What is “LUXURY CARD”?

ラグジュアリーの真髄を
追求しつくした究極のカード

Monday, December 17th, 2018

 

 キャッシュレスの波がいよいよ日本にも本格的に訪れる中、新富裕層に圧倒的に支持され口コミでじわじわと広がりをみせるクレジットカードをご存じだろうか。

 

 ラグジュアリーカードは米Black Card社の日本法人が発行する金属製クレジットカードであり、Mastercard最上位、World Elite™️ Mastercard®️日本初採用のカードとしても話題だ。

 

 美味しいものを食べる、素敵な景色を眺める、芸術に触れて感性を豊かに育む。

 

 こうしたラグジュアリー且つ本質を追究できる暮らしを、ライフスタイルのパートナーとしてクレジットカードを持つだけで叶えられたとしたら――?“決済”という単純且つ物質的な役割を、このカードは凌駕する存在と言える。

 

 

磨きぬかれたデザイン、こだわりを超えて驚きすら覚える究極の会員サービス

 

 このカード、その名のとおり、いや、もしかしたら字面以上に、贅沢で豪華だ。

 

 

 

 一見してわかるその豪華絢爛さ。それもそのはず、表面はオスカー像の製造会社が手がける24金コーティング、ICチップはレアメタルのパラジウムを使い、最新小型化チップを搭載している。2年の歳月をかけ考案された究極のこだわりは、手にした時の存在感が物語り、まるで手のひらで輝く永遠の黄金のようでさえある。カード製造に関わる46の特許を有し、“こだわり過ぎた”唯一無二のデザインで他のカードとは異なる圧倒的なブランディングを実現している。

各カードの詳細ページはこちらから

 

 ラグジュアリーカードを唯一無二の存在にするポイントがもうひとつ。会員の心に触れるコンシェルジュサービスと、他とは一線を画す会員特典だ。

 

 カスタマイズというライトな響きを軽々と越え、驚きすら与え得るコンシェルジュサービスへのリピート率は、日本では80%を超えているという。高い顧客満足度と突出したサービスクオリティを誇るラグジュアリーカードならではの特典であり、会員はまるで“自分だけの秘書”を持ったような感覚で利用できる。

 

 会食のお店探しから旅行手配、大切な人の誕生日祝いまで世界中どこにいても24時間、自動音声応答は一切なしで直接コンシェルジュと通話が可能。日本で唯一のリムジン送迎サービスを使えば、厳選されたレストランで嗜むワインやお肉の質だけでなく、ディナーそのものがクオリティ体験と化し思わず心が躍るだろう。

 

 また、Black Card会員以上であれば季節に合わせたフィンガーフードやシャンパン、ワインを1人2000円(税別)で楽しむことのできるLuxury Social Hourへの参加も可能だ。ラグジュアリーカードがトップソムリエと相談して選んだワインに合わせてヘッドシェフがフードを考案する究極のこだわり。

 

 会員のほとんどが新富裕層であることから、その名の通りソーシャルなネットワーキングの場としても楽しむことができる。同伴者1名まで参加することができ、大切な人との素敵な夕暮れも約束してくれるはずだ。

 

 

 

 

 

ロマン溢れるスーパーカーのカーシェア

最高級旅館でラグジュアリーな週末体験

 

 この秋新たに加わった会員特典TOKYO SUPERCARSが展開するスーパーカーのカーシェアリング優待と、同じく会員優待が受けられるふふ 河口湖で、最上級のラグジュアリーな週末を体験してみてはどうだろう。忙しい毎日にエッセンスとして加えたい、心も身体も思う存分味わえる本質だらけの週末旅行も、コンシェルジュへの電話1本で華麗に手配してもらえる。

 

 

 日本初のスーパーカー専門カーシェアリングサービスを展開するTOKYO SUPERCARSは、ランボルギーニ、フェラーリ、ロールスロイス、アストンマーチン、マクラーレンなど多数の車種をラインナップとしている。スーパーカー10種類以上の中から選ぶことができ、「わ」ナンバーではないため、レンタカーとして見られることもない。普段なかなか運転する機会のないスーパーカーで都会の喧騒を離れ、同伴する大切なパートナーも旅の同中から本質のラグジュアリーを体感する旅になるだろう。Black Card会員以上であれば、12時間84,000円相当のスーパーカーを20,000円で体験できるキャンペーンなども実施中だ。

TOKYO SUPERCARS詳細はこちらから

 

 

 

 最高にラグジュアリーな週末の宿泊先としてご紹介したいのは「ふふ 河口湖」。すべての客室から富士山を望める“河口湖の森”である同旅館は、プレミアムであり優雅な佇まいで訪れるすべての人を迎え入れてくれる。木々薫り、光が揺れ、境界線のない森のリゾート。料理は「薪・火・自然」というふふ河口湖のテーマに沿ったものがサーブされ、薪の薫り、炎のゆらめき、富士山溶岩を使ったその地の食材をその地の特徴を活かし大切に調理されている。

ふふ 河口湖詳細はこちらから

 

 この秋最高にラグジュアリーな体験は今、幕を開いたばかりだ。