HOW to WEAR, HOW to ENJOY!

鴨志田流着こなし術 Vol.2
ジーンズは程よいリラックス感で楽しむ

Tuesday, May 19th, 2020

世界にその名を轟かせるウェルドレッサー、ユナイテッドアローズの鴨志田康人氏。

氏のエレガンスの秘密を紐解く連載第2回はジーンズのスタイリングについて。

 

photography jun udagawa  text yuko fujita

 

 

鴨志田康人 Yasuto Kamoshita

1957年生まれ。ビームスを経てユナイテッドアローズの設立に参画。2004年からクリエイティブディレクターを務め、昨年よりクリエイティブアドバイザーに。07年、自身のブランド「カモシタユナイテッドアローズ」を始動。6月のミラノでは、2年越しのプロジェクトを発表。

 

 

 鴨志田ファンとしていわせてもらうと氏のジーンズスタイルでオフホワイトのリーバイス519 ピケのイメージは強くあるが、ブルージーンズ(特に濃紺)を穿いているイメージとなると、なかなかない。氏にとってジーンズとはどのような位置づけで、どう楽しんでいるのか。そんな疑問から、今回は「ジーンズ」の装いを披露してもらった。

 

「確かに濃紺のジーンズは穿かなくなりました。今はジャケットスタイルにも自然に取り入れられる、経年変化してクタッとした感じのタイプが好きですね」

 

 ジーンズを合わせる際の、氏なりのわかりやすいルールもある。

 

「ジーンズにグッドイヤーの紐靴は自分の体型には合わないような気がしていて、素足に華奢なスリッポンを合わせることがほとんどです。それとジーンズのときはベルトはしません。これは絶対(笑)。私のジーンズの装いのベースにあるのは80年代のフレンチトラッドで、シルエットは緩やかなテーパード、それを気持ち短めに合わせるのが好きなんです」

 

 

Kamoshita’s愛用ジーンズ〔01〕

LEVI’S 519   Levi’s Vintage Clothing

鴨志田氏を象徴するリーバイス519 オフホワイトピケ 

鴨志田氏のジーンズスタイルといえば、まずこのリーバイス519オフ白のピケ。ピケの素材感とオフ白のマッチング、理想的なテーパードシルエットがお気に入りの理由だ。リヴェラーノ&リヴェラーノで仕立てたアイリッシュリネンスーツのジャケットを前を開けて着て、Hのロングスリーブカットソーを裾出しでリラックス感たっぷりに。「ジャケットを合わせつつもリラックス感を出して着るのが好きなので、そういった素材・雰囲気のジャケットを選んでいます」ジャケット、カットソー、ジーンズ、シューズ property of Yasuto Kamoshita

 

「519のピケ、それもこのオフホワイトのみが大好きで、同じのを3本所有しています。アイビー少年だった頃からこれで、当時ブルージーンズは穿いてはいけないものとさえ思っていました。当時の象徴だったアンソニー・パーキンスみたいに少し短めに穿くのが好みです」

 

 

1 2 3