Michael Hill Interview
マイケル・ヒル・インタビュー

シルクの匂いを嗅ぐと
父親を思い出す

Wednesday, June 6th, 2018

text kentaro matsuo

 

Michael Hill / マイケル・ヒル  

1977年生まれ。ドレイクスの初代ネクタイデザイナー、チャールズ・ヒルを父に持つ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションで学び、卒業後サヴィル・ロウのリチャード・ジェームスへ。2004年からドレイクスに加わり、マイケル・ドレイク氏の元で研鑽。2010年ドレイク氏引退に伴い、共同オーナー兼クリエイティブ・ディレクターに就任

 

 

 

 かつてはネクタイとマフラー専業だと思われていたドレイクスだが、今では全身のアイテムが揃うトータルなブランドへと成長を遂げた。そればかりか、英国における、新しい時代のクラシック・ファッションをリードする、台風の目となっている。その立役者が今回ご登場頂いたマイケル・ヒル氏である。

 

 マイケル・ヒル氏の父上は、ブランドの初代ネクタイデザイナー、チャールズ・ヒル氏である。彼は親友マイケル・ドレイク氏とともに、1986年、“ヒル&ドレイク”を立ち上げた。90年代になってチャールズ氏はブランドから離れ、ネクタイのネームも“ドレイクス”となった。さらにその後、今度はチャールズ氏の息子が、ブランドへ入社した。2010年にマイケル・ドレイク氏が引退すると、マイケル・ヒル氏がその意を継いだというわけだ。

 

 

 

「私は布切れに囲まれて育ってきました。私の父、チャールズ・ヒルは、私たち家族を、よくファクトリーへ連れて行ってくれました。父が運転するボルボのワゴンには、シルク地が満載されていて、クルマの中にシルクの匂いがたちこめていました。シルクってどんな匂いがするか、ですって? う〜ん、他には例えようのない、何ともいえない匂いです。しかしその匂いを嗅ぐと、私は幼かった頃のことを思い出すのです」

 

 マイケル氏の場合、失われたときを思い起こさせるのは、紅茶とマドレーヌではなく、シルク地だったのだ。

 

「幼い頃は、毎朝父が洋服を身につけるのを見るのが好きでした。コレにはコレ、アレにはアレと選ぶのを、ずっと飽きずに見つめていました。父からは、ファッションだけでなく、哲学的にも大きな影響を受けました」

 

 

 

 その後、ブランドへ入り、マイケル・ドレイク氏に師事することとなった。アクセサリーだけではなく、トータル・ブランドへと成長したきっかけも、実はマイケル・ドレイク氏であったという。

 

「ドレイク氏は私にカスタマーとマーケットについて、すべてを教えてくれました。彼と世界中を一緒に旅していて、彼のワードローブは素晴らしいと思っていました。彼のスタイルこそ“ドレイクス”だったのです。彼は常々『タイはそれだけで独立してはいけない。タイは服装の一部であるべきだ』と言っていました。それが他のアイテムも作り始めた大きな理由です。もちろん、一度に多くのものをリリースする必要はありませんし、品質面で妥協をするつもりもありません。いいものだけを選んで、少しずつアイテムのレンジを広げていこうと思っています」

 

 

 

 ドレイクスの製品はメイド・イン・イングランドが多いことでも知られる。英国製にこだわる理由とは何かを聞いてみた。

 

「どうしても英国製にこだわっているわけではありません。われわれは世界中からベストであるものを探しています。イタリアには素晴らしいシルクがあるし、デニムやインディゴ染めは日本が一番です。しかしそれでも、英国に十分なクオリティのものがあるときは、英国の工場をチョイスします。なにしろわれわれは英国人ですからね(笑)。タイもシャツも、英国にある自社工場で作っています」

 

 自社工場のクオリティは、世界でも有数であると胸を張る。

 

「英国にあるわれわれの自社工場は、世界でもトップレベルの技術を持っています。とにかく製品のクオリティには、自信があります。例えば、“ハンドブロック・プリント”と言われる技術は、木製のスタンプを使って、シルク地の上に、ひとつひとつ手で模様を押していくのです。昔からある技術ですが、今ではそんなことをしているのは、私たちのところだけだと思います。なぜなら恐ろしく時間と手間がかかるからです(笑)。昔ながらのテクニックを使いつつも、新しいデザインに挑戦しています」

 

 

 

 タイのプロフェッショナルであるマイケル氏に、これからのネクタイのトレンドについて聞いてみた。

 

「それから、手仕事による表現が見直されています。一度シルク地に糸を縫い付けて、そして染め、その後糸を抜くといったような、すごく手間のかかる刺繍模様などは、その一例ですね」

 

 

 

 トータルなファッション・トレンドについても聞いてみた。カタログの写真を見せつつ、注目のルックについて説明してくれた。

 

 

今シーズン最もアイコニックなコーディネイト2体。

右:マドラスチェックのジャケットとシアサッカーのスーツ。マドラスチェック・ジャケット¥245,000、リネンポップオーバーシャツ¥29,000、ジーンズ¥33,000 左:シアサッカーのスーツ¥314,000、ニット¥40,000、テリー地ポロシャツ¥31,000 all by Drake’s

 

 

「今季のテーマは“アメリカン・クラシック”ということですね。これらの写真はアメリカのサウスカロライナ州、チャールストンで撮影されました。クラシックなサルトリアル・スタイルですが、同時にとてもリラックスした雰囲気です。カラーはブラウンやベージュなどが相変わらず人気で、この流れはしばらく続くでしょう。素材はラミーに注目しています。麻の一種ですが、ちょうどリネンとコットンの中間のような性質をしています」

 

 

ラミーを使ったスーツをポロシャツを組み合わせたコーディネイト。実にリラックスした雰囲気だ。

スーツ¥314,000 ポロシャツ¥29,000 both by Drake’s

 

 

 日本でのビジネスは好調であるという。

 

「長く付き合っていける、とてもいい顧客を獲得していると思います。ビジネスはゆっくりと、しかし着実に進歩していますね」

 

 それは本当だろう。現在私の周りには、ドレイクスのファンがとても多い。かく言う私自身も、ドレイクスの服が大好きで、ワードローブに常備している。英国的でしかも、インターナショナルな雰囲気を持っているところが魅力だ。それはひとえに、マイケル・ヒル氏のセンスと誠意から生まれているのだ。

 

 

問い合わせ先

Drake’s 銀座店

Tel:03-6263-9955

www.drakes.com

www.british-made.jp