THE RAKE JAPAN from Yuko Fujita

THE RAKE JAPAN副編集長、藤田雄宏が取材した、
世界中の友人たちや気になるウェルドレッサーたちをご紹介します。

MENU

ルカ・グラッシィア & サルヴァトーレ・グラッシィア Luca Grassia & Salvatore Grassia(Luca Grassia)

text & photography  Yuko Fujita

 luca-salvatore

 

グラッシィアファミリーのルカ(左)&サルヴァトーレ(右)兄弟のご紹介です。

 

彼らの工房を初めて訪ねたのは、去年の11月。

創刊1周年記念パーティで着るソリートのタキシードの仮縫い・中縫いをし、

一気に納品までしてもらおうと、弾丸でナポリに行ったときのことでした。

 

僕の滞在情報をどこで手に入れたのか

「面白いサルトリアがあるから一緒に見てほしい」と

見ず知らずのナポリ人女性から連絡が来たんですね。

 

女性で美人かもしれないけどカモッラ絡みで誘拐されちゃうかもしれないし、

オフで来てるんだから断ろうかな、と思いつつ、

新鮮な情報は押さえておきたいという編集者魂が勝って

彼らの工房があるカザンドリーノまで一緒に行ってきました。

 

結果、半日潰すことになっちゃったけど、わざわざ行って大正解。

いろいろな意味で大満足でした。

_mg_8475_02_m02

まずは こちらの写真をご覧ください。

 

彼らの工房に入った瞬間にまず思ったのは、

「うわーっ、そっくりさんがたくさんいる!」ってことでした。

_mg_8395_01_m01

聞けば、ここで働いているのは子供から若者、ベテランのおじさん・おばさんたちまで

ほぼ全員がファミリーだそう。

どうりで皆そっくりなわけです。

工房では中学生の男の子までがいっぱしのサルトとして働いていて、

ナポリ慣れしているはずの自分も大きな衝撃を受けました。

「この感じ、新しいぞ!」って。

 

3代目のルカ(30歳)はなかなかやんちゃそうな雰囲気を醸し出しているけれど、

実はとってもいい奴で、仕事に関しては超真面目。

物心がついた頃に家族から仕事を学びはじめ、

その後アットリーニで1年経験を積んだほか、

パニコをはじめとするナポリ中の錚々たるサルトリアで学んで、

今ではファミリーの工房を支える頼もしい3代目として毎日夜遅くまで働いています。

弟のサルヴァトーレ(26歳)も同様に超仕事熱心。

 

「グラッシィアファミリーは皆ここでサルトとして働いています。

親戚皆がそうであるように、私も幼少の頃から針を握ってきました。

小学校から帰ると、両親に仕事を教えてもらうのが楽しくて仕方がありませんでした。

親戚を含めて家族みんながここで働いているから、

自分も早く仕事を覚えて一人前のサルトとして認めてもらいたかったんです。

私の娘も4歳にして、サルトの仕事を覚えようとしています。

グラッシィア家に生まれたということは、

皆サルトになる宿命なんです」

 

初めて会ったとき、彼らはアジアでの新しいビジネスを求めていました。

腕は文句なしに素晴らしいし、いろいろ器用にできそうだし、

可能性は凄くあるなって思ったのですが、

アジアで展開するには彼らの素晴らしさを最大限に引き出す

ディレクター的役割を担える人を見つけないと難しいかなというのが自分の感想でした。

彼らはあくまでス ミズーラの工房だから、

マーケットを熟知したパートナーは必要不可欠なんです。

それでも、グラッシィアのような工房の服が日本で展開されたら

マーケットに一石を投じることになるんだろうなぁと思っていたら。

なんと来春夏から「ルカ グラッシィア」の名前で日本での展開が決まったんです。

エージェントは元UAの木下ジェリーさんが立ち上げたアンディアーモ。

 

というわけで、6月のピッティのあとに、今度は取材という形でジェリーさんと一緒に彼らの工房を再訪してきました。

_mg_8728_01_m01

ス ミズーラしかやっていない工房を日本で展開するのは

メリットがある一方で、非常に難しいことでもあります。

それは、ほとんどが手仕事なので製品にばらつきが生じやすく、

また、そのばらつきを日本のマーケットはよしとしないからです。

ここはジェリーさんの製品管理能力の見せどころです。

サンプルを見て着た感じはすこぶるいいし、生地の提案力もサスガのひとこと。

20万円台でこれだけ手の入ったサルトリア仕立ての既製服は、

日本ではほとんど見かけなくなってきてしまっているので、

潜在的需要は高いのではと思っています。

 

_mg_8411_01_m01

初代は30年代にロンドンハウス(現ルビナッチ)で腕をふるったサルトでした。

 

rocco

1963年から3代続くサルトリアで、彼がルカの父で2代目のロッコ。

 

_mg_8683_01_m01

こちらはロッコの弟ジュゼッペ。

アットリーニで10年間働いていたこともあり、袖付けとか抜群に上手かったです。

 

というわけで発売されたばかりのTHE RAKE日本版ISSUE 12で

彼らのことをいち早くご紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

Noriyuki Ueki(Sartoria Ciccio) arrow-right
Next post

arrow-left Kenji Cheung(Bryceland's Co)
Previous post