CHOPARD Co-President
Karl-Friedrich Scheufele Interview

ショパール ウォッチの真骨頂「L.U.C」

Wednesday, June 20th, 2018

Karl-Friedrich Scheufele / カール-フリードリッヒ・ショイフレ

1958年、ドイツ生まれ。ローザンヌの経営大学院を経て、父が経営を受け継いだショパールに入社。その後、妹のキャロラインとともにグループを経営。メンズコレクション担当として1980年代にはスポーツウォッチの開発を進め、1996年にマニュファクチュール設立を実現。クラシックカーレースに出場したり、ワイナリーを所有したりするなど、非常に多趣味として知られる。

 

 

 

 カンヌ国際映画祭をはじめとする華やかな社交場においてセレブリティたちを彩るジュエラーとして名高い「ショパール」は、高品質な時計を製造するマニュファクチュールとして時計業界でも圧倒的な存在感を放つ。その中心にあるのは紛れもなく、ジュエリーのように繊細で美しい仕上げと精緻を極めた自社製ムーブメントの数々だ。これらを搭載した、まさに同社の時計製造の真骨頂ともいえるコレクションが、時計師であり創業者のルイ-ユリス・ショパールのイニシャルを持つ「L.U.C」である。ショパールの共同社長、カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏は語る。

 

「1996年のマニュファクチュール創設以来、私たちの時計製造への情熱やこだわりが込められています。必ず革新性を持った技術と機械としての美しさを両立させる。発表するモデルはいつもそれで完成形というわけではなくて、こうあってほしいという理想に向けて常に前進していかなければなりません」

 

 これまでで最も思い入れの強いモデルを尋ねると、「難しい質問ですね」と笑いながらも、自社ムーブメント第1号の「Cal. L.U.C 1.96」を搭載した「L.U.C 1860」を挙げる。マイクロローターを搭載した薄型の自動巻きながらも、65時間のパワーリザーブを誇り、クロノメーターとジュネーブシールの両方を取得。第1作目にしてそのあまりの完成度に大変話題となったモデルだ。

 

「初めての取り組みで、完成までかなりの困難がありました。それを乗り越えることができたのは革新的な発想。昔ながらのクラシックな時計の中に新しいムーブメント設計を取り入れ、ショパールにとっても重要な1本となりました」

 

 

「時計ブランドとして一流のムーブメントを自社で製造したい」という氏の理想から、採算度外視で妥協することなく開発がスタート。1996年に誕生した自社ムーブメント第1号「Cal.L.U.C 1.96」は、マイクロローターを搭載し、両方向巻き上げ式も採用するなど、名キャリバーであった。現在でも写真の「Cal.L.U.C 96.01-L」として活躍している。

 

 

 

 その後、トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダーなどのコンプリケーションを着実に発表していったショパールのマニュファクチュールは、2016年に創設20周年を迎えた。

 

「人の人生と同じように考えれば、20年経って成人したわけです。これからは成熟期といえますが、まだまだ冒険していきたい。コンプリケーションにもどんどん挑戦していきます」

 

 氏の美学とメカニカルな側面を特に打ち出してきた「L.U.C」だが、2017年からは着用する男性とそのライフスタイルをイメージさせる15秒ほどのショートフィルム「THE GENTLEMAN’S WAY」を公開し、現在でもそのシリーズは継続。シーズン2に突入している。

 

「もちろんいい商品というのは、そのものの良さを細かく語ることもできるのですが、結局その時計をどんな人が着けるのか、ということに行き着くと思うんです。このショートフィルムではショパールがこれまでお客様と直接接してきた経験を踏まえたイメージの、ひとつの提案です」

 

 

https://www.youtube.com/user/ChopardOfficial

SNSなどを通じて公開された「THE GENTLEMAN’S WAY」。ユーモアのあるユニークなタッチのショートフィルムで、ショパールの考える「L.U.C」の所有者のライフスタイルや世界観を表現している。

 

 

 

 高い技術を持ち込んだムーブメントと見えない部分にまで無駄のない審美的要素を追求する「L.U.C」は、ファッションでいえば、トレンドよりも時代を超越したクラシックな美学を貫く“紳士”に相当する。マッツ・ミケルセン、マイケル・ファスベンダー、デヴィッド・ガンディ、そして昨年『THE RAKE』日本版の表紙を飾ったコリン・ファースなど、多くのセレブリティからもこよなく愛されていることからもそれは証明される。

 

「ショパールというブランドだからということではなく、その商品についての理解、ストーリーに対して興味を持ってくださる方に『L.U.C』を着用いただきたい。どういった背景があって、どういったムーブメントを搭載し、どれだけの制作時間が費やされているかなど、ひとつのモデルには奥深いストーリーが含まれているのです。例えば『L.U.C ヘリテージ グラン クリュ』は昨年、私自身が所有するワイナリーでローンチしました。ワインへの情熱が時計と結びついた1本です。このアイデアは何年も前から私の頭に構想があって、先に名前だけ登録を進めていたほどです」

 

 

トノー(樽)型のケースに最高峰の特級畑を意味する『グラン クリュ』の名を冠し、ワインと結びつけた1本。今年はバゲットダイヤを40石セッティングした華やかな新作も登場。2017年にリリースしたトノー型ムーブメント「Cal. L.U.C 97.01-L」を搭載。

「L.U.C ヘリテージ グラン クリュ」自動巻き、18KWGケース、38.5×38.8mm。¥4,890,000(今冬発売予定)Chopard

 

 

 

 多趣味で知られる氏の時計への情熱は、長い年月を経ても必ず結実している。毎年カーレースに参加するほどのクラシックカー好きが高じて「ミッレ ミリア」の公式パートナー兼計時を務め、同名のウォッチコレクションを発表している。

 

 また2015年にはショパールとは別ブランドとして伝説の時計師の名を冠した新ブランド「クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥー」をスタート。発表した第1作目「クロノメーター フェルディナント・ベルトゥー FB1」は、2016年のジュネーブ時計グランプリを受賞した。さらに驚くべきは、続く2017年に今度はショパールの「L.U.C フル ストライク」がグランプリを受賞したのだ。

 

 

メゾン初となる複雑機構の最高峰、ミニッツ・リピーターを搭載。ショパールのクラフツマンシップと洗練された美が詰め込まれており、マニュファクチュール設立20周年にふさわしい、集大成ともいえる1本となった。2017年のジュネーブ時計グランプリを受賞。下記の動画リンクよりぜひその美しい音色を確かめてほしい。 

「L.U.C フル ストライク」手巻き、18KフェアマインドRGケース、42.5mm。世界限定20本 ¥30,040,000 Chopard

 

 

 

「『L.U.C フル ストライク』は非常に長く、多くの困難があったプロジェクトでした。諦めかけたこともあった。結果的にマニュファクチュール創設20周年の年についに完成したものでしたので、受賞は本当に嬉しかったです。素晴らしい出来事でしたね」

 

 いつも意欲的な氏の中には、困難な時計のプロジェクトが複数同時進行している。普段はまだ世に出ていないプロトタイプを自らが試験的に着用しチェックを行っていることもあるという。

 

「今取り組んでいる新作について? それはもちろん秘密ですが(笑)たくさん進んでいますよ。常に新しい時計の開発を行っていかなければならないのです」

 

 

 ショパールの時計の真骨頂「L.U.C」の探究心は、氏から溢れる情熱がそうであるように、決してとどまるところを知らない。

 

 

ショパール ジャパン プレス

TEL.03-5524-8922

www.chopard.jp/