April 2019

WILL&TESTAMENT

稀代の怪優ウィレム・デフォー

text tom chamberlin photography michael schwartz
fashion direction jo grzeszczuk Special thanks to The Carlyle Hotel, New York
issue10

ジャケット 参考商品 Giorgio Armani
ニット 参考商品 Gieves & Hawkes

 2000年代前半には他にも多数の出演作がある。声優として参加した『ファインディング・ニモ』(2003年)や、マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004年)、初めてウェス・アンダーソン監督とタッグを組んだ『ライフ・アクアティック』(2004年)もこの時期の作品だ。アンダーソン監督作では他にも『ファンタスティック Mr.FOX』(2009年)で声優として出演し、『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)では無口な私立探偵役を演じた。デフォーは監督との関係について、こんな風に話す。

「自分は(ウェス・アンダーソン監督の)一座の一員だと思っているけれど、実は彼の作品で特に大きな役をやったことはない。だから重要性が低いというわけではないけれど。ウェスとも、ポール・シュレイダーとも、アベル・フェラーラともそういう深い間柄だ。僕はひとつの劇団で、同じ監督と27年間一緒に仕事をした男だからね。人との関わりを求めているといっても、やはり基本的な部分で心の通じ合える人たちや、興味のある文化のそばに身を置くのが好きなんだ」

 こうした関係がいかにうまく機能するかを示す先例がある。トム・ハンクスとスティーヴン・スピルバーグ、サミュエル・L・ジャクソンとクエンティン・タランティーノ、ジョニー・デップとティム・バートンなどだ。彼らの場合、波長が合うおかげで両者のビジョンが実現するように感じられるが、デフォーの場合も同様だ。

本記事は2019年1月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 26

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Contents