From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

MENU

洞内浩さん

洞内浩さん

 新宿高島屋 シニアマネジャー兼ストアバイヤー

text kentaro matsuo  photography tatsuya ozawa

_DSC0163 (1)

 新宿高島屋の洞内浩さんのご登場です。高島屋というと、トレード・マークであるバラの包装紙をはじめ、上品で大人しいイメージがありますが、洞内さんは、その笑顔もスタイルも、実にパワフルです。

「コーディネイトのポイントは“色”です。ヴィヴィッドな色を身につけていると、そこから会話が始まって、お客様も私も、自然と笑顔になれる」

 

SNSなどで彼の毎日のコーディネイトを拝見すると、赤、黄、緑など、カラフルな色のオンパレードです。またストライプやチェックなど、柄物同士の組み合わせも多用されています。しかし、色と柄を組み合わせるのは、素人には難しいのでは? と問うと、

「まずキーカラーを決めて、他のアイテムでその色を拾うこと。あとは『似合っているんだ!』と自分に言い聞かせて、自信を持って笑顔で着こなすことですね。そうすれば大丈夫です!」と。

_DSC0198

 ジャケットは、ティト アレグレット。ルビナッチ出身で、イザイアやアットリーニのVMDなどを務めたナポリの大物が、自らの名を冠したブランドです。昨年夏には、ピッティに初出品したばかりのコレクションによるトランクショーを世界に先駆けて新宿高島屋にて行い、大盛況を収めました。

「ナポリらしい色っぽさがありますね。ステッチやバルカポケットなどのディテールにもこだわっている。着て楽しく、カッコよく、『お洒落ですね』とホメられる服です」

オーダーのラインでも、ジャケットで109,000円~、スーツで143,000円~というリーズナブルな価格も魅力です。

チーフはミラノのフィオリオ。

タイはナポリのフランチェスコ マリーノ、同じモノを色違いで2本ご購入。シャツはプーリアのアンジェロ イングレーゼ。こちらも色違いで3枚ご購入。お洒落な人って、こういう買い方をしますよね。すべて新宿高島屋で扱いがあるそうです。

_DSC0206

 時計はロレックスのエクスプローラーⅡ。

シルバーのチェーン・ブレスレットやリングはエルメス。

「私の名前は浩(HIROSHI)というのですが、エルメスにはイニシャルのHを象ったものが多く、まるで私のために作られているようだから(笑)」

 手首につけたアクセサリーは、シンパシーオブソウル、トロールビーズ、フィリップ オーディベール、など。

  パンツはナポリの新進ブランド、マコ。プリーツ入りのサイドアジャスター仕様で、二本の持ち出しがつく、クラシカルで変わったタイプです。こちらも色違いで2本買われました。

_DSC0219

 シューズはクロケット&ジョーンズ。

「靴は100足くらい持っています。そのうち約80足がドレスシューズで、20足がクロケット&ジョーンズです。これはサイドエラスティックですが、クロケットとしては珍しいですよね。確かなブランドが作った、ちょっと変わった靴や服が好きなのです」

しかも、持っている靴のほとんどは茶やネイビー等の色物で、黒は冠婚葬祭用のストレートチップとタキシード用のオペラパンプスだけ。

「世の中、こんなにたくさんの色があるのだから、もっと色を楽しまなきゃもったいないと思うのです」

 

ブルー系でまとめた本日の装いは、洞内さんにしては、ずいぶんと抑え目なほうだとか。

「昔から、カラフルな格好が大好きでした。学生時代に初めて買ったシェットランド・セーターの色は真っ赤。コンバースのオールスターは、友人とオレンジとグリーンを一足ずつ買って、片方ずつ交換して履いていました。道行く人に、『あら、あなた靴を間違えているわよ』などと言われたものです(笑)」

_DSC0208

 今年、高島屋勤続30年を迎える洞内さんは、売り場やバイイングなどの現場が大好き。大好きな洋服に囲まれているのが、一番幸せだそうです。

「接客のコツですか? これも笑顔です。お客様には、あえて少し派手かな、と思える色柄をおすすめします。そして『お似合いですよ』と申し上げる。すると『ええ、本当?』と仰いつつも、皆、笑顔になる。新しい自分が見つかることは、誰しも嬉しいものですからね。笑顔で接すれば、笑顔に出会える。誠にお客様は“鏡”なのです」

楽しいお話を拝聴し、私もすっかり笑顔になってしまいました。

 

———————————————————————————————-

Information

ティト アレグレットのス・ミズーラ スーツ&ジャケット トランクショーは、

2月23日(金)〜2月25日(日)高島屋 新宿店にて。詳しいお問い合わせ・ご予約は、

新宿高島屋Tel.03-5361-1111(代表)オム・メゾン8階ダブルスタンダードクロージングヒム

http://www.takashimaya.co.jp/

 

arrow-left 川口昭司さん
Previous post