mclaren_f1-experience-hot-laps

F1ドライバーの隣に乗る
「HotLaps」 体験を通じて得た
「McLaren Experience」

Wednesday, December 5th, 2018

若武者ノリスを魅了する720Sの比類なきパフォーマンス

 

 いよいよ「720S」のシートに座る瞬間がやってきた。F1グランプリの決勝を間近に控えたメインコースに、美しい流線形の車体がよく映える。ステアリングを握るのはマクラーレンF1チームでリザーブドライバーを務めるランド・ノリス。2019年シーズンからのフル参戦が決定している18歳の才能あふれる若武者だ。

 

 

 

 スタッフの誘導に従い、「720S」のパッセンジャーズシートに潜り込む。ヘルメットを装着した状態で地を這うようなスタンスのスーパーカーに乗り込むというのは、通常であれば楽なことではない。しかしこの時、スムーズに乗り込むことができたのは、私の身体が柔軟だからではなく、マクラーレンのアイコンでもある羽ばたくように開くディヘドラルドアのおかげ。

 

 ハーネスが取り付けられると、ランド・ノリスがこちらを向いて「速いほうがいい?」と尋ねてきた。もちろん…とこちらが答えるや否や、身体がシートバックに押さえつけられた。そこから第3コーナーまでの記憶は、悔しいことにあやふやだ。驚異的なスタートダッシュを見せた「720S」はリズミカルにセクター1を駆け抜ける。

 

 ようやく冷静さを取り戻すことに成功した私の様子を見て、ランド・ノリスはさらにペースを上げてきた。ダンロップコーナーから弾けるように加速。続いては、ゆるやかなカーブとほぼ直角のふたつのコーナーが複合するデグナー。ここはテクニカルなコースとして知られる鈴鹿のなかでも難所と言われている難易度の高いコーナーだが、ランド・ノリス駆る「720S」は何事もなかったかのようにクリアしてしまった。その頃からあることに気が付く。レーシングスピードで走っているのに、望外に乗り心地がいいのだ。

 

 縁石を大胆にカットしても、テールスライドが起きてドライバーが素早く修正舵をあてるその瞬間でも、つねに私の目線と身体は安定していて、周囲の状況を楽しむことすらできた。これはつまり車体が跳ねることなくタイヤが路面とのコンタクトを失っていないことの証明だ。最新のF1マシンはその空力パッケージにより、スピードを出している限りトンネルの天井すら走れると言われているが、この「720S」も、目には見えない空気の力によって路面へとしっかりと押さえつけられているのだろう。

 

 

 

 夢のような1周は瞬く間に終了。その後、マクラーレンF1チームのテントにて、ランド・ノリス氏とのインタビューセッションがセッティングされた。

 

 

 ランド・ノリスは、1999年生まれのイギリス出身。7歳からカートでキャリアをスタートすると、2014年には最年少での世界選手権優勝を記録。その後最短ルートでキャリアを駆け上がり、2017年よりマクラーレンF1チームの若手ドライバー育成プログラムに起用。2018年からはテスト兼リザーブドライバーにアサインされている。そして2019年シーズンからはついにマクラーレンF1の正ドライバーに就任することが発表されている。まさに、これからのF1シーンを背負って立つ若きアスリートだ。

 

 目の前に現れたランド・ノリスは、親しみを込めて「ランド」と呼びたくなるようなチャーミングな若者だった。

 

「来年は忙しくなると思います。家でTVを見てリラックスという日々は少なくなるでしょう。ドライバーとしての仕事は同じだけど、F1ドライバーになることで、有名になるのがちょっと楽しみですね」

 

 F1ドライバーとなれるのは、全世界でわずか20名ほど。18歳の若者にとっては、セレブレティの仲間入りを果たすという意味も含めてそれは楽しみに違いない。さらに無理を承知で、F1マシンとスーパーカーの違いを訪ねてみると、こんな答えが返ってきた。

 

「F1マシンは非常に速いです。鈴鹿は非常にエキサイティングでユニークなコースレイアウトで、世界でもっとも好きなサーキットですが、第1セクターでは左右のコーナーが連続して迫ってくるため、頭のなかで追いつくのが難しいときがあるほどです。それでも、F1マシンには強力なダウンフォースやブレーキの調整機能があるため、ある意味で楽に走らせられます。一方で720Sを走らせるときは、F1のように気を引き締めなくていいですから、運転そのものを楽しむことができます。マクラーレンのロードカーは、570、675、720をドライブした経験があります。その経験から選ぶとすれば、私の好みは720になります。すばらしいデザインとスピードの持ち主だからです」

 

「HotLaps」ではまさに手足のように720Sを操ってみせ、まさに超一流ドライバーの実力を披露してくれたランド・ノリス。そんな彼にとっても、「720S」を走らせることは非常にエキサイティングで心を揺さぶる体験なのだとか。F1パイロットをも虜にする実力と美しさが、マクラーレン・ロードカーにはあるということだろう。

 

 マクラーレンでは「Pure McLaren」と呼ばれる、プロドライバーによるドライビングレッスンプログラムを欧州を中心に実施しており、ランド・ノリスもその経験者。一流ドライバーの指導により、マクラーレン・ロードカーの圧倒的なパフォーマンスを安全かつ最高の環境で発揮し、存分に体験できるということで非常に人気を集めている。車両の開発や販売だけでなく、そういった体験そのものを提供することも、マクラーレンにとっては大切な取り組みの一環なのだ。そして、このような取り組みは日本でも行われている。トラックデイと呼ばれるイベントなどがそれで、オーナーはもちろんのこと、所有を真剣に検討しているユーザーであれば、マクラーレンのポテンシャルを実際に体験することが可能だ。

 

 

 

レーシングコンストラクターが生み出す究極の公道用スポーツカー

 

 取材に協力していただいたマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏は、マクラーレン・ロードカーの魅力について、「マクラーレンはF1のコンストラクターとして、どうすれば勝てるマシンが作れるのかを徹底的に研究してきました。その結果、マクラーレン・ロードカーも、軽量でドライバーが運転しやすいクルマに仕上がっています」と語った。

 

 そして、圧倒的なスピードで進化を続けていくその秘訣についてこう続けた。

 

「イノベーションに対する飽くなき姿勢は、まさにマクラーレンがレースで培ったDNAでしょう。そして、ロードカーの開発においてもその姿勢は受け継がれており、最高のパフォーマンスを発揮する真のスポーツカーを提供し続けています。そして、我々の顧客もクルマ文化に対する理解度がとても高く、自ら運転することに積極的です。よって、マクラーレンは孤高の存在であり、ライバルは存在しないのです」

 

 最後に、マクラーレンF1チームは、すべてにおいてプロフェッショナルな集団でありながらも、その雰囲気は開放的で、とてもフレンドリーであったことをお伝えしたい。これもまた、マクラーレンの文化なのだという。日本のショールームから本社工場の最新映像を表示する「ウォーキングウインドウ」という取り組みもそのひとつ。ショールームやイベントなどを通じて、常に最新モデルのテストドライブができる環境づくりも行われている。そう、コミュニケーションこそが何より大切であることを、マクラーレンは知っているのだ。

 

 

 

マクラーレン東京 TEL:03-6438-1963

マクラーレン麻布  TEL:03-3446-0555

マクラーレン名古屋 TEL:052-528-5855

マクラーレン大阪  TEL:06-6121-8821

マクラーレン福岡  TEL:092-611-8899

https://jp.cars.mclaren.com/

 

 

←戻る