THE RITZ-CARLTON BALI, NUSA DUA

バリ島の極楽リゾートで
身も心も解きほぐす

Wednesday, March 6th, 2019

神秘的な空気が漂うバリ島は、言葉では表しきれない魅力に

溢れている。なかでも「ザ・リッツ・カールトンバリ」は、

誰もが“もっと滞在したい”と願う魅惑の楽園だ。

 

 

text yukina

 

 

 日本から直行便で約7時間。神々が棲む島といわれ、ゆったりとした時間が流れるリゾートとして多くの人を魅了している島が、バリ島だ。スピリチュアルな空気は都会の喧騒を忘れさせてくれるし、スコールが過ぎ去った後の湿気を帯びた空気は、異国情緒を感じさせてくれる。

 

 愛知県ほどの大きさのこの島には、高級リゾートとして名高いエリアがいくつかあるが、なかでも南東に位置するヌサドゥア(2013 年にAPEC 首脳会議が行われた地域であるため、バリ島の他のエリアと比べて格段に道路が整備されており、島で一番安全ともいわれている)には、世界屈指のラグジュアリーホテルが立ち並んでいる。「ザ・リッツ・カールトンバリ」はその筆頭だ。

 

 

メインプール。中央の小高いクリフの上にレセプションが位置する。

 

 

 同リゾートは、クリフ(崖)の地形を活用して建てられており、小高い崖の上に位置するロビーからは、インド洋と広大な敷地全体を見渡すことができる。豊富な緑に包まれているリゾートは、まさに熱帯の楽園。ホテルの滞在だけで、日頃の疲れが癒やされ、煩悩が浄化されるだろう。

 

2名用のスパヴィラ。バリ島らしさを感じられる神秘的な空間で、癒やしのひと時を過ごしたい。

 

 サウナやハイドロ・バイタルプールは使い放題であるし、目の前には白い砂浜のセミプライベートビーチも、大きなプールもある。クラブラウンジやアクティビティも充実しており、特にバリ島発祥の“フライハイヨガ”はヨガ初心者にもおすすめ。天井からぶら下げられた特殊な紐を使用し、上下逆さまになることで、血行が促され、消化器官等が活性化されるのだ。

 

リゾートからは、バリ島でも珍しい白い砂浜のビーチにアクセスできる。1日に数回、ラクダがビーチを横切ることも。

 

 また敷地内には全長約500mのランニングコースもあるため、気分転換にも最適だ。さらに、キッズクラブでは4歳以上の子供は無料で預かってくれるため、夫婦だけの時間もゆっくり過ごすことができる。

 

 

ダイニングは全部で6つ。そのうちのひとつがビーチフロントに位置する『THE BEACH GRILL』。夕日に染まる空に包まれながら、新鮮なシーフードを楽しむディナーは格別。ロマンチックなキャンドルディナーもおすすめだ。

 

 

 いうまでもなくサービスは一流で、広大な敷地は隅々まで手入れが行き届いている。バリ島は物価が安いこともあり、他国のザ・リッツ・カールトンと比べると手頃に感じる価格でおもてなしが受けられるのも実に嬉しい。身も心も解きほぐしてくれるのは、ここをおいて他にないだろう。

 

最上階に位置するプライベートプールがついたスカイヴィラ。朝食をプールに浮かべながら、波の音に耳を傾けて、優雅な朝のひとときを楽しむのもいい。

 

 

 

ザ・リッツ・カールトンバリ

Sawangan, Bali, Nusa Dua 80363, Indonesia

TEL.+62 361 8498988

www.ritzcarlton.com

一泊3,500,000IDRから(税・サービス料別)。空港からクルマで約30 分。

 

バリ島で行くべき場所は?→