THE RAKE JAPAN from Yuko Fujita

THE RAKE JAPAN副編集長、藤田雄宏が取材した、
世界中の友人たちや気になるウェルドレッサーたちをご紹介します。

MENU

Giancarlo Maresca(Cavalleresco Ordine)

  • By edit
  • In Napoli
  • On Jun 1st, 2015
  • permalink

ジャンカルロ・マレスカ Gianncarlo Maresca(Cavalleresco ordine) 

Maresca4

イタリア国内に11の支部、約380名のメンバーを擁するイタリアきっての紳士クラブ

「Cavalleresco Ordine dei Guardiani delle Nove Porte」の騎士団長(Gran Maestro)、Giancarlo Marescaさんです。

 

大変な博学で『Monsieur』や『Arbiter』といったイタリアで影響力のある雑誌にも毎号のように寄稿されており、

イタリアのファッション界においてとても高名なお方です。

(2年前に引退されましたが、本職は弁護士でした)

 

スーツはEnzo Carfora(創刊号とIssue03で紹介している、ナポリで最注目の若手サルト)、

シャツは10年以上前に仕立てたMerolla & De L’ero、タイはヴィンテージ、

シューズはPeron & Peron、チーフはRubinacci、ハットはBorsalinoです。

 

「大切なのはStagione(季節)とOccasione(オケージョン)。

ワードローブは季節によってわけられていますし、場にふさわしい格好というものがあります。

その2つを踏まえることは絶対です。そのうえで個々の着こなしを楽しめばよいのです」とマレスカさん。

 

シャツのカフにループをつけてカフの上に時計をするのは、氏の定番スタイル。

襟やカフの縁をプクッと丸く膨らませた特別な仕立て“Bombarozzo”も、

マレスカさんをはじめとするクラブのメンバーが好む仕様です。

(バッティストーニやサバティーニなど、ローマのシャツの仕様をマレスカさんがリクエスト)

 

パンツは決まってSenza passante(ベルトループなし)。

これはマレスカ氏に限らずピッティなどを見ていても、ス ミズーラではこの仕様が好まれているようです。

最新号の表紙を飾っているラポ・エルカーンも、スーツのときは絶対ベルトループなし、と取材時に話していました。

 

氏のクラブの会合は各都市順番に月1回の割合で開催され、豪華でユニークなメンバーがイタリア全土から集います。

ちなみにナポリ支部の長はMaurizio Marinellaさんです。

クラブの皆さんはウェルドレッサー揃いですので、追ってここでご紹介したく思っています。

Gianluca Munzi(Il Conte) arrow-right
Next post

arrow-left Gennaro Santillo,Saverio Santillo(Santillo)
Previous post