From George Wang

2015年の1月、北京に「BRIO」をオープンした、中国きってのウェルドレッサー、GEORGE WANG氏。
広大な中国にクラシックスタイルの新たなうねりを巻き起こそうとし、世界中が注目している彼に、
中国をはじめとする世界のウェルドレッサー、気になること、モノを紹介してもらいます。

Posts in the Beijing category

MENU

Calvin Zang

カルヴィン・ツァン CALVIN ZANG

 

IMG_7060_01_f01

I met Calvin after opening BRIO in 2015, he was one of my earliest customers and has been very supportive of our endeavour.

Being an affluent young professional, Calvin represents a rising class of luxury goods conusmers in China.

They are able to shape their world view through education, travel, and of course the gathering of information from he Internet.

Compared to the previous generation of luxury consumers, customers like Calvin are much more confident in their own opinion and understanding of quality.

They are not afraid to choose.

In a way, whether or not a brand or a retailer can appeal to them depends much more on the alignment of their values,

and much less on any triumphant advertising campaign.

I was interested in how Calvin devleoped his style and how he chooses to fulfill his style through clothing.

Here is my brief interview with him:

 

2015年、ブリオがオープンしたときに私はカルヴィンと出会いました。

彼は私の最初の顧客のひとりであり、そのときから我々の努力をずっと支持してくれています。

それと同時に、カルヴィンは裕福な若きプロフェッショナルであり、中国の高級品の消費者たちの新興階級の代表でもあります。

彼らは、自分の世界観を、教育や旅、そしてなによりもインターネットからの情報収集で形作っていくことができます。

昔の高級消費者の世代と比べると、カルヴィンのような消費者は、自身の意見や品質の理解にとても自信を持っています。

彼らは選択することを恐れていません。

ある意味で、ブランドや小売業者が彼らにアピールできるかどうかは、商品の価値に大きく左右され、

広告キャンペーンにはほとんど左右されることがないでしょう。

私は、カルヴィンがどのように自身のスタイルを構築し、服を通じていかに自分のスタイルを満たすことを選んできたのか、すごく興味がありました。

今回は、彼に私が敢行した簡単なインタビューをご紹介しようと思います。

 

我在2015年刚开始经营BRIO的时候认识了臧帅。

他是我最早的一批顾客之一,也一直非常支持我们的事业。作为一名年轻富裕的职业人士,臧帅代表了中国新兴的奢侈品消费阶层。

他们受过高等教育,经常旅行,并且活跃于互联网信息交流传送的领域,也因此塑造了自己的世界观。

相对中国上一代奢侈品消费的主力群体,像臧帅这样的消费者对自己的意见更有信心,拥有自己对品质的见解。

他们并不畏惧选择。一个品牌或零售商是否能够捕捉到这样的消费群体更多取决于他们的理念和价值观是否符合,而并不能单纯依赖有效的营销策略。

我非常好奇臧帅的自我风格是如何形成的?以及他怎样通过着装来表达自己的风格?下面是我对他的一个简短的采访:

 

L9993577_02_f01

 

Q. Please tell me your name, age, and occupation

あなたの名前、年齢、そして職業を教えてください。

请告诉我你的名字,年龄,和职业?

 

My name is Calvin Zang, I work as a content producer, I’m 32 years old.

カルヴィン:カルヴィン ザンといいます。職業はコンテンツプロデューサーで、年齢は32歳です。

臧帅 / Calvin Zang / the underdog knight;32岁;内容制作人

 

 

Q. What is your dressing style, and how does it relate to your lifestyle and personal philosophy?

カルヴィン的ドレススタイルがどんなもので、それは自身のライフスタイルや個人的思考とどう関連していますか。

你喜欢什么样的穿衣风格,和你的生活方式,哲学有什么关联么?

 

I love modern classic menswear.

To me it is a continuation of the traditional way of dressing for men, but done in a contemporary manner as to be relevant to the aesthetic value and functionality of today.

I think that tailoring, casual wear, and sports wear within this category are equally important.

Together these clothing and way of dress help each individual construct their superficial identity in their relevant situation.

 

私は、モダンでクラシックなメンズウェアが大好きです。

私にとっては、男性の伝統的な着こなしの継続ですが、今日の美的価値と機能性に通ずる現代的なやり方で行っています。

テーラーリングや、カジュアルウェア、スポーツウェアなど、このカテゴリーにおいてはどれも平等に重要です。

これらの洋服は、着こなし方法もしかり、それぞれの状況で、人々の表面的なアイデンティティを構築するのに役立ちます。

 

我深爱modern classic男装风格。它既有对于经典男装风格的传承延续,又兼具现代意识形态下的审美与实用性。

我认为这种风格中包含的casualwear和sportswear与tailoring同等重要,它们合力塑造着不同状态及社会角色下的每一个自己。

 

 

Q.Being stylish is obviously very important to you, when did you develop an affinity to dressing well?

ジョージ:スタイリッシュであることは、あなたにとってとても大事なことであると思うのですが、

いつよい着こなしをすることに親しみを覚えましたか?

衣服穿的精神潇洒很明显对你很重要,你是从什么时候开始注重着装的?

 

I would say I’m a typical Libra, it seems that I have been very conscious of my self-image since my childhood.

About three years ago, the resurgence of classic menswear heavily influences my sense of style, and pushed me to a journey of exploration of menswear.

 

カルヴィン:私は典型的なてんびん座と言えるのですが、子供の頃から、自分がどう見えているか、とても気にしてきたように思えます。

約3年前のクラシックメンズウェアの再起が、私の着こなしにすごく影響を与えました。

そして、私をメンズウェアの探求の旅へと導いたのです。

 

我是一个典型的天秤座,似乎从幼年有意识开始,就注重自己的仪表形象。

大约在三年前我开始受到经典潇洒风潮男装的影响,逐步踏上了这一足以延续终身的学习体验之旅。

 

DSC02452_01_f01

Q. Could you talk about how you dressed in High School, University, when you first entered the professional world, and recently?

What are the brands that you like or have liked?

Is there any connection between these brands or styles?

 

高校生、大学生、社会人になったときはどんな格好をしていましたか? そして最近はどうですか?

どんなブランドがいま気に入っていたり、昔から愛用していますか?

それらのブランドとスタイルには、なにか繋がりがありますか?

 

可不可以说说你在高中,大学,刚刚步入职场,和最近的穿衣风格?

有哪些你现在,或者曾经喜欢的品牌? 

你觉得这些品牌之间有什么关系?

 

 

In high school, I wore mostly contemporary “smart casual” styles that weren’t really appropriate for my age.

When most of my peers were wearing Nike’s and Adidas, I was wearing brands like Jack Jones (a Scandinavian brand popular in China) or buying dress shoes from department stores.

まずは高校生のときはほとんど、自分の年齢にふさわしくないようなコンテンポラリーなスマートカジュアルスタイルでした。

友人の多くはナイキやアディダスを着ていましたが、私はジャック ジョーンズ(中国で人気のスカンジナビアのブランド)や、デパートでドレスシューズを買ったりしていました。

 

高中时期受到所谓时尚男装影响比较大,购买了很多与我年龄并不相符的smart casual风格的成衣

(那时候同龄人大部分都在穿耐克阿迪这样的运动服和运动鞋,而我开始穿着杰克琼斯的衣服,商场专柜中大人购买的皮鞋)。

 

 

 

In early 2000’s, when the Internet became popular, I was able to see more foreign fashion brands.

I fell in love the slim “anorexic” look popularized by brands like Dior Homme.

 

インターネットが主流になった2000年代のはじめのころには、海外のブランドを僕も見れるようになりました。

そのとき、ディオールオムのようなブランドによって広まった、とてもスリムな“食欲不振”的スタイルに夢中になりましたね。

 

两千年初互联网信息逐渐丰富,大学时期的我有机会看到和买到更多国外时装大牌成衣。

那时我疯狂地爱上男装界流行的细身,由Dior homme引领的“暗黑病态瘦”男装美学令我痴迷。

 

 

When I began working, wearing “bespoke tailoring” was becoming popular in China.

Suddenly I thought men should wear tailored suits to demonstrate their wealth, social status, and sexual prowess.

I spent a lot of time and money learning, and buying locally made bespoke tailoring and imported shoes like John Lobb and Berluti.

I also spent much of my time on the so-called “gentleman’s culture” that comprised of socializing, pursuing women, drinking whiskey,

smoking cigars, driving fast cars, working out, having vintage oiled hairstyles, and shoe polishing.

 

働き始めた頃には、中国で“ビスポーク・テーラーリング”を纏うことの人気が高まってきた頃でした。

突然、男たるもの、自らの冨、社会的地位、そして性的能力を誇示するために、テーラードスーツを着るべきだと思うようになりました。

多くの時間とお金を費やして学習し、国内で作られたビスポーク・テーラーリングや、ジョン ロブやベルルッティといったインポートシューズを買いました。

それと同時に、いわゆる“紳士の文化”と呼ばれるものにも、ほとんどの時間を費やしました。

社交や、女性の口説き方、ウイスキーの飲み方、シガーの嗜み方、速い車を運転することや、ウォークアウト、

さらには昔を思わせるオイリーな髪型、そしてシューポリッシュなどにね。

 

初入职场时,中国大陆开始刮起了所谓的“高级定制西装”风潮,刹那间我意识到男人应该穿西装,应该穿“量身定制”的西装去表现自己的财富等级和性吸引力。

当时花了很多钱去购置国内裁缝品牌的西装和英、法、意名牌皮鞋(John Lobb, Berluti等),

也花了很多时间去追求所谓的”绅士文化“(包括大量社交、吸引异性、喝威士忌、抽雪茄、玩跑车、健身、梳英式油头、擦皮鞋)

 

 

Recently, I prefer makers like Sartoria Dalcuore who makes hand stitched bespoke tailoring that reflects an authentic style,

and classic brands like Napoleonerba, Edward Green, Stefano Bemer, and Cohérence.

 

最近は、オーセンティックスタイルを宿しているハンドメイドのビスポーク・テーラーリングを手掛けているサルトリアダルクオーレや、

クラシックなブランドであるナポレオネルバや、エドワードグリーン、ステファノベーメル、コヒーレンスを好むようになりました。

 

最近我更喜欢的Sartoria Dalcuore这样的意大利原汁原味手工裁缝定制西装,还有Napoleonerba,Edward Green, Stefano Bemer,

Cohérence这样的精选意大利、英国及日本休闲风格成衣及鞋子等。

 

 

As I move through life, my understanding of aesthetics changes. These brands I’ve liked form the foundation in developing my personal style.

Some of my previous attempts at dressing well may seem childish and misguided, but I don’t really have any regrets.

Whatever they were, it was part of my learning and exploration process, they allowed me to move forward.

 

人生を歩むに連れて、私の美に対する考えは変わります。これらの私が好きだったブランドは、自身のスタイルを開発する際の基礎を形作っています。

以前の私がかっこいいと思ってしていた着こなしは、子供染みていて、見当違いだったかもしれませんが、後悔はありません。

それらがどんなものであったにせよ、そのすべては私の学びと探求のプロセスの一部であり、それらこそが、私は前進することができました。

 

 

随着不同时期对于着装的理解和体会,这些我曾喜欢的风格及品牌像是探索路上的基石,一步步帮助我形成现在的审美及着装风格,现在看来它们或浮躁或稚嫩,

但我不会觉得之前喜欢的东西或者风格有什么不好,因为亦如现在一样,它们都蕴含着我对着装文化的热爱与探索。

 

 IMG_7237_01_f01

Q. How do you feel your dressing style fit in the context of China or Beijing? Do you feel that it is mainstream or niche?

中国や北京において自分の着こなしがどうフィットしていると思いますか?メインストリームであると思う?

それともニッチであると思う?

你觉得你的穿衣风格在中国,或者北京的环境算是主流还是小众?

 

At the moment in China, the way I dress is very much appreciated and understood only in a small niche.

現時点の中国では、私の着こなしは、とてもニッチな世界では、きちんと認められ、理解されています。

在现在的中国,甚至是北京这个文化政治的中心,我的穿衣风格依然是小众的。

 

 

Many of my compatriot don’t “get” why a man should have so much clothes that are seemingly the same with only small nuance of differentiation.

There are basically two camps, the first camp may appreciate clothing and style, but reject the way I dress.

The second camp, which is the majority, prefers that a man should not care about how he dress or be concerned about his superficial image.

They believe that a necktie is only worn by a wedding MC, real estate agents or a bank employee.

Chinese consumers have always been known for being curious and having a willingness to learn.

What we really need in order for Chinese man to be properly dressed in the traditional, classically appealing sense,

is to have the right guidance and patient retailers who are willing to educate the market.

 

同胞の人の多くは、なぜ男性が、小さなニュアンスの違いしかない、似たように思えるたくさんの洋服を持つべきなのか、理解していないのです。

中国には2つのタイプがいて、ひとつは、その洋服やスタイルに対して良さは認めているけれども、私の着こなしを拒否する人たち。

もうひとつは、こちらのほうが大多数なのですが、おそらく、男たるものどのような服を纏うかを気にしたり、表面的なイメージを繕う必要がないと思っている人たち。

彼らは、ネクタイは、結婚式の司会者や、不動産のエージェント、はたまた銀行務めの人だけが身につける者だと思っているのです。

中国の消費者たちは、好奇心旺盛で、学習意欲が高いとして知られています。

中国人たちが伝統的で、クラシックで魅力的な意識で、きちんとした着こなしをするためには、

正しい手本と、マーケットを教育する意欲のある忍耐強い商売人が、いま本当に必要なのです。

 

人们不理解为什么一个男人需要那么多“看似不同又实则相同”的衣服。

情况分为两种:第一种是一部分男人有自己喜欢的穿衣风格,并排斥我这样的穿衣风格;另外一种是大多数的,他们不认为男人应该注重穿着和自我形象,

更不理解日常生活中为何要穿西装打领带,他们认为只有婚礼主持人、房屋中介、银行保险专员才会穿成这样。中国消费者向来都具备浓厚的好奇心和学习愿望。

我们最需要的是正确的引导,和一些有耐心的零售商来培育市场,这样中国男人才有基础去树立那种体面,大方经典的着装方式。

 

 

Q. Who are your sartorial heros?

ジョージ:あなたにとって、サルトリア界のヒーローは誰ですか?

你有哪些“sartorial hero”?

 

Simone Righi, Kenji Kaga

シモーネ・リーギさんと加賀健二さんです。

Dressing Well in China

Dressing Well in China 

中国における良い着こなし

5

 

In a recent dinner hosted by Cognac maker Louis XIII at Beijing’s swanky Four Seasons Hotel, the invitation card stated clearly “Black Tie”.

For yours truly, an opportunity to wear my Liverano & Liverano bespoke dinner jacket is an occasion not to be missed.

On the eve of the event, I put on my midnight blue barathea dinner jacket, laced up my patent leather plain-toe oxfords,

and tied my bowtie with as much sprezzatura as I could.

I fired up my Ferrari 458 Italia, brushed the throttle gently a couple of times so the great baritone that is the flat-crank V8 can clear its throat and promptly pulled it out of the underground garage of my apartment building,

leaving a sweet song of old-school internal combustion engine reverberating in the garage.

 

ここ最近招待していただいたディナーは、北京のフォーシーズンズホテルで行われた、

ルイ13世のコニャックメーカーがホストを務めるものでした。

招待状には、はっきりと“ブラックタイ”の文字。

私のリヴェラーノ&リヴェラーノのビスポークのディナージャケットを着るのにふさわしい会でした。

私はミッドナイトブルーのバラシアのディナージャケットに身を包み、

足元はパテントレザーのプレーントウ オックスフォード、

そしてボウタイを出来る限り自然な感じで結んで出かけました。

フェラーリ458イタリアのエンジンをかけ、

フラットプレーンのV8特有の素晴らしいバリトンサウンドを聴くために

何度か優しくアクセルを踏み、マンションの地下にあるガレージに、

フェラーリ特有の心地よエンジン音を響かせながら出発しました。

 

最近干邑品牌路易十三在奢华的北京四季酒店举办了一场晚宴,邀请函上清楚地写明了“Black Tie”的着装要求。

对于我来说,是绝不会错过任何一次能穿起我的Liverano & Liverano定制晚礼服的机会。

宴会当晚,我披上那午夜蓝的巴拉瑟亚质地礼服,系紧漆皮无雕花牛津鞋的鞋带,最后细心地将领结打得优雅而轻松。

我发动起我那法拉利458 Italia,特意将油门轻轻刷了几次,好让法拉利平轴的V8引擎清一清那男中音一般的嗓门。

当我驶离公寓地下停车坪时,那部传统的老派内燃引擎的声浪在车库里回荡起一首激动人心的合奏曲。

 

Driving a sparkly black sports car with the shields of Scuderia Ferrari on its wings helped me secured a parking spot right in front the main entrance to the Four Season.

As I exited my attention-seeking vehicle, almost every head turned, but they weren’t for my fancy ride.

In a city with one of the world’s highest concentration of wealth, a shiny Ferrari was a common sight,

but a man dressed in proper black tie is like Christmas in July, it’s unusual rather than expected.

There were to be no gazes of admiration or even envy, but rather only awkward stares of curiosity and suspicion, but the worse has yet to come.

 

スクーデリア・フェラーリのエンブレムが入った漆黒のスポーツカーのおかげで、

フォーシーズンズのメインエントランスの前に駐車することができました。

私がクルマから降りると、ほとんどの人々が振り向きました。

しかし、それは、私の巧みな運転技術に魅せられたわけはないのです。

北京のような世界屈指の最高峰が集まる街だと、

フェラーリが走っているのはごく一般的な光景なのです。

人々が振り向いたのは、私が7月にもかかわらずクリスマスのように、

きちっとしたタキシードに身を包んでいたからでしょう。

しかし、それは憧れや羨望の眼差しではなく、好奇心そして疑いの心を含んでいました。

しかし、奇妙なことはこれだけでは終わりません。

 

驾驶一台侧翼有法拉利车队标志的黑炫跑车让我在四季酒店的正门赢得了一个车位。

当我走下那引人注目的跑车时,在场几乎所有人都转过头来,然而使他们注目的并不是我的座驾。

在这样一个世界级富人高度密集的城市里,一台闪耀的高级跑车也只是实属平常,

而一位穿着得体规矩晚礼服装束的男士则像六月飞雪那样离奇。

没错,是离奇,而不是令人啧啧称道。

人群中没有欣赏甚至艳羡的目光,只有好奇与怀疑的瞪眼,然而这一切还不是最糟的。

 

As I made my way up the elevator and into the function room where the banquet is taking place,

I was amazed, but perhaps not surprised by the local folks’ definition of Black Tie.

There were people in business suits, in leather jackets, without jackets, in sneakers,

and there was at least one male invitee wearing the quintessential business attire in China,

a polo shirt, a pair of slacks and loafers. About the only person (other than yours truly) who made an effort was the host of the event from Louis XIII,

who worn something resembling a black tie with the paring of a dark navy business suit,

white shirt, and a cute bowtie with polka dots.

Clearly, the guests have arrived to the banquet from whatever activities or chores they have been engaged in for the day.

I was probably the only one who read, understood and cared about the dress code specified on the invitation.

 

エレベーターをあがり、会場へ足を踏み入れると、

この国におけるブラックタイの定義ではなく、あることにとても驚かされました。

ビジネススーツやレザージャケットに身を包んだ人、はたまたジャケットを着ていない人、

さらに少なくとも一人は、中国の典型的なビジネススーツ、そしてスニーカーやポロシャツ、

スラックスとローファーのゲストがいたのです。

この場にふさわしい装いをしていたのは、ダークのネイビースーツ、

そして白いシャツ、水玉柄の可愛いボウタイをつけた

ルイ13世のホスト一名(そしてあなた自身も)だけだったのです。

明らかにゲストたちは、それぞれがその日に自分たちがやらねばならない何かをしてから、

直接この会に参加していたのです。

おそらく私だけが招待状を読み、ドレスコートの意味を理解し、

そのドレスコードに沿うように努めていたのです。

 

当走向通往晚宴大厅的电梯时,早有心理准备的我还是被周遭人们对于“Black Tie”的定义吓掉了眼镜。

有人穿着商务套装,有人穿着皮夹克,也有人根本没有穿夹克,有穿运动鞋的,

而在场至少有一位男嘉宾是穿着体现中国商务着装精髓的polo恤衫,卡其裤和勒夫鞋。

除了我之外,唯一尝试努力的只有路易十三派来的会场司仪。

他用深蓝色商务套装,白衬衫,和可爱的波点领结打造了一身“black tie”装束。

很显然,客人都是在忙完了各自的日常琐事之后直接赴宴的。

我可能是唯一一个看到、读懂、且在意请柬上对于着装具体要求的人。

 

Were the guests being rude by ignoring the dress code, or did they simply lack the understanding of black tie?

Is the idea of adhering to dress code is a show of respect or sign of obedience?

Beyond our personal ideals of aesthetics and priorities placed on clothing,

how we dress is mostly dictated by social conventions and economic limitations.

With the destruction of the gentry class in China over half a century ago,

the elites of the Chinese society have only been slowly consuming their way back to dignity.

One could argue that the host was being insensitive by asking the impossible of their guests.

After all, I could probably count on one hand the number of people I know around the world

(who aren’t in the fashion business) that owns a black tie outfit.

 

ゲストたちは無礼にもドレスコードを無視していたのでしょうか。

それともただ単にブラックタイという定義を理解していなかったのでしょうか。

ドレスコートをきちっと守るということが、敬意や従順な気持ちを表すことになるのでしょうか。

もちろん、どのように装うかということは、我々の洋服に対する理想的な美学や優先順位を超えて、

社会的な習慣や経済的な限界によって決まるのです。

半世紀前、中国において貴族階級がなくなったことにより、中国社会のエリートたちは、

自分たちの尊厳を失ってきました。

ただ唯一、ホスト側がゲストにとって不可能なことではないかと配慮しなかった無頓着さを

非難することもできるかもしれません。

ですが、結局のところ、現実を考えると、私が知っているファッション業界で働いていない人々で、

タキシードを持っている人を数えても片手だけで十分だと思うのです。

 

客人们是选择粗鲁地忽视着装要求吗?

还是他们只是缺乏对于“Black Tie”规格的认识?

遵守着装要求到底是出于尊重还是出于服从?

除了我们自身对着装美感与需求的观念,我们的穿着更多是由社交准则与经济水平决定的。

随着半个世纪以前中国上流阶层的毁灭以来,中国的精英阶层一直努力着通过消费买回尊严,缓慢地回归体面。

有人会说,主办单位对嘉宾提出如此非分要求本身就是不接地气的。

毕竟,我一只手就能数出在这世界中我所有拥有晚礼服的朋友(服装产业的同僚不算在内)。

 

But the idea of dress code is not completely absent in today’s Chinese society; they just exist as a different kind of guideline from the Western concept.

Observe the leadership class of China, whenever they appear in public in non-formal events,

they will most likely be dressed in a black zipped up wind breaker,

white shirt, black slacks, and black nondescript shoes. If you ever find yourself in an informal business meeting or dinner,

the people sitting around you will be wearing their polo shirts,

please pay special attention to the person who wears his un-tucked, for that is most likely the boss.

 

しかし、今日の中国社会において、ドレスコードというものが全く存在しないというわけではありません。

彼らはただ、西洋とは異なるガイドラインを持っているだけなのです。

中国のリーダーシップクラスの人々を見てみると、

公の場でのフォーマルでないイベントのときはいつでも、

黒のジップアップのウィンドブレーカーに白いシャツ、黒のスラックス、

そしてなんの変哲もない黒い靴をほとんどの人が履いています。

もしあなたが、周りの人々がポロシャツを着ていたりする会議やディナーに参加することがあるとき、

シャツを中にしまっていない人がいたら、その人はボスである可能性が高いため、特に注意してください。

 

诚然,着装准则也不是在当今中国社会完全消失了,它们只是以不同于西方概念所引导的形态存在着。

请看中国领导们,无论公开出席何种非正式场合,他们总会穿着黑色短款拉链风衣,配上白衬衫,

黑裤子和难以名状的黑鞋子。

如果你出席非正式商务会议或晚餐,周围的人大多都会穿着polo恤衫,

此时请你要特别注意没把恤衫塞入裤子的那位,

因为他很有可能就是老板。

 

No, China is not Italy, or England, and Beijing is no London or New York.

There is simply no natural environment for a Western tailored garment to exist outside of shiny office blocks.

I imagined if you are someone who cares a great deal about clothes and self-image, the idea of being in China must be horrifying.

But the challenge of dressing well in a place that don’t much care about dressing well is and should be a topic of interest to the readers of The Rake.

At some point you may come to China for business, or perhaps to visit the great sights and experience our deep culture, but what clothes do you pack?

I am going to attempt to suggest a few ideas here that would hopefully make you feel a whole lot more comfortable than I was at my Louis XIII dinner.

 

中国は、イタリアでも、イギリスでもなく、北京はロンドンでもニューヨークでもないのです。

輝かしいビジネス街の外に、西洋のテーラーたちが活躍することのできる自然な環境はないのです。

もしもあなたが服や自分の印象について特に気を使っているのであれば、

中国で生活することはとても辛いことでしょう。

ですが、中国のような人々があまり服に気にかけない場所でカッコいい着こなしをするという挑戦は、

The Rakeの読者にとって興味深い話題に違いないでしょう。

いつか中国にビジネスでいらっしゃるとき、もしくは我々のディープな文化を経験しにいらっしゃるとき、

どんな洋服をスーツケースに詰め込みますか?

このあと写真とともに、幾つかの私からのベストなアイテムをいくつか提案させていただければと思います。

皆さんが、私がルイ13世のパーティで不快に感じた私の二の舞にならないように。

 

没错,中国可不是意大利,也不是英国。

北京也不是伦敦,或者纽约。

除了在高端办公楼之外,基本就没有西服存在的适用场所了。

我可以想象如果你在意着装和自身形象,那身处中国一定感觉糟透了。

但是在一个无所谓穿着得体的地方去尝试挑战穿着得体应该会是The Rake读者所感兴趣的话题。

说不定哪天你会来中国出差,或者来旅游体验我们深厚的文化,会考虑应该带什么衣服呢?

让我试着来提一些建议,或许能让你比那晚在路易十三宴会上的我来得轻松一些。

 

 

 

Photo 1

1

A buttoned up dress shirt can sometimes appear too serious, or look too much like a low level office worker,

so a pull over polo shirt that doesn’t make you look like you just came from the golf course would be perfect in China for almost any occasion.

I recommend the knitted version with ribbed hems that we sell at BRIO,

as oppose to cotton piquet because it’s too sporty or soft jersey because it’s too casual.

I also prefer to have a little color, not grey or navy, but the sky blue I’m showing here.

This color ties the whole outfit together, and is more mature than white

 

ボタンアップのドレスシャツは、ときとしてきちっとしすぎてしまったり、

無難な会社員のようになりすぎてしまうことがあります。

だから、ちょうどゴルフから帰ってきてきたようにも見えないプロオーバーのポロシャツは、

中国ではいかなるときでもパーフェクトなのです。

特に、我々がブリオで売っているような袖口や裾がリブになったニットのものがオススメです。

というのも、コットンピケのものはスポーティすぎたり、

柔らかいジャージー素材のものはカジュアルすぎてしまうからです。

しかも、襟が小さいものがオススメです。

色も、グレイやネイビーではなく、この写真のようなスカイブルーがいいですね。

この色はすべてのアウトフィットにマッチし、さらに白よりもこなれた雰囲気になるのです。

 

一件白衬衫有可能会让人感觉过于严肃,甚至给人一个初级办公室职员的印象。

我建议一件针织的polo杉,比如BRIO销售的带有螺纹收边的针织polo。

颜色方面我喜欢带有一点淡淡的颜色,别是灰色或深蓝色,但是像图中这件天蓝色就恰到好处。

这个颜色比白色更稳重,又可以很有效的统一整套着装的色调。

 

 

Photo 2

2

Cotton or linen trousers are great to wear in the summer, but they can make you look too carefree in China.

If you want to appear to be trust worthy, and being reliable goes a long way in China,

I’d picked the cotton/wool dark grey trousers from Rota.

It is the right color, and has both the casual quality of cotton and the wrinkle resistance and drape of wool.

It is the perfect trouser material for Monday to Friday in the Chinese business world.

 

コットンもしくはリネンのトラウザーズは、夏にベストです。

ですが、中国では無頓着に見えすぎてしまうことがあります。

もし中国で信頼するに足り、信用する価値がある人に見られたいのであれば、

Rotaのウール混コットンのダークグレイのトラウザーズを選ぶといいでしょう。

間違いのない色であり、コットンのカジュアルさ、

そしてウールがもつ丈夫さとドレープを兼ね備えているからです。

月曜日から金曜日まで、中国のビジネスの場で使えるパーフェクトなトラウザーズの素材といえます。

 

在夏季穿着纯棉或者纯麻的裤子必然舒适,但是多少过于轻浮。

我倾向于这条Rota的深灰色棉毛西裤。

它的剪裁讲究,拥有棉料的轻松舒适,也有毛料的抗皱与笔挺,是一条非常适合在中国周一到周五穿着的裤子。

 

 

Photo 3

3

Here is the whole look with the addition of a tailored cotton jacket.

In most formal settings in China, a tailored jacket is rarely required,

but I like this 100% cotton canvas jacket from Sartoria Dalcuore anyway.

It has the same cut and make of a dressier sports jacket,

but the cotton material and soft Neapolitan construction makes it very versatile

for all but the most serious business or evening occasions.

 

コットンのテーラードジャケットを加えた全身の着こなしです。

中国のほとんどのフォーマルな場では、テーラードジャケットはほとんど必要とされませんが、

私はこのサルトリア ダルクオーレの100%のキャンバス生地のジャケットが一番好きです。

スポーツジャケットと同じカットで、しかし、コットン素材、

そしてソフトなナポリスタイルであることによって、

ほとんどのフォーマルなビジネスの場や、夜のオケージョンに最適なのです。

 

这张照片显示的整套着装的效果。

中国的大部分场合并不需要外套,但我还是喜欢这件由Sartoria Dalcuore缝制的单件西服外套。

它的剪裁和制作工艺与更庄重的西服没有区别,但是由于使用了100%纯棉,结合那不勒斯风格的柔软结构,

使它变成了一件非常容易使用的外套,除了最严肃的商务活动或宴会外,基本可以驾驭所有场合。

 

 

Photo 4

4

Like the polo shirt, a pair of loafers is the footwear of choice for more formal occasions in China.

Shoes are probably the single most telling piece of clothing one can wear.

What kind of shoes you wear and how much you are willing to pay for them tells the world so much more about your values and character than the car you drive or the watches you wear.

So perhaps this pair of black Edward Green Piccadilly is both a symbol and a mask about its wearer.

It’s giving just enough hints about where you came from are but not so much where you are going.

 

ポロシャツ同様に、ローファーは中国でのフォーマルな会において、場所を選ばない一足です。

靴は身につける人の中身をもっとも雄弁に語ってくれるアイテムでしょう。

どんな靴を履くか、そして、いくら靴にお金をかけるかは、

クルマや時計以上に、あなた自身の価値と人柄を世界に示してくれるのです。

ですので、おそらくこのエドワードグリーンの黒のピカデリーは、

履いている人のシンボル、そして、顔となってくれるでしょう。

どこを目指している人物かというよりも、あなた自身がどういった人物なのか、

という十分なヒントを与えてくれるのです。

 

就像polo杉,一双乐福鞋是在中国正式场合最常见的男装单品。

比起一个人乘坐的汽车或拥有的手表,脚上的一双鞋可能是最能反映一个人的价值观与品德的衣物。

也许这双Edward Green的Piccadilly乐福鞋可以透露一些穿着者的背景,却又同时可以阻挡他人过多的遐想,是不错的选择。