From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

MENU

高田朋佳さん

高田朋佳さん

 ブリッラ ペル イル グスト バイヤー

text kentaro matsuo  photography tatsuya ozawa

_DSC8398

ウチの似非イタリア人、フジタに、「“ブリッラ ペル イル グスト”って、どういう意味?」と聞いたら、「“卓越したテイスト”という意味です」という答えが返ってきました。これが、本当だとすると、今回ご登場の高田朋佳さんこそ、その言葉にふさわしい存在です。

「ブリッラ ペル イル グストは、ビームスFではクラシック過ぎるけれど、インターナショナルギャラリー ビームスではモード過ぎるという方に向けて、2003年にスタートしたブランドです。特徴は“男の色気”を追求しているところ。バイイングのときは、女性にモテるということも意識しています」

 

高田さんは、前回ご登場なさったビームスFのディレクター、西口修平さんとともに、今やビームスを代表するイケメン・ファッショニスタです。

「二人で飲みに行ったりもしますよ。Fの商品も大好きですしね。でも、心の底では“本当は、ブリッラのほうがカッコいいんだ”と思ってやっています(笑)」

_DSC8401

スーツは、ブリッラ イル ペル グストのオリジナル。リングヂャケットに自分でオーダーをかけたものです。

「イタリア的なプロポーションに、英国カイノック製のハリのある生地をのせました。イタリア+英国が、いまの気分です」

 

シャツも、ブリッラのオリジナル。

タブ&ラウンドカラーで、身頃がチェックという凝ったもの。

 

タイは、ジョン コンフォート。

チーフは、ビームスFのオリジナル。

メガネは、オリバー ゴールドスミス

_DSC8413

時計は、カルティエのタンク。1960年代に作られたもの。

 

リングは、ビルウォールレザー。

バングルは、エディ スコット コウタロウヴァ。

 

 タッセル・スリッポンは、オールデンです。

「アメリカ、イタリア、フランスなど、いろいろな要素をミックスするのが好きですね。もともと日本って洋服の文化がないじゃないですか。だからこそ、服を自由に着られると思うのです。そういったスタイルが、海外の人たちにも面白がられているのだと思います」

 

高田さんのインスタグラムのフォロワーは、世界中に6.5万人もいます。どうしたら、そんなにたくさんの人たちから、注目されるようになるのでしょう。

 

「フォロワーを増やすコツですか? 同じテイストを貫くことでしょうか? 例えば私は、パンツの裾を短く仕立てて、いつも足首を見せるようにしています。真冬でも、決してソックスを穿きません。ピッティでは、もう寒くて寒くて・・(笑)。でもそれが、私のスタイルですから」

(私が「高田さんの足首ってキレイですよね」といったら、ちょっと引き気味でしたが、本当にほっそりしていて、美足首ではないですか?)

_DSC8419

さて、そんなスタイルを貫く根性は、前職であるエヴィスジーンズで培われたようです。

「当時のエヴィスでは、入社したら、まず全員坊主にしなければいけませんでした。そして新品のジージャンとジーパンを買って、早く体に馴染ませて色落ちさせるために、寝る時にもそれらを着ていました。でも硬くて、全然眠れませんでした。早く膝のところを白くスレさせるために、膝をついて雑巾がけ。まるで寺修行です(笑)」

 

坊主時代の高田さんにも、お会いしてみたかったですね。まぁ、元がイケメンなので、どんなヘアスタイルでもお似合いでしょうが。

そうではない読者諸兄のために、高田さんおすすめの「絶対モテる」パンツをご紹介しておきます。私もこっそり買おうかな・・

_DSC8436

今シーズンの「鉄板的」アイテム。ジャブス アルキビオのドローパンツ。
サイドにゴムが入っており、リラックスした仕様だが、テーパードがキレイで足が美しく見えるのだとか。
¥28,000 Beams Ginza Tel.03-3567-2224

https://www.beams.co.jp/shop/gnz/

南里清久さん arrow-right
Next post

arrow-left 西口修平さん
Previous post