INVEST plus

航空用アルミニウムとレザーの出会い

Passavant and Lee “No 25 Briefcase”

Tuesday, April 24th, 2018

 

 オーセンティックなブリーフケースに飽き足らない諸兄に、ひとつ面白い商品を紹介しよう。ペンシルヴァニア生まれのアメリカ人、ジョン・パッサヴァントとロンドン出身の英国人、ベンジ・リーがクリエイトした、“パッサヴァント・アンド・リー”である。

 

ブランドをスタートさせた二人は、モデルとしても活躍している。

 

 

 2人はともに、現役のモデルとしても活躍しているイケメンだ。それぞれの出身国のクラフツマンシップを生かした商品を作れないかと思い立ち、ブランドをスタートさせたという。

 

PL25ブリーフケース マットブラック 43 x 32 x 10 cm 、1.8 kg US$2,850

 

 

 ケースの素材として使われているのは、航空用のアルミニウムである。これは通常のアルミにマグネシウムやシリコン、チタニウムなどを混ぜたもので、非常に軽く頑丈で耐水性もあるという。内部に納められたものを、完璧に保護してくれる。

 

 

PL25のデザイン画。まるで本物の航空機の設計図のようだ。

 

 

 これを包んでいるのは、ベジタブルタンニンされた良質のレザーである。特にシダー・カラーのほうは、オールデンなどに革を供給していることで知られるアメリカ、ホーウィン社のものがおごられている。

 

 

PL25 ブリーフケース シダー  43 x 32 x 10 cm、1.8 kg US$2,850

 

 

 内部はスエードとシルクのコンビで仕上げられ、高級感は抜群だ。数多い間仕切りを備え、書類をはじめラップトップなどの運搬に便利である。

 

 

内装も高級感あふれる仕上げが施されている。

 

 

 錠前部分の真鍮金具は、英国女王のロイヤル・ワラントを持つ老舗、アビー・イングランド社製のものが使われている。なお、カバン自体の組み立ては、ロンドンの工房にて行われている。

 

 

王室御用達の称号を持つ、アビー・イングランド社製の錠前が使われている。

 

 まさにアメリカと英国のクラフツマンシップを結集して出来上がった逸品なのだ。現役モデルが企画しただけあって、スタイリッシュなデザインも見逃せない。日本からはパッサヴァント・アンド・リーのウェブサイトを通じてのみ購入できる。誰も手にしていないブリーフケースが、今なら簡単に手に入る。

 

 

パッサヴァント・アンド・リー

https://passavantandlee.com/gallery/