Tuesday, November 8th, 2016

LEGENDARY SCOTCH WHISKIES
幻のウイスキーを訪ねる旅

ラグジュアリーでクールなスピリッツとして、今、世界中でウイスキー熱がヒートアップしている。
特に注目が集まっているのは、風土や造り手のこだわりで大きな個性が生まれるシングルモルトだろう。
幻と呼ばれるシングルモルトとその原点を探して、スコットランドの蒸留所を訪ねた。
text yuka hasegawa photography kumi saito
Issue07_P178_01

Martin Green
マーティン・グリーン
(ボナムス・ウイスキー・スペシャリスト)
著名な競売会社クリスティーズを経て、2008年にボナムス・エジンバラのウイスキー部門のヘッドに就任。同社にてレア・ウイスキー・オークションを本格的に稼働させ、現在は世界中に多くの顧客を抱える。

BONHAMS Auction House, Edinburgh
コレクターを虜にするオークション
 
今英国において、ウイスキー・オークションがかつてない活況を呈している。世界のレア&コレクタブル・ウイスキー市場に何が起こっているのか?

 世界的なウイスキー・ブームを背景に、スコッチの生産国である英国のシングルモルト市場は、ここ数年快進撃を続けている。スコットランドに拠点を置く業界有数のウイスキー・ブローカー「レア・ウイスキー101」のリポートによると、2015年上半期、英オークションで2万638本のスコッチ・ウイスキーが売買され、前年同期比35%増を記録したという。先日エジンバラで行われた競売会社「ボナムス」のオークションでも、「グレンフィディック50年」が1万3750ポンド(約256万円)の高値をつけて落札され現地のメディアで話題となった。
「エジンバラのオークションには、一般の小売り市場では見られないレア&オールドボトルが続々と集まってくる。またプレステージの高い蒸留所がリリースする限定版プレミアムボトルが出品されることもよくあります」と語るのは、ボナムス・エジンバラで、ウイスキー・オークションの指揮を執るマーティン・グリーン氏。現在オークションにおいて、コレクターたちの熱い視線を集めているのは『マッカラン』『ボウモア』『ダルモア』『グレンフィディック』そして『アードベッグ』だそうだ。「10年前は2000ポンドだったシングルモルトが、今では倍以上に跳ね上がるご時世。市場での希少性やコンディション、価格の動き、市場のトレンドや蒸留所の動向などさまざまな要素を鑑み、顧客の抱えているレアボトルのベストな売り時、買い時を的確にアドバイスをするのが私の仕事です」
 特に最近は、投資目的でスコッチ・ウイスキー・オークションに参加する人も増えているという。「ワイン投資」と肩を並べるコモディティの投資先として、シングルモルトのポテンシャルに熱い視線が集まっている。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 07
1 2 3 4 5 6 7 8 9