HOME AWAY HOME: Four Seasons Resort Hualalai vol.4

心が潤うハワイ島ステイ 04
〜充実のアクティビティ〜

Thursday, August 23rd, 2018

ジムやスパでリフレッシュしたり、

ゴルフやマリンスポーツでアクティブに

 

 

 多彩なアクティビティやスパが充実していることが、フアラライに長期で滞在するゲストが多い理由のひとつにある。

 

 まず個人的に嬉しかったのは、ジム設備がとても充実していること。各種マシーンはもちろん、25mプールが4レーンあり、スパやピラティス、TRXなどのレッスンも日替わりで様々に用意されているのだ(スケジュールは部屋に届けられる)。新鮮な気持ちで、心置きなく日々のルーティンをこなすことができる。

 

 また、海に面してリゾートが建っているため、敷地内からそのまま海へリブクラフトで出かけることができる。シュノーケリングやダイビング、運がよければイルカやエイにも出会えるという。そして、季節によってはホエールウォッチングなど、豊富なアクティビティを体験できる。

 

 

ちょっと船に乗って出ただけで、海の中にはたくさんの魚たちが。ダイビングをしなくとも、シュノーケリングだけで十分に楽しめるほど、透明度が高い。

 

 

 また、ここフアラライはゴルフ好きにはたまらない名門コースがあることでも有名。かの巨匠ジャック・ニクラウス氏が設計したゴルフコースは、PGAツアーの公式リゾートコースに指定されている。

 

 リゾート所属のプロコーチがマンツーマンで指導する隔週開講の無料クラスや、リゾート所属のプロと対戦できる9ホールのスクランブル大会など、プライベートでコースを回る以外のゴルフアクティビティも豊富に用意されているのは、フアラライならではだ。

 

 

ゴルフコースからも海を望める。爽やかな風で気分も高まるだろう。

 

 

 スパの施設も、他とは一線を画す充実感。古代から精霊が宿る地ともいわれてきたフアラライらしい要素が随所に散りばめられており、2600㎡もの広さを誇るスパエリアには、トロピカルガーデンも。

 

 ガーデン内には、ホットサウナやコールドサウナ、プランジプールがあるだけでなく、小さな滝と川もあり、川の中を歩くことによって底の岩が足つぼマッサージの効果で身体を芯から解きほぐすこともできる。施術の1時間ほど前にはガーデンを訪れて、トリートメント前からリラックスタイムを満喫したい。施術は、ハワイアンマッサージのロミロミがおすすめだ。

 

 

スパルームは外との垣根がほとんどない、開放的な設計。鳥のさえずりや水の音が、自然のBGMとなって癒しの時間を演出してくれる。

 

 

 その他、名物コナコーヒーのテイスティング体験や、総料理長のトマが教えてくれるクッキングクラスも大変オススメだ。取材チームが参加したのは、伝統的なハワイのポケ作り。子供でも簡単に作ることのできる内容であったので、ぜひ家族みんなで参加していただきたいものだ。自分たちで作ったものはもちろん食べるとができる。

 

 ホテルの外で行われるヘリコプターでの島周遊ツアーや、マウナケア山でのサンライズツアーなど、島の美しさや自然の壮大さを感じられるアクティビティなど、この地ならではのアクティビティも充実している。ハワイ島という土地が生み出す聖なる力を感じ取れることだろう。ぜひホテルのコンシェルジュに相談してほしい。

 

 実は“フォーシーズンズ”マニアの中では、世界中のどのフォーシーズンズよりもこのフアラライが一番という人がいるほど、ここは別格な場所なのだという。他とは一線を画す魅力が凝縮し、完璧なまでに調和がとれたフアラライを、ぜひ一度訪れてほしい。

 

 

 また、すべてを通してひしひしと感じたことがある。それは、スタッフのホスピタリティの高さだ。日本人スタッフは5人もいるし、英語圏のスタッフだけでなく、さまざまな言語圏からきているスタッフが大勢いるため、早口な英語でまくしたてられることは一切ないし、つたない英語でも一生懸命に理解しようとしてくれる。心の底から温めてくれるホスピタリティを、スタッフ全員がもっているのだ。

 

 一度フアラライを訪れたら、またすぐに戻ってきたいと誰もが思うに違いない(取材チームも、日本に帰ってしばらく余韻に浸っていた)。

 

 

 

フォーシーズンズリゾート フアラライ

72-100 Ka`upulehu Drive Kailua-Kona Hawaii 96740

TEL:1(808)325-8000(日本語でも対応可能)

www.fourseasons.com/jp/hualalai/

 

 

 

←<フアラライ>多彩なダイニング

ハワイ島へ行くには?→