INVEST plus

75年目に、若返った名作

JOHN LOBB “William”

Sunday, April 5th, 2020

トゥにボリュームのあるラスト0015を使った新しいシェイプのウィリアム。カーフ製で、ブラック、ネイビー(写真)、レッドウッドなどのカラーあり ¥188,000 John Lobb (ジョン ロブ ジャパン Tel. 03-6267-6010)

 

 

 ジョンロブのアイコン・モデルにして名作中の名作“ウィリアム”が、今年で誕生から75周年を迎えた。

 

 ご存じのように、ウィリアムは、かつての英国王であり稀代の洒落者として知られたウィンザー公のオーダーを受けて、1945年にビスポークシューズとして誕生した。

 

 デザインしたのは、ジョンロブ2代目当主のウィリアム・ロブで、アビエーターブーツからインスピレーションを受けたという。現在ではスタンダードになったダブルバックルのシューズだが、当時は非常に斬新なデザインだったらしい。

 

 誕生75周年を記念して、今年はさまざまなウィリアムが発売される。第1弾は通常9795ラストで作られるウィリアムを、トゥにボリュームのある0015というラストに乗せ換えたモデルである。ラストのボリュームに合わせ、ソールも通常のダブルソールより厚くした2.5ソールとなっている。

 

従来のラスト9795にラバー製のライトウエイト・ウォーキング・ソールを装着。(7月発売)¥188,000 John Lobb(ジョン ロブ ジャパン Tel. 03-6267-6010)

 

 

 第2弾は、ラバー製のライトウエイト・ウォーキング・ソールを備えた一足である。グレイン・レザーのアッパーと組み合わされ、ホワイトのステッチがアクセントとなっているものもある。どちらも従来のクラシックなウィリアムと比べ、ややモダンでアクティブな意匠といえる。

 

 ワードローブに取り入れれば、さり気なく、若々しさをアピールできるだろう。

 

 

本記事は2020年3月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。