Thursday, May 24th, 2018

PARADISE FOUND
男爵が作った島

1950年代まで、マスティク島は2~3平方マイルの砂地に、野生の牛が暮らす場所だった。
だが今や、カリブ海に浮かぶこの島は、富と地位を持つセレブの隠れ家となっている。
この変革を成し遂げた男は、並外れた意志の強さと財力を兼ね備えた英国貴族だった……
text james medd

牛や山羊ばかりの島

 マスティク島が初めて記録に登場したのは、スペイン人の船乗りたちがこの島を発見した15世紀だった。その2世紀後、今度は海賊が戦利品を隠すための宝島として利用した。次にやって来たのはヨーロッパの植民地主義者たちだった。彼らは島にサトウキビを植え、建物を建てた。だが、砂糖ブームが終息したとき、マスティク島に残ったのは牛や山羊ばかりで、所有者も島に無関心な人物が続いた。
 しかし、それも1958年までのことだった。コリン・テナントがやって来たからだ。後に第3代グレンコナー男爵となるテナントは、20世紀においてひときわ自由奔放な貴族家系の御曹司だった。一族は化学製品の製造で莫大な財産を築いていたため、テナントは自らの欲求を思いのままに満たすことができた。彼はじっとしていられない性分で、目立つことが大好きだった。ビニール製の服や紙製の下着を好んだことも、そんな性分をよく表していた。尽きることのないエネルギーの持ち主である一方で、尊大な浪費家だった。間違いないのは、マスティク島における事業は、彼がやらなければ、他の誰もやらなかったということである。
 テナントは、視察のためにトリニダード島へ向かったときに、近くのセントビンセント・グレナディーン諸島にある島が売りに出されていることを耳にした。そして彼は上陸もせず、ただちに買い取りを申し出た。1世紀にわたって島を所有していた一族の3姉妹は、わずかな農作とたまの休暇に利用していただけの島を、喜んで手放した。こうして彼は、4万5,000ポンドを支払い、建物その他すべてを含めて島を手に入れた。これは実にまずい投資だった。島には道路もなければ、耕作に適した農地もほとんどなかった。さらに水すら満足に手に入らなかった。
 しかし、マスティク島の新領主となったテナントはものともしなかった。地元で暮らす少数の人々のために新しい村を建設し、島の最もよい場所に貯水池を造成して水問題を解消した。また、舞台美術家であるオリヴァー・メッセルに依頼し、15軒の邸宅を建て、優雅で独創的な建築モデルを確立した。その過程でマスティク・グリーンという新色も生み出した。

全身を白で統一したコリン・テナント。マーガレット王女、プリンセス・ジョゼフィーン・ローウェンスタイン、プリンス・ルパート・ローウェンスタイン、レナータ・アドラー、アン・テナント夫人といった人々とともに撮影(1973 年)。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 22
1 2 3 4 5