Monday, December 14th, 2015

A.ランゲ&ゾーネの特許技術が集結した
比類なきタイムピースの新作がついに発表

 創業者フェルディナント・アドルフ・ランゲの生誕200周年記念式典にて、A.ランゲ&ゾーネがアニバーサリーのフィナーレに相応しい特別限定モデル「1815トゥールビヨン“ハンドヴェルクスクンスト”」を発表した。
 トゥールビヨン対応ストップセコンドとゼロリセット機構という、二つの特許技術を同時に搭載し、秒単位での停止と時刻合わせを可能にした「1815トゥールビヨン」は、最高の精度を追求したタイムピース。中でも「ハンドヴェルクスクンスト」は、手作業による緻密な装飾のエングレービングをダイヤルとムーブメントに施した、華やかで稀少なコレクションだ。
 限定30本の今モデルは、ピンクゴールドにブラックロディウム加工を施し、トゥールビヨンのブリッジとキャリア部はブラックポリッシュで研磨した至高のクオリティ。特筆すべきは、優雅な曲線を描く新デザインの4分の3プレートである。ムーブメント側にもゆったりとした窓をあけることで、ストップセコンドを搭載したトゥールビヨンを存分に堪能できるのだ。
 この特別限定モデルは、12月15日(火)まで銀座並木通りのA.ランゲ&ゾーネ東京ブティックにて展示される。通常ではお目にかかれないスペシャルなタイムピースをこの機会に是非ご覧あれ。

1815トゥールビヨン ハンドヴェルクスクンスト
¥22,270,000
A.ランゲ&ゾーネ
HP:alange-soehne.com