THE LEADER OF THE PACK: WOOLF BARNATO

ベントレー・ボーイズのリーダー:
ウォールフ・バルナート

Saturday, December 7th, 2019

ダイヤモンド鉱山の相続人であり、世紀の放蕩者であったウォールフ“ベイブ”バルナートは、

1926年にベントレー・モーターズを買収した。

これにより彼のストーリーは“レイキッシュな神話”として永遠に語り継がれることとなった・・

 

by nick foulkes

 

 

 英国サリー州リングフィールド近くのアーデンラン・ホールは、350エーカーの敷地を持つ邸宅で、1906年から1909年にかけて建設された。それは英国において“カントリー・ハウス”が作られた最後の時期であった。大英帝国が世界の3分の1を支配していた時代だ。

 

 設計したのは、ビクトリア朝の巨匠リチャード・ノーマン・ショーの弟子であったアーネスト・ニュートン。建築のコンセプトは“新興成金でも貴族のように見えること”だった。

 

 しかしアーデンランは、ウォールフ・バルナートの自宅として、またハード・ドライブ、ハード・パーティーでならしたプレイボーイたち“ベントレー・ボーイズ”のホーム・グラウンドとして有名になった(「悪名高くなった」がより正確かもしれない) 彼らは美酒とパーティの時代、ローリング・トゥエンティーズを象徴する存在であった。

 

 ウォールフ・バルナートの父、バーニーは、1852年にロンドンのイーストエンド、ホワイト・チャペルのスラム街で生まれた。彼は、ダイヤモンドとゴールドラッシュに沸く南アフリカへ行って、大成功を収めた。

 

 彼の内妻であり後に正妻となったファニー・バルナートと彼らの3人の子供たちは、裕福で伸び伸びとした生活を楽しんだ。場所は父親が住み、そして亡くなった邸宅である。ウォールフが2歳のときに父が亡くなり、それから一家は、北ウェールズのコルウィン湾の家と、ロンドンのマーブルアーチ近くのコンドミニアム、ブライトンの海辺の別荘の間を行き来するようになった。

 

 ウォールフ・バルナートは、大柄な体格だったが、あだ名は“ベイブ”だった。それは彼が三男坊の末っ子であるということと、彼のがっしりとした、182cmもの長身に対する皮肉だった。

 

 ケンブリッジ大学時代は、ボクサーとアスリートとして名前を売った。その後、第一次大戦中に彼は民間人として入隊し、パレスチナで任務につき、最終的には大尉にまで昇進した。兵役が終わると、彼はレーシングカーと“レーシーな女性”へと、その情熱を注いだ。

 

 彼のかつての指揮官が、アーデンランハウスの敷地内に住んでおり、彼のために土地を購入するのを手伝った。バルナ―トは喜んで“土地支配階級”の仲間入りを果たした。彼は約1000エーカーに領地を拡大し、新たにゴルフ・コースを付け加えた。

 

 バルナートのもとでは、アーデンランは建築家が考えていた伝統的な英国のカントリー・ハウスではなかった。代わりに、それは文字通り“プレイボーイ・マンション”となった。

 

 バルナートは、家の地下にチューダー朝風のパブを作った。ダイヤモンド型に切り取られたエリザベス朝風の小さな窓枠の後ろには電灯が取り付けられ、まるで陽の光が差し込んでいるような印象を与えていた。大きなオーク材の暖炉にはピューター製のジョッキが飾られていた。

 

 昼夜を問わずそこを訪れた者は、ベーコンと卵を食するハンターや、ほろ酔い加減のフレッド・アステア、スコットランドの俳優ジャック・ブキャナンなどショービジネス界の人々、または単にどんちゃん騒ぎをするだけ連中のいずれかに遭遇した。

 

 

 その時までに、バルナートはウォール街の投資家の娘と離婚し、独身人生を謳歌していた。 女の子たちの母親は、娘を彼に近づかせまいとした。また実際、品行方正な女の子なら、夜の外出後に、バルナートに家まで送らせることは避けるべきだった。彼の夜用リムジンには、ドライバーのための単一の座席コンパートメントがあったが、残りの車内は完全なプライバシーを確​​保するカーテンを備えた、大きなL字型の私室に改造されていた。

 

 この華やかでラグジュアリーな高級車の後ろで、彼が楽しませた女性の代表格は、ミュージカル・スターのジューン・トリップで、そのヒット曲には、まさにこのクルマに相応しい“レディース・アー・ランニング・ワイルド”が含まれていた。

 

 バルナートの生涯は、タトラーやザ・スフィアなどのソサエティ・マガジンを通して知ることができる。1926年5月、バルナ―トがベントレー・モーターズを倒産の危機から救ったとき、当時を代表するプレイボーイとなっていた彼の名を、大勢が知ることになった。

 

 バルナートが会社を引き継いだと同時に、同じ年のゼネストによって国は大混乱に陥った。ロシア革命がわずか9年前に起こったことを鑑み、多くの人は共産主義革命と内戦を恐れていた。

 

 しかし、事態が明らかになるにつれて、それは非常に英国的な出来事だとわかってきた。1926年のゼネストは、国家の崩壊からはほど遠く、その効果はせいぜいチェルシー・フラワー・ショーを1週間ほど遅らせただけで、国家的には何事もなく過ぎ去った。それは部分的にせよ、“ブルックランズ・スクワッド”と名付けられた金持ちのドライバー集団の活躍によるものであった。そこにはウォールフ・バルナ―トも名を連ねていた。

 

「すべての“ブルックランズ・スクワッド”は警察に協力し、いくつかの偉業が達成された。ウォールフ・バルナート大尉は、ロンドンからバーミンガムに緊急メッセージを送った。距離は約106マイル、これを2時間11分で走破した。彼の走行時間は平均的な急行列車を11分上回っていた」とデイリー・メール紙は報じた。

 

 バルナートの庇護のもと、資金不足だった英国の自動車メーカーは、ジャズ・エイジの“ブライト・ヤング・シングス”を代表する最高のブランドとなった。彼はベントレーのレース活動に金を注ぎ込み、ドライバーとしてのスキルと絶大な財力、その両方のおかげで、ベントレーのトレードマーク“フライングB”は、有名なル・マン24時間レースで表彰台を独占するようになった。このせいで、フランスの北西に位置するこの目立たない街は、少しだけ、しかし永遠に英国の一部とみなされるようになった。

 

 

 しかし、バルナートがベントレーで達成した、最も記憶に残る勝利は、公式のタイトルレースではなかった。そのスタート・グリッドはカンヌのラ・クロワゼットで、ル・マンの南東約400マイルに位置していた。1930年、ベントレー・ボーイズが快楽的なプレイボーイの楽園、ホテル・カールトンの豪華なスイート・ルームに落ち着いた頃、ひとつのトピックが繰り返し語られていた。定期的に戦前のカレーとリビエラを結んだ豪華列車“ブルー・トレイン”についてである。

 

 1930年の初めの数か月頃、ローバーとアルヴィス社製のクルマがコート・ダジュールからカレーまでの間で、ブルー・トレインを打ち負かしていた。競争心の激しいバルナートは、このようなPRをしているライバルの自動車メーカーに腹を立てていた。

 

 バルナートは友人にそそのかされ、列車がカレーに到着する前にベントレー・スピード6でイングランドに着くことができるかどうか、100ポンドの賭けをした。それが単なる酒場の冗談ではではないことが明らかになると、賭けを受けるものは誰もいなくなった。

 

 しかし、賭けはもはや金を得ることが目的ではなくなっていた。バルナートは自分自身に挑戦しようと思った。それは単なる賭けではなく、プライドの問題であった。 彼が狡猾だったのは、ブルー・トレインのルートそのままをたどることをしなかったことだ。また、彼は鉄道の時刻表を調べ、列車が海岸の目的地に着くまで、マルセイユで1時間停車し、その後パリで3時間半停車することを調べ上げた。

 

 彼は4時間ごとにガソリン補給を手配し、補給を逃した場合に備えて、ガソリン缶で満たしたブーツを携行した。それから彼は、運転に疲れたときのために、同じエリアで休暇をとっていたデール・ボーンと呼ばれる有名なアマチュア・ゴルファーを、コ・ドライバーとして選んだ。

 

 

 1930年3月13日の午後に、カールトン・バーへチャレンジ前の飲み物を飲みに行ったとき、バルナートは挑戦への準備は万端だと思っていた。その後彼は、豪雨、迷走するガソリン・トラック、低い雲、タイヤのパンクなどに悩まされたが、翌朝午前10時30分にはブローニュの港に到着した。

 

 その後、すでに賭けに勝った彼は、イギリスへのゆったりとした航海を楽しみ、着実にロンドンへと向かった。ブルー・トレインがカレーに到着する4分前に、彼はセント・ジェームズ・ストリートのジェントルメンズ・クラブ“コンサーバティブ・クラブ”の外にクルマを駐車していた。

 

 ベントレーの伝説となったこのエピソードは、バルナートを称賛し、お金では買えないソサエティでの名声を与えた。

 

 彼の祖父は、ロンドンのスラム街の古着屋だったかもしれない。彼の父親は、南アフリカのダイヤモンド鉱山ブームの成金であったかもしれない。しかし、ウォールフ“ベイブ”バルナートは、彼の勇敢な行いのせいで、英国のチャレンジングなヒーローとして、永遠に人々の心に留まるだろう。