SERÀ FINE SILK

最初はボーイフレンドへのプレゼントだった

“セラ ファインシルク”

イタリアのライフスタイルは間違いなく世界で最もうらやましいもののひとつだ。上質なワイン、おいしい料理、美しい環境・・。セラ ファインシルクは、そんなライフスタイルにインスパイアされたアクセサリーを作成している。デザイナーのフランチェスカ・セラフィンはもともと弁護士だった。ファッション法の修士号を取得した後、彼女の情熱は法的な側面よりもファッションの側面にあることに気づいた。 2013年、彼女はヴィンテージシルクから最初のポケットチーフを作り、ボーイフレンドへの贈り物にした。彼はそれを身に着け、多くの賛辞を集めた。彼女は数週間後にパーティーを開き、そこでイベント用に作成した50のポケットチーフをすべて売り切った。2015年、フランチェスカは趣味をフルタイムのビジネスに変えた。ブランド名は、創設者の姓のセラフィンを使った言葉の遊びだ。シルクへの情熱とともに、ブランドの素晴らしさを表現している。