Thursday, June 27th, 2019

A super sad true love story

悲劇の写真家、ボブ・カルロス・クラーク

text stephen wood

 その結果、ナショナル・ポートレート・ギャラリーで選りすぐりの作品が展示されることになり、また英国国立メディア博物館へ、100点もの作品が寄贈されたという。

 彼の作品は着実に売れ続けており、購入者の多くは女性だという。また、カルロス・クラークが溺愛した娘のスカーレットが、写真家としてのキャリアを築きつつあることも感慨深い。彼女にとって、父親はやすやすと太刀打ちできる相手ではないだろうけれど。

 パスカルは言う。

「カルロス・クラークは偉大な芸術家としての写真家たちの、最後を飾った存在だ。当時の彼のスタジオを思い出す……そこでは、彼こそがショーの主役だったのだ」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 15
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Contents