YARD-O-LED

1934年以来、ずっと英国で手作りされるペン

“ヤード オ レッド”

1882年、創始者サンプソン・モーダンが最初の繰り出し式ペンシルを発明したのが始まりで、1934年、レオポルド・フレデリック・ブレンナーがヤード・オ・レッド・ペンシル社を設立。今でもキャッチフレーズは“1934年以来イギリスで手作り”だ。彼は、3インチの芯を12本入れることができるペンシル・メカニズムを発明し、特許を取得。社名は、“1ヤードの芯”という意味で、3インチの芯が12本で36インチ(1ヤード)になるところからきている。製品は、19世紀にさかのぼる機械を使用して完全に手作業で作られています。すべての製品には、公の検質所によって英国の純銀の証明刻印、ホールマークがついている。また、製品は、仕上剤を塗布せず、150年間使われている研磨材ですべて手作業磨かれる。