From George Wang

2015年の1月、北京に「BRIO」をオープンした、中国きってのウェルドレッサー、GEORGE WANG氏。
広大な中国にクラシックスタイルの新たなうねりを巻き起こそうとし、世界中が注目している彼に、
中国をはじめとする世界のウェルドレッサー、気になること、モノを紹介してもらいます。

Posts in the category

MENU

Calvin Zang

カルヴィン・ツァン CALVIN ZANG

 

IMG_7060_01_f01

I met Calvin after opening BRIO in 2015, he was one of my earliest customers and has been very supportive of our endeavour.

Being an affluent young professional, Calvin represents a rising class of luxury goods conusmers in China.

They are able to shape their world view through education, travel, and of course the gathering of information from he Internet.

Compared to the previous generation of luxury consumers, customers like Calvin are much more confident in their own opinion and understanding of quality.

They are not afraid to choose.

In a way, whether or not a brand or a retailer can appeal to them depends much more on the alignment of their values,

and much less on any triumphant advertising campaign.

I was interested in how Calvin devleoped his style and how he chooses to fulfill his style through clothing.

Here is my brief interview with him:

 

2015年、ブリオがオープンしたときに私はカルヴィンと出会いました。

彼は私の最初の顧客のひとりであり、そのときから我々の努力をずっと支持してくれています。

それと同時に、カルヴィンは裕福な若きプロフェッショナルであり、中国の高級品の消費者たちの新興階級の代表でもあります。

彼らは、自分の世界観を、教育や旅、そしてなによりもインターネットからの情報収集で形作っていくことができます。

昔の高級消費者の世代と比べると、カルヴィンのような消費者は、自身の意見や品質の理解にとても自信を持っています。

彼らは選択することを恐れていません。

ある意味で、ブランドや小売業者が彼らにアピールできるかどうかは、商品の価値に大きく左右され、

広告キャンペーンにはほとんど左右されることがないでしょう。

私は、カルヴィンがどのように自身のスタイルを構築し、服を通じていかに自分のスタイルを満たすことを選んできたのか、すごく興味がありました。

今回は、彼に私が敢行した簡単なインタビューをご紹介しようと思います。

 

我在2015年刚开始经营BRIO的时候认识了臧帅。

他是我最早的一批顾客之一,也一直非常支持我们的事业。作为一名年轻富裕的职业人士,臧帅代表了中国新兴的奢侈品消费阶层。

他们受过高等教育,经常旅行,并且活跃于互联网信息交流传送的领域,也因此塑造了自己的世界观。

相对中国上一代奢侈品消费的主力群体,像臧帅这样的消费者对自己的意见更有信心,拥有自己对品质的见解。

他们并不畏惧选择。一个品牌或零售商是否能够捕捉到这样的消费群体更多取决于他们的理念和价值观是否符合,而并不能单纯依赖有效的营销策略。

我非常好奇臧帅的自我风格是如何形成的?以及他怎样通过着装来表达自己的风格?下面是我对他的一个简短的采访:

 

L9993577_02_f01

 

Q. Please tell me your name, age, and occupation

あなたの名前、年齢、そして職業を教えてください。

请告诉我你的名字,年龄,和职业?

 

My name is Calvin Zang, I work as a content producer, I’m 32 years old.

カルヴィン:カルヴィン ザンといいます。職業はコンテンツプロデューサーで、年齢は32歳です。

臧帅 / Calvin Zang / the underdog knight;32岁;内容制作人

 

 

Q. What is your dressing style, and how does it relate to your lifestyle and personal philosophy?

カルヴィン的ドレススタイルがどんなもので、それは自身のライフスタイルや個人的思考とどう関連していますか。

你喜欢什么样的穿衣风格,和你的生活方式,哲学有什么关联么?

 

I love modern classic menswear.

To me it is a continuation of the traditional way of dressing for men, but done in a contemporary manner as to be relevant to the aesthetic value and functionality of today.

I think that tailoring, casual wear, and sports wear within this category are equally important.

Together these clothing and way of dress help each individual construct their superficial identity in their relevant situation.

 

私は、モダンでクラシックなメンズウェアが大好きです。

私にとっては、男性の伝統的な着こなしの継続ですが、今日の美的価値と機能性に通ずる現代的なやり方で行っています。

テーラーリングや、カジュアルウェア、スポーツウェアなど、このカテゴリーにおいてはどれも平等に重要です。

これらの洋服は、着こなし方法もしかり、それぞれの状況で、人々の表面的なアイデンティティを構築するのに役立ちます。

 

我深爱modern classic男装风格。它既有对于经典男装风格的传承延续,又兼具现代意识形态下的审美与实用性。

我认为这种风格中包含的casualwear和sportswear与tailoring同等重要,它们合力塑造着不同状态及社会角色下的每一个自己。

 

 

Q.Being stylish is obviously very important to you, when did you develop an affinity to dressing well?

ジョージ:スタイリッシュであることは、あなたにとってとても大事なことであると思うのですが、

いつよい着こなしをすることに親しみを覚えましたか?

衣服穿的精神潇洒很明显对你很重要,你是从什么时候开始注重着装的?

 

I would say I’m a typical Libra, it seems that I have been very conscious of my self-image since my childhood.

About three years ago, the resurgence of classic menswear heavily influences my sense of style, and pushed me to a journey of exploration of menswear.

 

カルヴィン:私は典型的なてんびん座と言えるのですが、子供の頃から、自分がどう見えているか、とても気にしてきたように思えます。

約3年前のクラシックメンズウェアの再起が、私の着こなしにすごく影響を与えました。

そして、私をメンズウェアの探求の旅へと導いたのです。

 

我是一个典型的天秤座,似乎从幼年有意识开始,就注重自己的仪表形象。

大约在三年前我开始受到经典潇洒风潮男装的影响,逐步踏上了这一足以延续终身的学习体验之旅。

 

DSC02452_01_f01

Q. Could you talk about how you dressed in High School, University, when you first entered the professional world, and recently?

What are the brands that you like or have liked?

Is there any connection between these brands or styles?

 

高校生、大学生、社会人になったときはどんな格好をしていましたか? そして最近はどうですか?

どんなブランドがいま気に入っていたり、昔から愛用していますか?

それらのブランドとスタイルには、なにか繋がりがありますか?

 

可不可以说说你在高中,大学,刚刚步入职场,和最近的穿衣风格?

有哪些你现在,或者曾经喜欢的品牌? 

你觉得这些品牌之间有什么关系?

 

 

In high school, I wore mostly contemporary “smart casual” styles that weren’t really appropriate for my age.

When most of my peers were wearing Nike’s and Adidas, I was wearing brands like Jack Jones (a Scandinavian brand popular in China) or buying dress shoes from department stores.

まずは高校生のときはほとんど、自分の年齢にふさわしくないようなコンテンポラリーなスマートカジュアルスタイルでした。

友人の多くはナイキやアディダスを着ていましたが、私はジャック ジョーンズ(中国で人気のスカンジナビアのブランド)や、デパートでドレスシューズを買ったりしていました。

 

高中时期受到所谓时尚男装影响比较大,购买了很多与我年龄并不相符的smart casual风格的成衣

(那时候同龄人大部分都在穿耐克阿迪这样的运动服和运动鞋,而我开始穿着杰克琼斯的衣服,商场专柜中大人购买的皮鞋)。

 

 

 

In early 2000’s, when the Internet became popular, I was able to see more foreign fashion brands.

I fell in love the slim “anorexic” look popularized by brands like Dior Homme.

 

インターネットが主流になった2000年代のはじめのころには、海外のブランドを僕も見れるようになりました。

そのとき、ディオールオムのようなブランドによって広まった、とてもスリムな“食欲不振”的スタイルに夢中になりましたね。

 

两千年初互联网信息逐渐丰富,大学时期的我有机会看到和买到更多国外时装大牌成衣。

那时我疯狂地爱上男装界流行的细身,由Dior homme引领的“暗黑病态瘦”男装美学令我痴迷。

 

 

When I began working, wearing “bespoke tailoring” was becoming popular in China.

Suddenly I thought men should wear tailored suits to demonstrate their wealth, social status, and sexual prowess.

I spent a lot of time and money learning, and buying locally made bespoke tailoring and imported shoes like John Lobb and Berluti.

I also spent much of my time on the so-called “gentleman’s culture” that comprised of socializing, pursuing women, drinking whiskey,

smoking cigars, driving fast cars, working out, having vintage oiled hairstyles, and shoe polishing.

 

働き始めた頃には、中国で“ビスポーク・テーラーリング”を纏うことの人気が高まってきた頃でした。

突然、男たるもの、自らの冨、社会的地位、そして性的能力を誇示するために、テーラードスーツを着るべきだと思うようになりました。

多くの時間とお金を費やして学習し、国内で作られたビスポーク・テーラーリングや、ジョン ロブやベルルッティといったインポートシューズを買いました。

それと同時に、いわゆる“紳士の文化”と呼ばれるものにも、ほとんどの時間を費やしました。

社交や、女性の口説き方、ウイスキーの飲み方、シガーの嗜み方、速い車を運転することや、ウォークアウト、

さらには昔を思わせるオイリーな髪型、そしてシューポリッシュなどにね。

 

初入职场时,中国大陆开始刮起了所谓的“高级定制西装”风潮,刹那间我意识到男人应该穿西装,应该穿“量身定制”的西装去表现自己的财富等级和性吸引力。

当时花了很多钱去购置国内裁缝品牌的西装和英、法、意名牌皮鞋(John Lobb, Berluti等),

也花了很多时间去追求所谓的”绅士文化“(包括大量社交、吸引异性、喝威士忌、抽雪茄、玩跑车、健身、梳英式油头、擦皮鞋)

 

 

Recently, I prefer makers like Sartoria Dalcuore who makes hand stitched bespoke tailoring that reflects an authentic style,

and classic brands like Napoleonerba, Edward Green, Stefano Bemer, and Cohérence.

 

最近は、オーセンティックスタイルを宿しているハンドメイドのビスポーク・テーラーリングを手掛けているサルトリアダルクオーレや、

クラシックなブランドであるナポレオネルバや、エドワードグリーン、ステファノベーメル、コヒーレンスを好むようになりました。

 

最近我更喜欢的Sartoria Dalcuore这样的意大利原汁原味手工裁缝定制西装,还有Napoleonerba,Edward Green, Stefano Bemer,

Cohérence这样的精选意大利、英国及日本休闲风格成衣及鞋子等。

 

 

As I move through life, my understanding of aesthetics changes. These brands I’ve liked form the foundation in developing my personal style.

Some of my previous attempts at dressing well may seem childish and misguided, but I don’t really have any regrets.

Whatever they were, it was part of my learning and exploration process, they allowed me to move forward.

 

人生を歩むに連れて、私の美に対する考えは変わります。これらの私が好きだったブランドは、自身のスタイルを開発する際の基礎を形作っています。

以前の私がかっこいいと思ってしていた着こなしは、子供染みていて、見当違いだったかもしれませんが、後悔はありません。

それらがどんなものであったにせよ、そのすべては私の学びと探求のプロセスの一部であり、それらこそが、私は前進することができました。

 

 

随着不同时期对于着装的理解和体会,这些我曾喜欢的风格及品牌像是探索路上的基石,一步步帮助我形成现在的审美及着装风格,现在看来它们或浮躁或稚嫩,

但我不会觉得之前喜欢的东西或者风格有什么不好,因为亦如现在一样,它们都蕴含着我对着装文化的热爱与探索。

 

 IMG_7237_01_f01

Q. How do you feel your dressing style fit in the context of China or Beijing? Do you feel that it is mainstream or niche?

中国や北京において自分の着こなしがどうフィットしていると思いますか?メインストリームであると思う?

それともニッチであると思う?

你觉得你的穿衣风格在中国,或者北京的环境算是主流还是小众?

 

At the moment in China, the way I dress is very much appreciated and understood only in a small niche.

現時点の中国では、私の着こなしは、とてもニッチな世界では、きちんと認められ、理解されています。

在现在的中国,甚至是北京这个文化政治的中心,我的穿衣风格依然是小众的。

 

 

Many of my compatriot don’t “get” why a man should have so much clothes that are seemingly the same with only small nuance of differentiation.

There are basically two camps, the first camp may appreciate clothing and style, but reject the way I dress.

The second camp, which is the majority, prefers that a man should not care about how he dress or be concerned about his superficial image.

They believe that a necktie is only worn by a wedding MC, real estate agents or a bank employee.

Chinese consumers have always been known for being curious and having a willingness to learn.

What we really need in order for Chinese man to be properly dressed in the traditional, classically appealing sense,

is to have the right guidance and patient retailers who are willing to educate the market.

 

同胞の人の多くは、なぜ男性が、小さなニュアンスの違いしかない、似たように思えるたくさんの洋服を持つべきなのか、理解していないのです。

中国には2つのタイプがいて、ひとつは、その洋服やスタイルに対して良さは認めているけれども、私の着こなしを拒否する人たち。

もうひとつは、こちらのほうが大多数なのですが、おそらく、男たるものどのような服を纏うかを気にしたり、表面的なイメージを繕う必要がないと思っている人たち。

彼らは、ネクタイは、結婚式の司会者や、不動産のエージェント、はたまた銀行務めの人だけが身につける者だと思っているのです。

中国の消費者たちは、好奇心旺盛で、学習意欲が高いとして知られています。

中国人たちが伝統的で、クラシックで魅力的な意識で、きちんとした着こなしをするためには、

正しい手本と、マーケットを教育する意欲のある忍耐強い商売人が、いま本当に必要なのです。

 

人们不理解为什么一个男人需要那么多“看似不同又实则相同”的衣服。

情况分为两种:第一种是一部分男人有自己喜欢的穿衣风格,并排斥我这样的穿衣风格;另外一种是大多数的,他们不认为男人应该注重穿着和自我形象,

更不理解日常生活中为何要穿西装打领带,他们认为只有婚礼主持人、房屋中介、银行保险专员才会穿成这样。中国消费者向来都具备浓厚的好奇心和学习愿望。

我们最需要的是正确的引导,和一些有耐心的零售商来培育市场,这样中国男人才有基础去树立那种体面,大方经典的着装方式。

 

 

Q. Who are your sartorial heros?

ジョージ:あなたにとって、サルトリア界のヒーローは誰ですか?

你有哪些“sartorial hero”?

 

Simone Righi, Kenji Kaga

シモーネ・リーギさんと加賀健二さんです。