WELLNESS ALONG WITH FITNESS

世界を導く
イタリア生まれのウェルネスカンパニー
“テクノジム” の挑戦

Friday, January 25th, 2019

テクノジムを世界的企業へと躍進させた、創業者のネリオ・アレッサンドリ氏。

世の中の一歩先を進む研ぎ澄まされた感性と、革新的なヴィジョンはどこからくるのか、

その洗練されたスタイリッシュな哲学を問う。

 

text chiharu honjo photography tatsuya ozawa

 

 

Nerio Alessandri

ネリオ・アレッサンドリ

テクノジム社CEO。1961年イタリア・チェゼーナ生まれ。わずか22歳でテクノジム社を創設し、一代で、世界のトップ企業へと成長させる。2001 年イタリアの優れた実業家に叙勲されるカヴァリエーレ・デル・ラボーロ功労賞を史上最年少で受勲。2003 年ウェルネス財団を設立し、翌年イタリア共和国大統領よりレオナルド・イタリア品質賞を授与されたほか、数々の栄誉に浴している。書籍も出版しており、イタリアで彼を知らない者はいないほどの名士。

 

 

 

「ウェルネスという概念の起源のひとつは、約2000年前の古代ローマ時代に誕生しました。私達テクノジムは、文化ともいえるこの概念をモダンな形に解釈し、広く世に広めていきたいのです。イタリアのエグゼクティブは食事の前に身体を鍛える習慣があるほど、ウェルネスを意識しています」

 

 こう語るのは、イタリア・テクノジム社の創業者であり現CEOのネリオ・アレッサンドリ氏だ。実用性だけでなく、デザイン的にも美しいと称されるトレーニングマシンの生みの親である。当初は、自宅ガレージで製作することから始まったテクノジムを、現在ではイタリア・チェゼーナにある本社以外に15 の支社を世界中に構え、100カ国を超える輸出先を持つグローバルカンパニーに一代で成長させた。

 

 マシンにおけるトップアスリートからの信頼も厚く、イタリア国内外の名門サッカークラブである、ユヴェントス、インテル、A.C.ミラン、チェルシーF.C.、レアル・マドリード等のトレーニング施設に導入されているほか、テニスのラファエル・ナダル選手のような一流アスリートやオリンピック選手も同社のマシンを採用している。

 

 

SKILL BIKE(スキルバイク)¥880,000(運般設置費込)Technogym

 

 

世界初のウェルネスキャンパス

 

「ウェルネスは、定期的な運動、バランスのとれた食事、ポジティブな思考の3つから成り立ちます。我々は、ただマシンを売るだけでなく、これらを自覚しながら身体を動かすという運動意識を促していきたい。古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、“世界を動かしたかったら、まず自分が動け”と言っていた。この意識をライフスタイルに組み込みながらトレーニングすることで、真のウェルネスが実現できるのです」

 

 その教訓通りネリオ氏は、アドレア海にほど近いチェゼーナの本社に「世界一ウェルネスな環境」と国際的な評価を得ている、ウェルネス・キャンパス・テクノジムヴィレッジをオープンさせた。東京ドーム3.3個分に相当する15万㎡もの広大な敷地に、生産設備をはじめトレーニング施設、理想的な食事が摂れるレストラン、ウェルネス教育のための巨大なウェルネスセンターなどを設けている(社内にジムを造ることで社員の健康を保つことができ、企業にとっても人材の損失を抑えることができるのだという)。そのため、テクノジムはイタリア国内で「最も働きたい企業」に3年連続選ばれている。また、地域創生やチャリティ活動にも力をいれており、本社近くの高速道路の標識には「Wellness Valley(ウェルネスヴァレー)」と表示されているほどである。

 

「ウェルネスには、医療という側面もあります。我々も、年齢や環境に関係なくあらゆる人々にウェルネスを届けられるよう、医療施設のオフィシャルサプライヤーを務めてきました。少し大きな夢になりますが、日本は世界の中でも高齢化が進んだ国なので、お年寄りがより良い生活をしながら自立できるようなお手伝いも、今後はしていきたいと考えています」

 

 常に遙かな高みを目指し、「ウェルネス界のスティーブ・ジョブズになりたい」と語るネリオ氏の挑戦に終わりはない。

 

次へ→

 


 

“SPA & FITNESS KIOI” AT KIOICHO, TOKYO

天空のジムで愉しむ快適なワークアウト

 

 

地上約140mの高層階から眼下に広がる都心の眺望を堪能できる、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の「スパ&フィットネスKIOI」。ジムエリアには、テクノジムの最高峰ラインのマシンが揃い、開放的なスペースでワークアウトを愉しめる。ジムエリア以外に、プールやジャグジーも。宿泊者以外は要入会で、入会金(個人会員)は120 万円(保証金、年会費を除く)。TEL. 03-3234-1111 www.princehotels.co.jp/kioicho/spa/