INVEST plus

カーレースの精神:
BRV2-94 ベリータンカー ブロンズ

“ベル&ロス×THE RAKE”
スペシャル・コラボレーション

Tuesday, November 26th, 2019

 

by yeo suan futt   translation miyuki sutoh

 

BRV2-94 ベリータンカー ブロンズは、ジョン・プレーヤー・スペシャル(JPS)のマシンを彷彿とさせる、

グラマラスなブラックとゴールドのヴィンテージ・レーシングカーさながらだ。

 

 

 

 カーレースは時に、スピードを追い求めるがゆえに、どう勝負するかというレースの醍醐味を失っていると批判されているが、そうだろうか。さまざまな安全基準と0.001秒の速さを実現させる最先端技術をしてでも、常に危険と隣り合わせなのは昔から変わらない。レースは頭脳だけの競技ではない、このスピードへの探究心が、歴代のレジェンド達がマニアたちの心を捉えている理由にも思われる。そしてこの感動的なクラシックレースの中心こそが、BRV2 94 ベリータンカー ブロンズが生まれた場所である。Bell & Rossは、前回のTHE RAKEとRevolutionとのコラボレーションで作られた時計 ”El Mirage”のブロンズのクロノグラフの大成功から、新作モデルはケースの大部分をブロンズで製作することを採用した。

 

 “ベリータンカー”は、アメリカの戦後に生まれたレーシングカーの名前だ。第2次世界大戦でアメリカの戦闘機が機体の下や翼に積んでいた追加用燃料タンクに使われていたもの(なんとドイツまで飛べるほどの!)を車体に使用するという創意に満ちたアイディアから作られた。すでに最小限の空気抵抗を考慮されたフォルムであるベリータンクは、時速240kmという異常なスピードに耐えうるものに改良されたレーシングカーだ。

 

 

 このレースカーのストーリー以前に、ブラックとゴールドの色の組み合わせは、瞬時に70年~80年代のJPSのレーシングカーを思い起こさせる。どぎつい色が取り乱れている中で、JPSのブラックとゴールドの車体は神秘的で粋でとても際立っていた。

 

 そしてBRV2-94はというと、ヴィンテージ・レースカーのエレガントなスタイルのインパクトと、ロータス77のダークなカリスマ性で目を覚まさせてくれる。サテンミラー・ブロンズのケースは銅青を生成させ、これが時計に個性を与える。また、ほんのわずかな部分だけ、アルミと銅の混合素材が採用されているのだが、これにはヴィンテージ・ゴールドをも思わせるサビが生まれる。そのほかの部分について言うと、段差のあるサブダイヤルや、スリムなアワーマーカーから色、相対的比率のダイアル・エレメントまで、典型的なBell & Rossの特徴を持っていて、控えめでエレガント、そして情緒的だ。

 

 この時計は、歴代の感動ドラマと、ドライバーへのアシスト技術やクラッチレスMTもなかった時代の、全身全霊のレースの美しさに着想を得ている。それは、この999本限定のブロンズBRV2-94が、危険な生き方を称賛しているとも言えるのだが。

 


 

ムーブメント:

キャリバー BR-CAL.301. 自動巻き。

 

ケース:

直径 41 mm。CuAI7Si2 ブロンズ。陽極酸化処理アルミニウム インサートおよびタキメーター付き目盛り付き CuAI7Si2 ブロンズ製ベゼル。ねじ込み式リューズおよびプッシュボタン。防水性:100 m。

 

ストラップ:

ブラック カーフレザー。CuAl7Si2 ブロンズバックル。

 

$4990 Bell & Ross by The Rake

<ご購入はこちらから>