THE RAKE JAPAN from Yuko Fujita

THE RAKE JAPAN副編集長、藤田雄宏が取材した、
世界中の友人たちや気になるウェルドレッサーたちをご紹介します。

Posts in the category

MENU

Mauro Crimi(Sartoria Crimi)

  • By edit
  • In Palermo
  • On Jul 29th, 2015
  • permalink

マウロ・クリーミ Mauro Crimi(Sartoria Crimi)

Mauro4

シチリアの州都パレルモでサルトリアを営むSartoria Crimiのマウロ・クリーミさんです。

 

パレルモはローマ、ミラノ、ナポリ、トリノに次ぐ、人口約70万人を擁するイタリア第5の都市。

同地で一番の賑わいを見せているサルトリアが、ここクリーミです。

 

自分とマウロさんが出会ったのは7年前。

正月明けのナポリ取材を前に年末のバカンスで訪れたシチリアで、ふと未知のシチリア仕立てに興味が湧き、

いきなりピンポーンと工房を訪ねたのが、その後の友人関係の始まりでした。

 

サルトリア クリーミは、カルメロ・クリーミさん(この道63年)が1970年に開いたサルトリア。

息子のマウロさんは2代目で、12歳のときに父から学びはじめ、その後ミラノの仕立て学校、

ヴェルサーチのオートクチュール部門を経て現在に至っています。

ちなみに自分が知っている2代目サルトの中では最も仕事に熱心な1人で、毎朝7時から工房に入って親子で作業に勤しんでいます。

 

この日のマウロさんはスーパー150’sのタスマニアンで仕立てたシチリアらしいアイボリーのスーツをご着用。

「1980年代までのパレルモでは、このようなコロニアルスタイルの紳士をよく見かけたものです。

当時の紳士が着ていたのはリネンやコットンのスーツでしたが、今日ではタスマニアンという選択肢も加わりました。

昔ほどではないですが、パレルモには今でもアイボリーのスーツをオーダーするお客様がいるのです」

 

市内からクルマを軽く飛ばし、かつて王侯貴族の保養地だったモンデッロへと抜ける道には古い邸宅が建ち並んでいます。

それらの美しい邸宅を眺めていると、コロニアルスタイルのスーツはこの街に深く根差したものなんだと納得させられます。

 

ところでクリーミの上着は、ゴージや肩線、背中、腕の縫い合わせがすべて片倒しになっています。

そんな土着的でユニークな仕立てに、マウロさんの現代的な感性、軽やかな仕立てをミックスさせているのが彼らの持ち味。

唯一無二のスタイルがウケてか、今では海外からのお客さんも数多く抱えています。

来日オーダー会を望んでいる彼らが日本にやってくる日も近いうちに訪れるのでしょうか?

Massimo Massaccesi(Yacht Club Capri )

  • By edit
  • In Capri
  • On Jul 13th, 2015
  • permalink

マッシモ・マッサッチェーシ Massimo Massaccesi(Yacht Club Capri)

massimo3

hat   100% Capri

linen pull-over  100% Capri

linen trousers   Sartoria Napoletana

shoes  Santoni

watch  Rolex

 

99年にヨットクラブカプリを創立し、昨年まで同クラブの名誉会長を務めていた、

カプリ島名誉市民のマッシモ・マッサッチェーシさんです。

 

アントニオ・パニコの工房にお気に入りの生地を何着も預けていたり、

ベルルッティだけで100足以上(革靴は200足以上)所有していたり、

自宅にお邪魔して見せてもらったこともあるのですが、

シガー、万年筆、ライター、独楽をコレクションしていたりと、多彩な趣味をお持ちの方です。

 

「サルトはパニコ、インダストリアルではアットリーニが私の中でのナンバーワン。

シャツはローマのバッティストーニ、靴はベルルッティとサントーニが好きですね。

それと、上質な素材、美しい色を好みます。

夏はリネン、そして色は白がいい。白のリネンジャケットも好きでよく着ます。

昼間は白と美しい色の組み合わせを楽しんで、夜はシックな装いをするのが私のスタイルです」

 

そんなマッサッチェーシさんのこの日のスタイルは、100%カプリのリネン製プルオーバーシャツに、

サルトリア ナポレターナのリネンパンツ、サントーニのスニーカーという組み合わせ。

時計はラバーBのラバーベルトでカスタムしたロレックスのデイトナ18KYGです。

 

氏の着こなしから個人的に学びたいのは、リゾートスタイルにおけるサイジングの塩梅。

流行りのスリムフィットを普段と同じ感覚でリゾートでも着てしまうと、

ときに場違いな印象になってしまいます。

実際、イタリアの高級リゾートで富裕層が着ている服は、

リラックスフィット、上質な素材と仕立て、限りなくシンプル、

決まってこの3つの要素が揃ったものです。

ヴァカンスの場ですから、自分も相手もリラックスできる服であることが大切なんだと思います。

その点、パリッときれいにアイロンのかかった上質な白のリネンシャツをサラリと羽織った

マッサッチェーシさんのスタイルは理想的といえます。

 

根っからの粋人であるマッサッチェーシさんは、こんなことも言ってました。

「青の洞窟を貸し切って、葉巻仲間を集めてそこでゆったり葉巻を吸いたいなと思っているんです」

かなり誌的な光景になりそうで、興味津々です。

今度こういうのをTHE RAKEで取材してみたいな、と密かに目論んでいるところです。