From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

MENU

渡部勝さん

渡部勝さん

パレスホテル東京 総支配人

text kentaro matsuo  photography natsuko okada

_S5A0119

総客室数290、全室45平米以上という偉容を誇る、パレスホテル東京の総支配人、渡部勝さんのご登場です。豊かな緑を持つ皇居外苑と東京駅を結ぶ線の真ん中に位置し、その住所は「丸の内1-1-1」、まさに東京を、そして日本を代表するホテルです。

「大卒で入社して以来30年間、パレスホテル一筋の“パレスマン”です。最初はベルボーイからのスタートでした。そういう下積みをすることによって、ホテルというものがわかるようになるのです」

なるほど、私も編集者としての下積みの多さでは人後に落ちませんが、問題は下積みのまま終わりそうなところです・・

 

「入社当時のパレスホテルは、それは華やかでしたね。当時より、丸の内には外資系の会社がたくさんあって、お客様の6割は外国の方でした。皆ビシッとトラっドなスーツを着ていらして、とにかく格好よかった。ハウスキーピング(室内清掃)を担当していた時期もあったので、お客様の靴をお預かりして、自ら磨いたこともありましたが、そのブランドは英国のチャーチだったりして、『本場のジェントルマンは、こういうものを履くのだな』と感心しました」

そういった経験から導き出されたのが、渡部さんのスタイルです。ホテルマンのドレスコードは、ことのほか厳しいと聞きますが、やはりさまざまな制約があるようです。

_S5A0122

スーツはビームスのブリッラ ペル イル グストのもの。もう10年以上通っているそうです。

「私は仕事柄、一年のうち360日はスーツを着ます。そして、そのほとんどがネイビーかチャコールグレイのダークスーツです。ワンシーズンに1〜2着の割合いで、新しいスーツを買います。ブリッラのものは私の体型に合うので、パンツの裾丈以外、お直しをしなくてもいいところが気に入っています」

 

シャツはパレスホテル東京のアーケード内にショップを構えるシャツ専門店、タケナカシャツにてオーダーしたもの。

「パレスマンのシャツは、白以外はNGです。われわれは裏方ですので、お客様より目立ってはいけないのです」

 

ネイビーのソリッドタイは、ドレイクス。他にはブリューワーもよく締めるとか。

 

メガネはフォーナインズ。

_S5A0142

時計はIWCの名作、ポルトギーゼ。

「ストラップがネイビーなところが、さり気なくていいですね」

 

カフリンクスは、出張先のロサンゼルスのニーマンマーカスで買ったもの。

「基本的には、アクセサリーは着けません。しかしカフリンクスは好きで、いろいろと持っています。シャツも必ずダブルカフスにしています」

 

シューズはジェイエム ウエストン。

「足が細いので、ウィズはCかD。日本だと、ぴったりと合うサイズを探すのが難しいのです」

甲高幅広の私からすると、羨ましいお悩みをお持ちです。

 

「いまでは私が総支配人となりましたので、パレスホテル東京のドレスコードは私自身が決められるのですが、昔ながらのしきたりを守っています」と。

_S5A0152

渡部さんの装いを見ていると、本当にメンズ・ファッションというものは、「決められたルールのなかで、いかに細部を追求するか」にかかっているのだなぁ、と思います。ダークスーツ、白シャツ、紺タイ、黒靴だけで、十分にカッコいいスタイルが可能なのです。

 

「ファッションも、ホテルも、ディテールが大切だと思っています。細かい部分にこだわりを持っているつもりですし、お客様にそういったところに気付いて頂けると、とても嬉しいですね」

 

まさにホテルマンの鑑のような存在。パレスホテル東京が持つ、独特の“凛”とした雰囲気は、この方が醸し出しているのだと思いました。

1F ロビー

パレスホテル東京

ロビーより、皇居外苑を望む。

所在地は、丸の内1-1-1。地下1階は、地下鉄大手町駅に直結。
東京駅からは徒歩8分。

2駅12路線が利用可能

http://www.palacehoteltokyo.com/

 

 

マリオ・グリアリオットさん arrow-right
Next post

arrow-left 洞内浩さん
Previous post