Selvedge Denim Jeans

$ 275

Navy Stretch Cotton Five-Pocket Jeans
TURNBULL & ASSER

Navy Stretch Cotton Five-Pocket Jeans

$ 550

 

 

 イタリアの“バルバネーラ”のジーンズは、マカロニ・ウエスタン風で、クールな印象を与える。すべてのジーンズが素晴らしいが、中でも私のお気に入りは、12.5オンスのブラックデニムである。

 

 “ターンブル&アッサー”の5ポケットジーンズは、イタリア製の滑らかなコットンにストレッチを効かせて快適に仕上げている。脚は緩やかにテーパードしているが、決して“スリム”ではない。裾を少しだけロールアップして、スニーカーやブーツ、ローファーなどに合わせるのがおすすめだ。

 

 

 

 

 

<レザーブーツ>

 

 THE RAKE編集長のトム・チェンバレンの言葉を借りれば、「世の中には、ふたつの誤った金の使い方がある。安い肉を買うことと、安い靴を買うことだ。私にとって靴は、実用と芸術の架け橋となるものだ」ということになる。同じことがブーツにも言える。ブーツは靴の世界の4WDのようなものだから、見た目の美しさだけでなく、どんな地形にも対応できるものに投資することが大切だ。

 

 “ジョージ・クレバリー”の“ラフアウト・ネイサン・チャッカ”は良い出発点となるだろう。クレバリーの靴は、安心して履くことができ、長持ちする。このブーツは、カントリーサイドでも使えるが、街で履いてもエレガントである。

 

 

Dark Brown Leather Roughout Nathan Chukka Boot
GEORGE CLEVERLEY

Dark Brown Leather Roughout Nathan Chukka Boot

$ 640

 

 

Black Pebble-Grain Calfskin Derby Combat Boots Kerouac Brown Suede and Deerskin Special Edition Boots
NORMAN VILALTA

Black Pebble-Grain Calfskin Derby Combat Boots

$ 1,420

BARBANERA

Kerouac Brown Suede and Deerskin Special Edition Boots

$ 605

 

 

 ブラックレザーのペブル・グレインは私のお気に入りだが、“ノーマン ヴィラルタ”のものは特におすすめである。バルセロナにあるアトリエですべて手作業にて作られている。グッドイヤー・ウェルテッド製法のビブラム・ガムライト・コマンドー・ソールは、軽量でありながら耐久性に優れ、抜群のトラクションを発揮する。

 

 バルバネーラの“ケルアック”は、古い世界にインスピレーションを得たブーツだ。美しいディアスキンとスエードを使用したイタリア製のこのブーツは、丈夫でスマートで耐久性があり、一生使えるように設計されている。投資する価値のある、そしてそれ以上のものといえる。