From George Wang

2015年の1月、北京に「BRIO」をオープンした、中国きってのウェルドレッサー、GEORGE WANG氏。
広大な中国にクラシックスタイルの新たなうねりを巻き起こそうとし、世界中が注目している彼に、
中国をはじめとする世界のウェルドレッサー、気になること、モノを紹介してもらいます。

MENU

Dressing Well in China

Dressing Well in China 

中国における良い着こなし

5

 

In a recent dinner hosted by Cognac maker Louis XIII at Beijing’s swanky Four Seasons Hotel, the invitation card stated clearly “Black Tie”.

For yours truly, an opportunity to wear my Liverano & Liverano bespoke dinner jacket is an occasion not to be missed.

On the eve of the event, I put on my midnight blue barathea dinner jacket, laced up my patent leather plain-toe oxfords,

and tied my bowtie with as much sprezzatura as I could.

I fired up my Ferrari 458 Italia, brushed the throttle gently a couple of times so the great baritone that is the flat-crank V8 can clear its throat and promptly pulled it out of the underground garage of my apartment building,

leaving a sweet song of old-school internal combustion engine reverberating in the garage.

 

ここ最近招待していただいたディナーは、北京のフォーシーズンズホテルで行われた、

ルイ13世のコニャックメーカーがホストを務めるものでした。

招待状には、はっきりと“ブラックタイ”の文字。

私のリヴェラーノ&リヴェラーノのビスポークのディナージャケットを着るのにふさわしい会でした。

私はミッドナイトブルーのバラシアのディナージャケットに身を包み、

足元はパテントレザーのプレーントウ オックスフォード、

そしてボウタイを出来る限り自然な感じで結んで出かけました。

フェラーリ458イタリアのエンジンをかけ、

フラットプレーンのV8特有の素晴らしいバリトンサウンドを聴くために

何度か優しくアクセルを踏み、マンションの地下にあるガレージに、

フェラーリ特有の心地よエンジン音を響かせながら出発しました。

 

最近干邑品牌路易十三在奢华的北京四季酒店举办了一场晚宴,邀请函上清楚地写明了“Black Tie”的着装要求。

对于我来说,是绝不会错过任何一次能穿起我的Liverano & Liverano定制晚礼服的机会。

宴会当晚,我披上那午夜蓝的巴拉瑟亚质地礼服,系紧漆皮无雕花牛津鞋的鞋带,最后细心地将领结打得优雅而轻松。

我发动起我那法拉利458 Italia,特意将油门轻轻刷了几次,好让法拉利平轴的V8引擎清一清那男中音一般的嗓门。

当我驶离公寓地下停车坪时,那部传统的老派内燃引擎的声浪在车库里回荡起一首激动人心的合奏曲。

 

Driving a sparkly black sports car with the shields of Scuderia Ferrari on its wings helped me secured a parking spot right in front the main entrance to the Four Season.

As I exited my attention-seeking vehicle, almost every head turned, but they weren’t for my fancy ride.

In a city with one of the world’s highest concentration of wealth, a shiny Ferrari was a common sight,

but a man dressed in proper black tie is like Christmas in July, it’s unusual rather than expected.

There were to be no gazes of admiration or even envy, but rather only awkward stares of curiosity and suspicion, but the worse has yet to come.

 

スクーデリア・フェラーリのエンブレムが入った漆黒のスポーツカーのおかげで、

フォーシーズンズのメインエントランスの前に駐車することができました。

私がクルマから降りると、ほとんどの人々が振り向きました。

しかし、それは、私の巧みな運転技術に魅せられたわけはないのです。

北京のような世界屈指の最高峰が集まる街だと、

フェラーリが走っているのはごく一般的な光景なのです。

人々が振り向いたのは、私が7月にもかかわらずクリスマスのように、

きちっとしたタキシードに身を包んでいたからでしょう。

しかし、それは憧れや羨望の眼差しではなく、好奇心そして疑いの心を含んでいました。

しかし、奇妙なことはこれだけでは終わりません。

 

驾驶一台侧翼有法拉利车队标志的黑炫跑车让我在四季酒店的正门赢得了一个车位。

当我走下那引人注目的跑车时,在场几乎所有人都转过头来,然而使他们注目的并不是我的座驾。

在这样一个世界级富人高度密集的城市里,一台闪耀的高级跑车也只是实属平常,

而一位穿着得体规矩晚礼服装束的男士则像六月飞雪那样离奇。

没错,是离奇,而不是令人啧啧称道。

人群中没有欣赏甚至艳羡的目光,只有好奇与怀疑的瞪眼,然而这一切还不是最糟的。

 

As I made my way up the elevator and into the function room where the banquet is taking place,

I was amazed, but perhaps not surprised by the local folks’ definition of Black Tie.

There were people in business suits, in leather jackets, without jackets, in sneakers,

and there was at least one male invitee wearing the quintessential business attire in China,

a polo shirt, a pair of slacks and loafers. About the only person (other than yours truly) who made an effort was the host of the event from Louis XIII,

who worn something resembling a black tie with the paring of a dark navy business suit,

white shirt, and a cute bowtie with polka dots.

Clearly, the guests have arrived to the banquet from whatever activities or chores they have been engaged in for the day.

I was probably the only one who read, understood and cared about the dress code specified on the invitation.

 

エレベーターをあがり、会場へ足を踏み入れると、

この国におけるブラックタイの定義ではなく、あることにとても驚かされました。

ビジネススーツやレザージャケットに身を包んだ人、はたまたジャケットを着ていない人、

さらに少なくとも一人は、中国の典型的なビジネススーツ、そしてスニーカーやポロシャツ、

スラックスとローファーのゲストがいたのです。

この場にふさわしい装いをしていたのは、ダークのネイビースーツ、

そして白いシャツ、水玉柄の可愛いボウタイをつけた

ルイ13世のホスト一名(そしてあなた自身も)だけだったのです。

明らかにゲストたちは、それぞれがその日に自分たちがやらねばならない何かをしてから、

直接この会に参加していたのです。

おそらく私だけが招待状を読み、ドレスコートの意味を理解し、

そのドレスコードに沿うように努めていたのです。

 

当走向通往晚宴大厅的电梯时,早有心理准备的我还是被周遭人们对于“Black Tie”的定义吓掉了眼镜。

有人穿着商务套装,有人穿着皮夹克,也有人根本没有穿夹克,有穿运动鞋的,

而在场至少有一位男嘉宾是穿着体现中国商务着装精髓的polo恤衫,卡其裤和勒夫鞋。

除了我之外,唯一尝试努力的只有路易十三派来的会场司仪。

他用深蓝色商务套装,白衬衫,和可爱的波点领结打造了一身“black tie”装束。

很显然,客人都是在忙完了各自的日常琐事之后直接赴宴的。

我可能是唯一一个看到、读懂、且在意请柬上对于着装具体要求的人。

 

Were the guests being rude by ignoring the dress code, or did they simply lack the understanding of black tie?

Is the idea of adhering to dress code is a show of respect or sign of obedience?

Beyond our personal ideals of aesthetics and priorities placed on clothing,

how we dress is mostly dictated by social conventions and economic limitations.

With the destruction of the gentry class in China over half a century ago,

the elites of the Chinese society have only been slowly consuming their way back to dignity.

One could argue that the host was being insensitive by asking the impossible of their guests.

After all, I could probably count on one hand the number of people I know around the world

(who aren’t in the fashion business) that owns a black tie outfit.

 

ゲストたちは無礼にもドレスコードを無視していたのでしょうか。

それともただ単にブラックタイという定義を理解していなかったのでしょうか。

ドレスコートをきちっと守るということが、敬意や従順な気持ちを表すことになるのでしょうか。

もちろん、どのように装うかということは、我々の洋服に対する理想的な美学や優先順位を超えて、

社会的な習慣や経済的な限界によって決まるのです。

半世紀前、中国において貴族階級がなくなったことにより、中国社会のエリートたちは、

自分たちの尊厳を失ってきました。

ただ唯一、ホスト側がゲストにとって不可能なことではないかと配慮しなかった無頓着さを

非難することもできるかもしれません。

ですが、結局のところ、現実を考えると、私が知っているファッション業界で働いていない人々で、

タキシードを持っている人を数えても片手だけで十分だと思うのです。

 

客人们是选择粗鲁地忽视着装要求吗?

还是他们只是缺乏对于“Black Tie”规格的认识?

遵守着装要求到底是出于尊重还是出于服从?

除了我们自身对着装美感与需求的观念,我们的穿着更多是由社交准则与经济水平决定的。

随着半个世纪以前中国上流阶层的毁灭以来,中国的精英阶层一直努力着通过消费买回尊严,缓慢地回归体面。

有人会说,主办单位对嘉宾提出如此非分要求本身就是不接地气的。

毕竟,我一只手就能数出在这世界中我所有拥有晚礼服的朋友(服装产业的同僚不算在内)。

 

But the idea of dress code is not completely absent in today’s Chinese society; they just exist as a different kind of guideline from the Western concept.

Observe the leadership class of China, whenever they appear in public in non-formal events,

they will most likely be dressed in a black zipped up wind breaker,

white shirt, black slacks, and black nondescript shoes. If you ever find yourself in an informal business meeting or dinner,

the people sitting around you will be wearing their polo shirts,

please pay special attention to the person who wears his un-tucked, for that is most likely the boss.

 

しかし、今日の中国社会において、ドレスコードというものが全く存在しないというわけではありません。

彼らはただ、西洋とは異なるガイドラインを持っているだけなのです。

中国のリーダーシップクラスの人々を見てみると、

公の場でのフォーマルでないイベントのときはいつでも、

黒のジップアップのウィンドブレーカーに白いシャツ、黒のスラックス、

そしてなんの変哲もない黒い靴をほとんどの人が履いています。

もしあなたが、周りの人々がポロシャツを着ていたりする会議やディナーに参加することがあるとき、

シャツを中にしまっていない人がいたら、その人はボスである可能性が高いため、特に注意してください。

 

诚然,着装准则也不是在当今中国社会完全消失了,它们只是以不同于西方概念所引导的形态存在着。

请看中国领导们,无论公开出席何种非正式场合,他们总会穿着黑色短款拉链风衣,配上白衬衫,

黑裤子和难以名状的黑鞋子。

如果你出席非正式商务会议或晚餐,周围的人大多都会穿着polo恤衫,

此时请你要特别注意没把恤衫塞入裤子的那位,

因为他很有可能就是老板。

 

No, China is not Italy, or England, and Beijing is no London or New York.

There is simply no natural environment for a Western tailored garment to exist outside of shiny office blocks.

I imagined if you are someone who cares a great deal about clothes and self-image, the idea of being in China must be horrifying.

But the challenge of dressing well in a place that don’t much care about dressing well is and should be a topic of interest to the readers of The Rake.

At some point you may come to China for business, or perhaps to visit the great sights and experience our deep culture, but what clothes do you pack?

I am going to attempt to suggest a few ideas here that would hopefully make you feel a whole lot more comfortable than I was at my Louis XIII dinner.

 

中国は、イタリアでも、イギリスでもなく、北京はロンドンでもニューヨークでもないのです。

輝かしいビジネス街の外に、西洋のテーラーたちが活躍することのできる自然な環境はないのです。

もしもあなたが服や自分の印象について特に気を使っているのであれば、

中国で生活することはとても辛いことでしょう。

ですが、中国のような人々があまり服に気にかけない場所でカッコいい着こなしをするという挑戦は、

The Rakeの読者にとって興味深い話題に違いないでしょう。

いつか中国にビジネスでいらっしゃるとき、もしくは我々のディープな文化を経験しにいらっしゃるとき、

どんな洋服をスーツケースに詰め込みますか?

このあと写真とともに、幾つかの私からのベストなアイテムをいくつか提案させていただければと思います。

皆さんが、私がルイ13世のパーティで不快に感じた私の二の舞にならないように。

 

没错,中国可不是意大利,也不是英国。

北京也不是伦敦,或者纽约。

除了在高端办公楼之外,基本就没有西服存在的适用场所了。

我可以想象如果你在意着装和自身形象,那身处中国一定感觉糟透了。

但是在一个无所谓穿着得体的地方去尝试挑战穿着得体应该会是The Rake读者所感兴趣的话题。

说不定哪天你会来中国出差,或者来旅游体验我们深厚的文化,会考虑应该带什么衣服呢?

让我试着来提一些建议,或许能让你比那晚在路易十三宴会上的我来得轻松一些。

 

 

 

Photo 1

1

A buttoned up dress shirt can sometimes appear too serious, or look too much like a low level office worker,

so a pull over polo shirt that doesn’t make you look like you just came from the golf course would be perfect in China for almost any occasion.

I recommend the knitted version with ribbed hems that we sell at BRIO,

as oppose to cotton piquet because it’s too sporty or soft jersey because it’s too casual.

I also prefer to have a little color, not grey or navy, but the sky blue I’m showing here.

This color ties the whole outfit together, and is more mature than white

 

ボタンアップのドレスシャツは、ときとしてきちっとしすぎてしまったり、

無難な会社員のようになりすぎてしまうことがあります。

だから、ちょうどゴルフから帰ってきてきたようにも見えないプロオーバーのポロシャツは、

中国ではいかなるときでもパーフェクトなのです。

特に、我々がブリオで売っているような袖口や裾がリブになったニットのものがオススメです。

というのも、コットンピケのものはスポーティすぎたり、

柔らかいジャージー素材のものはカジュアルすぎてしまうからです。

しかも、襟が小さいものがオススメです。

色も、グレイやネイビーではなく、この写真のようなスカイブルーがいいですね。

この色はすべてのアウトフィットにマッチし、さらに白よりもこなれた雰囲気になるのです。

 

一件白衬衫有可能会让人感觉过于严肃,甚至给人一个初级办公室职员的印象。

我建议一件针织的polo杉,比如BRIO销售的带有螺纹收边的针织polo。

颜色方面我喜欢带有一点淡淡的颜色,别是灰色或深蓝色,但是像图中这件天蓝色就恰到好处。

这个颜色比白色更稳重,又可以很有效的统一整套着装的色调。

 

 

Photo 2

2

Cotton or linen trousers are great to wear in the summer, but they can make you look too carefree in China.

If you want to appear to be trust worthy, and being reliable goes a long way in China,

I’d picked the cotton/wool dark grey trousers from Rota.

It is the right color, and has both the casual quality of cotton and the wrinkle resistance and drape of wool.

It is the perfect trouser material for Monday to Friday in the Chinese business world.

 

コットンもしくはリネンのトラウザーズは、夏にベストです。

ですが、中国では無頓着に見えすぎてしまうことがあります。

もし中国で信頼するに足り、信用する価値がある人に見られたいのであれば、

Rotaのウール混コットンのダークグレイのトラウザーズを選ぶといいでしょう。

間違いのない色であり、コットンのカジュアルさ、

そしてウールがもつ丈夫さとドレープを兼ね備えているからです。

月曜日から金曜日まで、中国のビジネスの場で使えるパーフェクトなトラウザーズの素材といえます。

 

在夏季穿着纯棉或者纯麻的裤子必然舒适,但是多少过于轻浮。

我倾向于这条Rota的深灰色棉毛西裤。

它的剪裁讲究,拥有棉料的轻松舒适,也有毛料的抗皱与笔挺,是一条非常适合在中国周一到周五穿着的裤子。

 

 

Photo 3

3

Here is the whole look with the addition of a tailored cotton jacket.

In most formal settings in China, a tailored jacket is rarely required,

but I like this 100% cotton canvas jacket from Sartoria Dalcuore anyway.

It has the same cut and make of a dressier sports jacket,

but the cotton material and soft Neapolitan construction makes it very versatile

for all but the most serious business or evening occasions.

 

コットンのテーラードジャケットを加えた全身の着こなしです。

中国のほとんどのフォーマルな場では、テーラードジャケットはほとんど必要とされませんが、

私はこのサルトリア ダルクオーレの100%のキャンバス生地のジャケットが一番好きです。

スポーツジャケットと同じカットで、しかし、コットン素材、

そしてソフトなナポリスタイルであることによって、

ほとんどのフォーマルなビジネスの場や、夜のオケージョンに最適なのです。

 

这张照片显示的整套着装的效果。

中国的大部分场合并不需要外套,但我还是喜欢这件由Sartoria Dalcuore缝制的单件西服外套。

它的剪裁和制作工艺与更庄重的西服没有区别,但是由于使用了100%纯棉,结合那不勒斯风格的柔软结构,

使它变成了一件非常容易使用的外套,除了最严肃的商务活动或宴会外,基本可以驾驭所有场合。

 

 

Photo 4

4

Like the polo shirt, a pair of loafers is the footwear of choice for more formal occasions in China.

Shoes are probably the single most telling piece of clothing one can wear.

What kind of shoes you wear and how much you are willing to pay for them tells the world so much more about your values and character than the car you drive or the watches you wear.

So perhaps this pair of black Edward Green Piccadilly is both a symbol and a mask about its wearer.

It’s giving just enough hints about where you came from are but not so much where you are going.

 

ポロシャツ同様に、ローファーは中国でのフォーマルな会において、場所を選ばない一足です。

靴は身につける人の中身をもっとも雄弁に語ってくれるアイテムでしょう。

どんな靴を履くか、そして、いくら靴にお金をかけるかは、

クルマや時計以上に、あなた自身の価値と人柄を世界に示してくれるのです。

ですので、おそらくこのエドワードグリーンの黒のピカデリーは、

履いている人のシンボル、そして、顔となってくれるでしょう。

どこを目指している人物かというよりも、あなた自身がどういった人物なのか、

という十分なヒントを与えてくれるのです。

 

就像polo杉,一双乐福鞋是在中国正式场合最常见的男装单品。

比起一个人乘坐的汽车或拥有的手表,脚上的一双鞋可能是最能反映一个人的价值观与品德的衣物。

也许这双Edward Green的Piccadilly乐福鞋可以透露一些穿着者的背景,却又同时可以阻挡他人过多的遐想,是不错的选择。

W.W.CHAN & SONS

W.W. Chan & Sons & History of Chinese tailoring

095606_01_f02

Like most modern concepts adapted in China, they have been imported from the west, either through choice or by force.

Classic tailored clothing is without a doubt one of the most superficial and prevalent Western imports we have.

As the interest in suiting up and gentlemanly pursuits grew amongst young Chinese in recent years,

the local customers have developed a renewed interest in tailoring,

giving life to a slew of new tailoring businesses with flashy advertising campaigns and smart salesmanship.

Buried under the smoke and mirrors, there is one house dedicated to the true art of tailoring through three generations.

 

中国に浸透しているほとんどの現代的な概念のように、意図的であるないにかかわらず、

その多くは西洋から入ってきました。

クラシックなテーラードクロージングは今日の中国において、

紛れもなく表向きには最も浸透している西洋から入ってきたもののひとつです。

ここ数年でスーツに対する関心や、紳士的なことに対する追求が若い中国人たちの間で高まったことで

地元のお客様たちのテーラリングに対する興味が高まり、

煌びやかな広告キャンペーンと卓越した販売技術を有する新たなビジネスとして開花したのです。

(マーケティングを優先した他のテーラーの)まやかしの中に埋もれながらも、

3世代にわたって、テーラリングの真の芸術に捧げた一家があります。

 

许多中国近代通用的观念都源于西方,或是主动习得,或是外力使然。

毫无疑问,传统裁缝技术则是这些西方进口货中最表面和普遍的之一。

近年来随着中国年轻人对西服与绅士追求日趋渐浓时,本土消费者对传统欧式洋服与裁缝定制重新建立起了兴趣,

这给予一众靠浮夸广告营销和精明销售技巧起家的新兴裁缝铺很大的生存空间。

而在这镜中迷雾的掩盖下的,是一家三代致力于追求真正裁缝本质的世家。

103757_01_f02

The Chinese tailoring industry developed in Shanghai back in the early 20th century,

when the city was known as the Paris of the Orient.

Life of the rich and famous in Shanghai at the time was every bit as decadent as those in the major metropolises of the Western world.

Scott Fitzgerald may very well have written his most famous work in Shanghai.

Those enjoying the high life were for the most part westerners or Chinese closely associated with the Western economic and political influences.

Many businesses sprung up catering to the needs of high society, and so western style tailoring was born in China.

 

中国のテーラリング産業は、20世紀初頭に当時東洋のパリとして知られていた上海を舞台に発展を遂げました。

当時の上海において、裕福で著名な人々の生活は西洋の大都市のそれに少しも引けを取っていませんでした。

F.スコット フィッツジェラルドが、彼の最も有名な作品を上海で書いていたことは有名な話かもしれません。

このような上流階級での生活を愉しんでいた人の多くは、

西洋人や、西洋の経済と政治的影響の強い部分と強く関わっていた中国人でした。

エグゼクティブ達のニーズに合わせて、多くのビジネスが上流階級の人々のニーズを満たすために

発展していったため、西洋のテーラリングが中国で誕生したのです。

 

中国的裁缝行业起源于二十世纪初,被称之为东方夜巴黎的上海 。

那个年代,上海富贵名流生活的时髦体面,甚至堕落颓废,毫不逊色于西方任何一个大都市。

如果说菲茨杰拉德最著名的小说讲述的是发生在上海的故事,一点也不夸张。

而享受这上流生活的,大多都是洋人或是与西方政经有紧密联系的中国人。

于是许多迎合上流社会需求的商机迅速涌现出来,其中也包括了西式裁缝业在中国的诞生。

 

The locals who were mere observers to the high life of the Shanghai elite held both contempt and admiration for the newly arrived Westerners.

“Red hair” was one of the popular slangs for foreigners at the time,

and those tailors who served the suiting needs of red hairs became know as the “Red Gang.”

The Red Gang tailors of Shanghai initially serviced the Brits who brought Savile Row aesthetics with them.

And then when the Americans came, the Red Gang tailors also adapted to their Ivy League sensibilities.

As industrialized clothing production became more prevalent back home for these more developed economies,

the Red Gang tailors shifted their focus to the Japanese, Koreans, Taiwanese, and finally the local Chinese.

Perhaps no other tailoring industry in the world has seen so many styles, tastes,

and experienced so much change in so little time than the Red Gang of Shanghai.

 

上海のエリートたちが属していた上流社会の傍観者にすぎなかった地元の人々は、

新たにやってきた欧米人に対し、さげすみと賞賛の両方の気持ちを抱いてました。

“レッド ヘア”は、その当時、外国人に対して用いられていたスラングの一つであり、

(赤い髪の毛の)人々のスーツを仕立てるテーラーたちは“レッド ギャング”として知られるようになりました。

そんな上海のレッドギャングテイラーたちは、サヴィル・ロウの美学を持ってきたイギリス人達に、

最初にサービスを提供したのです。

そしてアメリカ人達が来たとき、レッドギャングテイラーたちはアイビーリーグの感性にも適応したのです。

先進的な服の制作が、これらのより先進したエコノミーに浸透するにつれて、

日本人や韓国人、台湾人、そして最後には地元の中国人たちへとシフトして行きました。

おそらく、世界の他のどんなテーラリング産業と比べても、上海のレッドギャングは、

とても短い期間で多くのスタイル、テイストを見て、多くの変化を経験してきたと思います。

 

普通老百姓对于当时的上流社会则只是旁观者,他们对新来的洋人抱着既轻蔑又崇敬的态度。

“红毛”是当时人们对外国人的蔑称,而那些给“红毛”做西服的裁缝就被称为“红帮”裁缝。

上海的红帮裁缝最早从他们所服务的英国人那里认识到了萨维尔街的审美。

后来美国人来了之后,红帮裁缝又对常春藤风格有了感性的理解。

而当工业制衣在这些发达国家变得盛行起来时,红帮裁缝又将其重心转移至日本,

亚洲各地,最终回到了中国本土的顾客。

可能全世界其他地区的裁缝都没有像上海红帮裁缝一样,

在这么短的时间里见证了如此多风格与品位的更迭,又经历了如此多的沧桑变革。

 

Through decades of war and turbulence, few descendants of the Red Gang tailors from the period remained,

and the most famous and consistent of which is W.W. Chan & Sons,

a tailoring family that begin in Shanghai and is now operating primarily in Hong Kong and Shanghai.

Born in 1922, the founder of W.W. Chan, Chan Wing Wah left his hometown in Ningbo to apprentice in a Shanghai tailor shop at the age of 14.

Later when China was engulfed in civil war,escaping the social upheaval as well as following the footsteps of his customers,

W.W. Chan left for Hong Kong.

Taking his craft with him and working with his son, Peter Chan, the house of WW Chan & Sons was founded in the 1950’s,

and has since served the region for over half a century.

 

いくつもの戦争や混乱を経て、いくつかのレッドギャングのテーラーたちは今も残っており、

その中でもっとも有名なのが上海で始まったW.W. Chan&Sonsであり、現在は主に香港と上海で運営をしています。

1922年に生まれたW.W.Chanのファウンダーであるチャン・ウィン・ワーは、

14歳のときに上海のテーラーショップに弟子入りするため、故郷である寧波市を離れました。

後に中国が内戦に巻き込まれたとき、社会の変化から逃れ、そしてお客様達に着いて行くため、

W.W. Chanは香港に移ったのです。

技術を持ち寄り、彼の息子ピーター・チャンとともに働きながら、

のちに半世紀以上も続くW.W. Chan & Sonsの基礎が1950年代に完成したのです。

 

经过数十年的战争与动乱,只有少部分红帮裁缝传承至今,其中最为著名且始终如一的是W.W. Chan & Sons。

这家从上海起源的裁缝世家,如今主要在香港和上海经营。

W.W. Chan的创始人陈荣华出生于1922年,十四岁那年离开故乡宁波前往上海裁缝店学艺谋生。

随后当中国卷入内战时期,为了躲避社会的动荡,同时也是为了追随其客户的脚步,陈荣华来到了香港。

依靠着他的手艺,和他儿子Peter Chan一起于五十年代成立了W.W. Chan & Sons,自此便一直服务当地近半个多世纪。

 

110141_01_f02Left:Patrick Chu   Right:Arnold Wong

 

Today Peter Chan resides in Shanghai, and runs his tailor shop with his son Alex Chan.

Despite generating more business in Shanghai compared to Hong Kong, most foreigners came to know about W.W. Chan through their Hong Kong shop.

The current manager and head cutter Patrick Chu, learned his craft directly from Peter Chan.

For the past few years, Patrick has also been grooming his apprentice Arnold Wong.

Together they travel throughout the world, mostly to service existing customers, many of whom used to live and work in Hong Kong.

 

今日、ピーター・チャンは上海に拠点を置いていて、

息子のアレックス・チャンと自分のテーラーショップを経営しています。

上海でのビジネスの方が大きいですが、多くの外国人は香港のショップを通じてW.W. Chanを知りました。

現在のマネージャー兼ヘッドカッターであるパトリック・チューは、

ピーター・チャンから直接、彼の技を学びました。

ここ数年間で、パトリックは弟子のアーノルド・ウォンも育て上げました。

彼らは、かつて香港に住んでいたり働いていた既存のお客様へのサービスを中心に、

世界中を共に旅しています。

 

如今Peter Chan居住在上海,与他的儿子Alex Chan一起管理着裁缝店。

虽然上海店的订单比香港更多,但大多数外国人是通过香港分店了解到WW Chan的。

担任主理人,同时也是首席剪裁师的Patrick Chu是直接传承了Peter Chan手艺的衣钵。

在过去的几年里,Patrick也在不断悉心培养他的徒弟Arnold Wong。

他们一同会到世界各国去为客户提供服务,这些客户中有很多都在香港生活工作过。

110514_01_f02

As the owner of BRIO, a shop that is known for bringing classic European,

particularly Italian sensibility in men’s style to China, I am a strong believer of authenticity.

There are many tailors in China who are able to produce good quality clothing, but WW Chan is the only Chinese tailor I admire.

They have what I considered to be the three most important elements of a true tailor, which are heritage, experience, and quality.

I am proud to be working with them in my shop in Beijing starting this year,

and encourage the readers of The Rake Japan to visit WW Chan on their next trip to Hong Kong, Shanghai, or Beijing.

 

中国におけるメンズスタイルに、イタリアを中心としたクラシックなヨーロピアンスタイルを提供する

ブリオのオーナーとして、私は常に本物を求めています。

中国には、素晴らしい質の商品を作りだせる多くのテーラーがいますが、

W.W .Chanは私が尊敬する唯一の中国人テーラーです。

彼らは、真のテーラーにとって私が最も大切だと考えている、

伝統、経験、クオリティという3要素を備えています。

今年北京にオープンした私のお店で、彼らと一緒に働けていることを誇りに思っていますし、

The Rake Japanの読者が次に香港、上海、もしくは北京を訪れる際には、

ぜひともWW Chanに足を運ぶことをおすすめします。

 

BRIO是致力于将经典欧洲款式,尤其是意大利风格带到中国的一家店铺,作为店主的我深刻地相信真实正统的风格 。

中国有很多裁缝可以制作出高水平的服装,但是WW Chan是我唯一欣赏的中国裁缝。

他们拥有我认为一家真正的裁缝铺所具备的三大要素:传承,经验,与品质。

BRIO非常荣幸地能在今年开始与其合作,

同时我鼓励The Rake Japan杂志的读者有机会可以去香港,上海或是北京拜访WW Chan。

 

*special thanks to Jolin Zhuo for providing some of the source material for composing this piece.

 

BRIO BEIJING

ジョージ・ワン(王 潇潇  George Wang)

George1photo by Alan Wang

 

Dear readers of  The Rake Japan,

I am delighted to have this opportunity to share with you my observations of the rake style in China and beyond.

In the future, I hope to introduce to you the rakish men from China,

how classic style and elegance is being embraced by a new generation of Chinese,

and the role my shop BRIO plays in bringing about a change in aesthetics and consumption.

But for this inaugural post, I would like to introduce myself, and the story of my shop.

 

親愛なるザ・レイク日本版の読者の皆様。

この度、中国を中心にさまざまな国々のレイク スタイルに対する

私の意見を皆さんと共有できるこのような機会をいただけたことを大変光栄に思っています。

将来的には、中国のRakishな紳士たちや、中国のニュージェネレーションが

どのようにクラシックスタイルとエレガンスを表現しているか、

そして私のお店BRIOが、美学や消費に対する変革をもたらしていくなかで、

どのような役割を担っていくかをご紹介していければと思います。

ですが、今回のこの記念すべき第1回は、私自身のご紹介、そして私のお店のストーリーをご紹介したく思います。

 

亲爱的Rake Japan的读者们,我很高兴在此能够分享我对正在风靡中国与世界的潇洒风格的看法 。

在未来的文章中,我将会介绍来自中国的潇洒男士,谈谈新一代中国年轻人如何拥抱经典与优雅风格,

以及我的店铺-BRIO,在如何改变中国顾客的审美和消费观。

而在此开篇之序,我想先介绍一下我自己和店铺的故事。

 

George2photo by Alan Wang

 

It was in January 2010 that I first step inside the Atelier of Liverano & Liverano in Florence,

Italy, and thus began my adventure into the world of artisanal clothing.

After six years, it has been the most interesting journey I’ve ever taken in my life, although I’m no where near the end of it,

it has already led me to undertake the most meaningful work I could ever envisioned myself to be doing.

 

イタリアはフィレンツェにある、リヴェラーノ&リヴェラーノのアトリエに私が最初に足を踏み入れたのは、

2010年の1月のことでした。

そのとき、職人服の世界への私のアドヴェンチャーが始まったのです。

その6年間は私の人生で最も興味深い旅でしたし、まだまだ終わりの見えない長いものですが、

自分自身の想像を超える素晴らしい仕事に巡り合うことができました。

 

2010年当我第一次踏入意大利弗洛伦萨的Liverano & Liverano裁缝铺,

就开始了我探访服饰工匠世界的探索之旅。过去的六年成就了我此生最有趣的经历。

虽然依旧长路漫漫,但这经历已经引领着我开始从事一份自己所能想到最有意义的工作。

 

 

My career began in Finance, after finishing university in 2004,

I left the comfort of my California home and landed in the hustle and bustle of Hong Kong.

Being a formal British colony, the professional world in Hong Kong has a very strict sense of dress.

Almost everyone wore a jacket and tie to work, and the local tailoring industry offers a comprehensive range of solutions.

Besides the quick and inexpensive options, there are also esteemed tailoring houses such as W.W. Chan and Ascot Chang,

whose own histories stretch as far back as many of their Italian compatriots.

For any self-conscious man, it was easy and natural to get into bespoke tailoring in Hong Kong.

 

2004年に大学を卒業後、カリフォルニアの家を離れ、私のキャリアは香港のファイナンス業界で始まりました。

イギリスの植民地であったこともあり、香港のトップの世界の人々は、

とても洗練された着こなしに対するセンスを持っています。

ほとんどすべての人々がジャケットを纏い、ネクタイを締めて仕事に行きますし、

香港のテーラー産業は、幅広い選択肢を提供しています。

安価な選択以外にイタリアのテーラーに引けをとらない歴史を持っているW.W. ChanやAscot Changもあります。

自己意識の高い人がビスポークを選ぶのは自然な流れのように感じられます。

 

2004年大学毕业之后,我离开了位于加州舒适的家,前往拥挤喧嚷的香港投入了金融行业的工作。

历史上作为英属殖民地的香港,对职场环境的着装要求及其严格。

几乎所有人都需要穿夹克系领带去上班,而当地的裁缝行业也提供了非常广泛的解决方案。

除了那些快捷廉价的选择,也有像WW Chan和Ascot Chang那样知名的店铺,

他们的历史可以同许多意大利同行一样追根溯源到很久之前。

 

 

I have always loved Italian style since my youth.

Perhaps because I spent three months living in Florence when I was in my early twenty’s,

I felt a connection with Italy, and Italian culture since then.

Hong Kong may have offered an easy entry to bespoke tailoring,

but I knew I had to go to Italy to experience the ultimate in style and heritage.

By end of 2009 I had moved back to my birth city Beijing and started my own business.

I was no longer bound by the schedule dictated to me by an employer,

and thus found myself frequenting Florence and Naples visiting tailors and craftsmen.

Eventually this adventure culminated in the idea of setting up my own house of style,

a home in China for all the artisans I’ve come to know and love in my personal pursue.

 

私は若い頃から、イタリアンスタイルが大好きでした。

おそらく、20代前半の3ヶ月をフィレンツェで過ごしたからだと思います。

その時から、イタリアと、イタリアの文化になんだか縁を感じるのです。

香港は、ビスポークテーラリングに対して比較的気軽にチャレンジできる国だと思います。

ですが、そのスタイルと伝統の真髄を自分自身が経験するためには、

イタリアに行かなくてはいけないという自負があったのです。

2009年の終わりに、私は、生まれ故郷である北京に戻り、ビジネスを始めました。

誰かに雇われているわけでもないので自由に時間を使うことができた私は、

フィレンツェとナポリに入り浸って多くのテーラーや職人たちを訪ねました。

この旅が、今まで私が知り合ったすべてのアルチザンや自分自身の好みを凝縮した“故郷”を

中国に作ることを決心させてくれました。

 

我自幼热爱意大利风情。

也许是因为自己二十岁出头时在弗洛伦萨生活了三个月的缘故,从此就心系着意大利和其文化。

在香港要开始定制西服很便利,但我深知必须要到意大利去才能感受到最正统的风格与文化根源。

所以当我在2009年末回到故乡北京开始创业时,我的时间安排不用再受雇主的支配,

便开始频繁光顾弗洛伦萨和那不勒斯去拜访各种裁缝和手艺人。

终于,这趟探索之旅纵使我考虑开设属于自己在中国的精品店:我要为追寻极致的服饰过程中结识的手工艺人在中国安一个家。

 

 

The name of my shop is called BRIO, which in Italian means vigor and confidence.

To me, this word is the perfect embodiment of the ideal attitude for men.

It is with brio we must attempt to live our lives and tackle all the challenge that we face.

Here at BRIO we try to bring products that personify our value.

They are made by hand, with love, classically styled and meant to last and be cherished.

BRIO stands for many things that don’t fit right with the social attitude and commercial reality of China at the moment,

but little by little, in the smallest way, I hope we can bring about the positive change as we envisioned.

We are the future, right now.

 

私のお店は、「ブリオ」という名であり、イタリア語で、精神力や自信といった意味をもちます。

私にとって、この言葉こそ、男性が理想とすべき態度を完璧に表現していると感じます。

私たちは、この“ブリオ”とともに、それぞれの人生を歩み、

直面するありとあらゆるチャンスに挑戦していかなくてはならないのです。

BRIOでは、我々の価値を具現化する商品を取り扱うようにしています。

そのすべてはハンドメイドであり、愛が存分に込められていて、かつクラシックなスタイルであり、

長持ちし、かつ大切にされるように作られているのです。

BRIOはまだ中国の社会的態度や商業的な現実に受け入れられないものを持っていますが、

少しずつ、ポジティブな変化を起こせることを願っています。

我々は未来なのです。

 

店的名字叫BRIO,在意大利语中译为活力与自信。于我而言,这个词完美地诠释了男士应有的态度。

有了这份精神,我们才能活出精彩,去面对去完成一次又一次的挑战。

BRIO提供的产品能够彰显我们的价值观,这些手工作品是匠人们带着爱心,传承经典审美所打造的精品。

因此每一件都经得起时间的考验,值得被爱惜。

虽然我所宣扬的精神并不应顺当下中国的 社会态度与商业现状,但积少成多,我相信可以带来理想的积极影响。

BRIO来了,我们的未来触手可及 。