Friday, August 18th, 2017

Charged Affairs
外交官ハレンチ物語

外交官の仕事は謎に包まれており、インモラルな駆け引きに満ちていたようだ。
そしてその私生活も、これまた大いに奔放なのである。
text nick scott

  17世紀初頭に活躍したイギリスの外交官であり、下院議員も務めたヘンリー・ウォットン卿は「外交官とは、自国のために他国で嘘をつくという任務を帯びて派遣される、誠実な人間だ」と述べた。
 だが、海外で自国の代表を務める面々のご乱行を知れば、外交上の方便という域をはるかに超えた、ハレンチな男女がいかに多いかがよくわかる。
 世界中にファンを持つドラマ『ダウントン・アビー』にも、外交官の恥部が描かれている。数年前に作者のジュリアン・フェロウズが明かしたところによれば、トルコから来た外交官=ケマル・パムークが令嬢メアリーの寝室で腹上死するというエピソードは、ある人物の日記に書かれていたトルコ人外交官の実話にもとづいているらしい。
 2011年には、穏健派で知られるニューヨーク・ポスト紙も外交官の実態を糾弾し、「アメリカのまともな価値観に対する敬意がなく、厚遇するに値しない傲慢な輩」が、外交特権を盾にしてどんな不品行も許されていると嘆いた。
 この記事は「退廃的、下劣、不快、貪欲、酔っ払い、頭がイカれてる……」という言葉の羅列で始まり、「レイプの容疑者、軽犯罪者……」と続く。

好色にうつつを抜かす外交官

 実家を離れて羽目を外してしまう遊び人の学生のように、好色な遊びにうつつを抜かし、「大使」のイメージを塗り変えている外交官は世界中にいる。ロシアのエカテリンブルクでは2009年に、娼婦ふたりとのセックスをひそかに録画されたイギリス副領事が辞任に追い込まれた。
 ロシアでは同じ年に、別のセックステープも公開された。ブレンダン・カイル・ハッチャーというアメリカの外交官(ロシアの宗教団体や人権団体との連携を担当)が3人の娼婦に接触し、そのうちのひとりとホテルのベッドで昇天しているところを撮影されたという(もっともCNN報道によると、ハッチャー自身はモスクワ大使館の上司に、娼婦と接触したことは一切ないと報告し、米国務省の報道官は、彼が中傷工作の被害者だとコメントしたらしい)。
 ほどなくして上海の韓国領事館で10人の現役および元外交官が、中国人既婚女性とのセックススキャンダル(と情報漏洩の疑い)で懲戒処分を受けた。
 スキャンダルを起こす外交官は男性だけではない。2015年、イギリスの大手タブロイド紙は「パリに赴任中の女性外交官がコカイン密輸組織のボスとテレフォンセックス!」という派手な見出しで既婚の女性イギリス領事をめぐる不祥事を報じた。
 イギリス生まれの米国フランス大使で、民主党の大物だった女性、パメラ・ディグビー・チャーチル・ヘイワード・ハリマンにも触れねばなるまい。あくまでも噂だが、12歳の少女だったパメラは、ドーセットで乗馬を楽しんでいるとき、「サーンアバスの巨人」と呼ばれる地上絵の男根を飛び越えながら「なんて大きいの!」と叫んだらしい。
 パメラの華麗な恋愛遍歴の始まりは、19歳からだ。彼女はウィンストン・チャーチルの息子ランドルフと合コンに出かけ、その場でプロポーズを受けた。だが結婚から数年で若い夫が出征すると、英国首相官邸に住んでいながら、米国の鉄道王の御曹司(29歳上)、米国大使のジョック・ホイットニー、CBSネットワークの創業者ウィリアム・ペイリー(彼はパメラを世紀の愛人と呼んだ)、ジャーナリストのエドワード・R・マロー、ふたりの連合軍司令官、フレデリック・L・アンダーソンとチャールズ・ポータル卿と手当り次第に情事を重ねた。
 1946年にはランドルフと離婚。その後もジャンニ・アニェッリ、アリ・カーン、エリ・ド・ロスチャイルド男爵、スタブロス・ニアルコスといった富と権力に恵まれた大勢の男たちと浮き名を流し、1960年には映画プロデューサーでパシフィックエアラインズ会長のリーランド・ヘイワードと再婚。さらに、フランク・シナトラとの関係を経て、3人目にして最後の夫W・アヴェレル・ハリマン(元恋人で民主党幹部、そして外交官)と再々婚を果たした。

Viceroy Of India

マウントバッテン伯爵夫妻とインドのジャワハルラール・ネルー首相、妻のカマラ・ネルー(1947 年)。首相と伯爵夫人は不倫関係となったといわれる。

LOW_BK7G2K

マウントバッテン伯爵と夫人のエドウィナ(1940年頃)

rexfeatures_220912e

左:マウントバッテン伯爵と夫人のエドウィナ(1940年頃)。右:ロンドンで催された自らの祝賀会でマウントバッテン伯爵夫人を歓待するネルー元首相(1955年)

THE RAKE JAPAN EDITION issue 17
1 2 3