INVEST plus

“ベル&ロス×THE RAKE”
スペシャル・コラボレーション
ヴィンテージに魅せられて

BELL&ROSS × THE RAKE AND REVOLUTION BELLYTANKER ‘EL MIRAGE’ AND ‘DUSTY’ CHRONOGRAPHS

Friday, January 25th, 2019

オメガのスピードマスターやロレックスのデイトナとステータスを並べるベル&ロスのクロノグラフ、

“ベリータンカー”をベースに、THE RAKE & REVOLUTION誌との限定モデルを2バージョン製作した。

 

 

text wei koh photography sidney teo

 

ベリータンカーのクロノグラフをベースに誕生した、ふたつのバージョンのうちのひとつ「エル・ミラージュ」。ご購入はこちらから。Bell & Ross by The Rake

コート 参考商品 Grenfell、ニット 参考商品 Dunhill

 

 

 ベル&ロスは、1992年にブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロによる鮮やかな想像力と独自のビジョンから誕生したブランドだ。彼らが幼少期から想像をかき立てられたミリタリーウォッチや航空計器をスタイルとし、最初のうちはドイツの時計メーカー、ジンの協力を得て生産していた。1997年にはケース内に液体を充填した11100メートルもの防水性能を誇るクオーツウォッチ「ハイドロマックス」を発表し、業界を揺るがした。これがきっかけで彼らのもとには数々の買収話が舞い込むが、1998年にシャネルと資本提携を結ぶようになった。

 

 

創造の自由が生んだ時計作り

 

 2002年には自社工場を建設し、2005年にはコックピットをベースにしたスクエアウォッチ「BR 01」を発表した。視認性に優れたこの時計は、その後も機能性の高いダイバーズウォッチやサファイアケースのフライングトゥールビヨンなど、数多くのバージョンを展開している。

 

 私がふたりと知り合ったのは2004年頃。その頃にはハイドロマックスは既にコレクターの間でカルト的な人気を博していた。私も1本持っていたので、開発した彼らにぜひ会いたいと思っていた。バーゼルワールドではまったくの新参者だった私を、ふたりは温かく迎え入れ、コレクションを丁寧に説明してくれた。これが私たちの友情の始まりだった。

 

 我々の対話でよく上がる話題は、スター・ウォーズがいかに伝統的なストーリーテリングの時系列を打ち破っているかということだ。最初はレイア姫とルークの話だと思いきや、やがてすべてジェダイと帝国の間の戦争につながる前日譚なのだとわかってくる。ロシロ曰く、「こういう創造の自由が気に入っていた。だからBR 01で成功した後、僕たちも“前日譚”を作りたいと考えた。過去へとつながる伝統の象徴となるような時計を」。

 

 ベル&ロスはこの使命のもと、ヴィンテージ・コレクションを製作した。そのうちの1本である「WW1」は、第一次世界大戦時の戦場で耐えうる腕時計に改造された懐中時計からインスピレーションを得たもので、実際に懐中時計でもあるのだが、これは世界で最も過小評価されている時計のひとつだと私は感じている。

 

 

ベル&ロスが2017 年に発表した「BR V2-94 ベリータンカー」

 

 

 2017年、ベル&ロスはヴィンテージ・コレクションのデザインを刷新した。私はこれを、現代のウォッチメイキングにおける最高傑作のひとつに挙げられると思っている。特筆すべきは「ベリータンカー」という名のクロノグラフで、私も大のお気に入りだ。現代のメンズウォッチの世界には、代表的なスポーツクロノグラフがふたつある。オメガのスピードマスターとロレックスのデイトナだ。前者は人類初の月面着陸で使用され、後者は名俳優ポール・ニューマンと縁が深いだけに、どちらもレジェンドだ。それだけに、両者に匹敵する魅力を持つスポーツクロノグラフを思い浮かべることは不可能に近い。

 

次へ→