From Ethan Newton

2016年3月、原宿にカスタムメイド中心のショップBryceland’s CoをオープンさせたEthan Newton氏。
テーラードとヴィンテージもこよなく愛する世界屈指のウェルドレッサーが、気になる人、こと、モノをご紹介します。

Posts in the category

MENU

Ethan Newton(Bryceland’s Co)

  • In Tokyo
  • On Apr 11th, 2016
  • permalink

Bryceland’s Co

イーサン・ニュートン Ethan Newton

L1009299 - Version 2

Explaining who I am is a little difficult for me -I occupy a space that is primarily in my own head, and why I am is always more important that what or who I am.

I am Australian. I am 36.
I am someone who has had a close connection to Japan for some 16 years, and returning here is something of a homecoming.
I am a shop owner, I am a photographer, I am an author.
But the why is far more interesting.

私が何者なのかということよりも、なぜ私という人間なのか、ということが大切で、そのことを私は主に考えているから、

私自身がどんな人間なのかを説明するのは少し難しいです。

私は36歳のオーストラリア人であり、約16年間、日本に縁があるので、日本に戻るとなんだか故郷に帰ってきた気持ちになります。

ショップのオーナーであり、カメラマンであり、文筆家でもあります。

なぜ今日に至ったかのほうが興味深いでしょうから、今回はその理由をご紹介したいと思います。

 

My first exposure to the world of clothing in a meaningful way came with my older brother – we began buying vintage military for its cheap prices and easy access when I was around 13.

My mother, a very talented seamstress, gave me some instruction on how to play with it.

I studied fashion design with a primary interest in tailoring.

私がファッションに興味をもった最初のきっかけは、兄からの影響が大きいでしょう。

私たちは安くて簡単に買えるヴィンテージミリタリー アイテムの買い付けを始めました。

13歳のときです。裁縫がとても得意だった母は、私にその手ほどきをしてくれました。

そして、もともとテーラリングに興味があったため、ファッションデザインの勉強をしました。

 

I moved to Tokyo hoping to get some experience in the classic world of vintage American denim reproductions.

Working for Evisu in Daikanyama exposed me to a bunch of great guys, mostly ex Real McCoys, and I got to understand more and more about Function before Form.

The classics of men’s clothing and why some things work and why some don’t.

ヴィンテージデニムのレプリカを手掛けるクラシックな世界で経験を積もうと、東京に移りました。

代官山にあるエヴィスジーンズで働いたことで、素晴らしい人々(その多くは元リアルマッコイズ)に出会うことができました。

そして、見た目の前に機能が大事だということもより深く理解できまるようになりした。

 

I returned to Australia and worked for a shirt company.

I learned to make shirts from two lovely Portuguese ladies. I spent a lot of time looking at tie silks and british shirtings.

All the while I continued to collect old issues of Tailor & Cutter and other such books, and kept teaching myself about pattern making.

その後オーストラリアに戻り、シャツメーカーで働きました。

そこでは、2人の素敵なポルトガル人女性がシャツの作り方を私に教えてくれました。

そしてネクタイ用のシルクやイギリス製のシャツ生地を見ながらたくさんの時間を過ごしました。

その間も、『Tailor & Cutter』などの古い本を集め続け、独学でパターンメイキングを勉強しました。

 

A friend recommended me to a couple of guys who were setting up a store in Hong Kong, and who needed the help of someone who had experience in running retail shops.
I went to Hong Kong for a couple of months and helped them get set up, and when they asked me to come back permanently and be a partner in the business, it felt like a natural fit.
We had a couple of great years and did some fairly interesting stuff.
Those guys continued to grow in their own direction, they evolved the business we had made in to something really interesting.

ある日、友人が、香港にショップをオープンしようとしている2人の男性を紹介してくれました。

彼らはお店の経営経験がある人を探していて、私は香港へ行き、数ヶ月間、その立ち上げを手伝ったのです。

しばらくして、これからもずっとここでビジネスパートナーとして一緒にやっていけないか、彼らが私に尋ねてきたとき、

私にとってそれはごく自然なことであり、一緒にやっていくことにしました。

私たちは、何年か素晴らしい時間を過ごし、とても面白いことを成し遂げました。

彼らは、今も自分たちの方法で、成長し続けていて、我々が作ったビジネスを実に面白い方向に進化させています。

 

I also met the older brother of a little Jewish guy from Brooklyn who had a great brand.

He asked me to go meet the boss, so I went to NY and had a conversation with him and decided to join his company.

It showed me that living someone else’s dream doesn’t work.

その後、私はブルックリン出身の素晴らしいブランドで働いているユダヤ人の親友に会いました。

彼からボスに会いにニューヨークへ行かないか、と誘われたため、私はニューヨークへ行き、彼と話しました。

そして、彼の会社に入ることに決めたのです。

しかし、他の誰かの夢のなかで生きることは、私にとって意味がないことだと気づいたのです。

 

So I chucked it all in and moved to Japan again, and with a friend we started Bryceland’s.

We want to offer great clothing, but primarily custom made.

Its better for the world if we only make what we need.

だから、すべてをやめ、私は再び日本へ戻ってきて、友人とブライスランズを始めたのです。

私たちは、主にカスタムメイドを中心とした素晴らしい洋服を提供したいと思っています。

人々が必要なものだけを作ることが、世界にとってよいことだと思うのです。

 

We want to support the makers we work with. And we want to offer clothing for men that looks like its for men.

Elegant and proportional, like the suits Jimmy Stewart of Fred Astaire would wear.

Nothing overly short or overly tight.

A minimum of branding, if any at all. Fabric that will get better with age, and doesn’t make your eyes bleed when you see the cost per metre.

Things made by the people we buy it from, the people who come to our store, drink coffee with us and get to know our customers.

私たちとともに働く職人さんたちをサポートしたいとも思っています。

その人のためだけの服のように見える服を人々に提供したいのです。

エレガントで、バランスがとれた、フレッド・アステアやジミー・ステュアートが着ていたスーツのように。

短すぎたり、タイトすぎたりすることもなく、ブランド戦略もなく、あったとしてもわずかなものです。

年月とともに味わいが増していくような、メーター単価を見ても目が充血しないような生地を用いてね。

そして、私たちが普段から取引している人たちが作った、ごく普通の紳士服を扱いたいのです。

お店には、気軽にお客さんが足を運んでくれて、コーヒーを飲みながらお客さんのことを知ることができるのが理想ですね。

 

In service to others I find the most joy.

Owning a beautiful store on a quiet street of Jingumae, I hope I can continue to help my customers find elegance, value and satisfaction in a beautiful wardrobe, for years to come.”

人をもてなすことは、私に喜びをもたらします。

神宮前の静かな通りに店を構えたことによって、これから先ずっと、私のお客様達が、エレガンスに出会い、

価値があって満足してもらえる素敵な服を見つけるお手伝いができれば本望です。

unnamed

Bryceland’s Co

3-15-4 Jingumae Shibuya-ku, Tokyo