Thursday, May 24th, 2018

VASILIY AND ETTORE PIACENZA
情熱はDNAによって受け継がれる

ヴァシリーとエットーレ兄弟が、14代続くイタリア、ビエラ地方の名門にして、
ラグジュアリー・ビジネスを牽引するピアチェンツァ家について語る。
text ben st.george photography kim lang

資料室でのエットーレ

エットーレ:「われわれの哲学は“決して妥協しない”ということです。価格が高いからといって、原材料を変えることはしません。素晴らしい製品の裏には、必ず素晴らしい素材があります。素材の価値を信じているのです」

ヴァシリー:「人は価格だけを考えがちですが、もし価格において妥協してしまったら、品質においても妥協せざるを得ないでしょう。一度それを始めてしまったら、二度と元へは戻れなくなります。例えばレストランへ行って、すごく美味しいトマトソース・スパゲッティを食べようと思ったら、まず良質なトマトと最高品質のパスタが必要です。重要なのは素材なのです。そしてこのことは、われわれのビジネスにも当てはまります。クオリティはいつも最高でなければなりません。それが会社に入って最初に学んだことでした」

エットーレ:「私たちは、私たちが作る製品こそが、私たちのすべてだと知っています。そして顧客には、『あなたは最高のものを買っているのです』と自信を持って言えなければなりません」

エットーレ:「私たちは、会社は人で成り立っていると思っています。もし人がいなくなったら、会社もなくなります。私たちがこんなに長い間ビジネスを続けていられるのは、優秀な人材が集まってくれているおかげです。三代にわたって、うちの会社で働いてくれている人もいます」

ヴァシリー:「会社は働く人のためにあり、働く人は会社に貢献する…… どちらにも忠誠心があるのです。私たちは常に働く人と一緒にありたいと思っています。彼らこそが製品を作る人々だからです。もし私たちにアイデアがあっても、助けてくれる人がいなければ何もできないでしょう? ひとりきりでは何もできません。私たちはいつも、人材こそが私たちが持っている最大の財産だと思っています」

ヴァシリー:「この業界で生き残るためには、フレッシュなアイデアに溢れた人々も必要です。私たちが人を雇うときは、いつも若い才能を探しています。もちろん、ここで20年も30年も働いてくれている人々がいることは誇りです。しかしそうなってくると、いつも同じような考え方に陥りがちです。ときには、まったく違うことにチャレンジする勇気も必要です。もちろん古いやり方のほうがよかった、ということもあります。しかしそれでも、新しいことにトライし続けることは、重要だと思っています」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 21
1 2 3