Entertainment

THE RAKE編集部より、今最も感性を刺激する、旬のエンタメ情報をお届けします。

MENU

ベースの、スラップ奏法をご存知ですか?チョッパーとも呼ばれる、弦を叩くように弾く演奏法。

その開祖といわれている超ファンキーおじさん、

ラリー・グラハム(御歳70歳)がもうすぐ来日します。

【チケットプレゼントはこのページの最後に!】


Billboard JAPAN Party × SUMMER SONIC Extra

ラリー・グラハム & グラハム・セントラル・ステーション

TOKYO公演…8月25日(木)〜26日(金)

OSAKA公演…8月23日(火)

●ビルボードライブOfficial Website

http://www.billboard-live.com/

Larry Graham

↑中央の方です。ポーズもノリノリ絶好調。

60年代後半、全盛期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンで

ベーシストを務めていたのが、このラリー・グラハム。

73年に自身で「グラハム・セントラル・ステーション」を結成、

ブーツィー・コリンズや、レッチリのフリー、細野晴臣などなど、

多くのミュージシャンに影響を与えたファンク史の最重要人物なのです。

80年代以降はベースだけでなく、シンガーとしても活動を開始。

先日亡くなったプリンスのツアーサポートや、ブリンスをゲストに迎えたアルバムも発表しています。

そんなラリー・グラハムのダイナマイト・ステージ東京公演に、

2組4名様をご招待します!

下記の応募方法をご確認の上、ぜひご応募ください。


ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション 東京公演
対象日程:2016年8月25日(木)
対象ステージ: 1stステージ開場17:30 開演19:00
招待人数:2組4名様
締め切り:2016年8月15日(月)


【応募方法】
THE RAKE 公式Facebookアカウント(https://www.facebook.com/therakejapan/

へ、「ビルボードライブチケット応募」と明記し、直接メッセージをお送りください。

※当選者の発表は、当選者へお送りするダイレクトメッセージを持って代えさせていただきます。当選者の方にはダイレクトメッセージを通じてご連絡させていただきます。その際に、お名前・ふりがな・電話番号を伺い予約を完了いたします。

映画『AMY エイミー』

  • In CINEMA
  • On 7月 15th, 201615日
  • permalink

「27クラブ」という言葉をご存知でしょうか?

才能あるアーティストやミュージシャンたちが、不思議なことに皆27歳で他界しているというジンクスです。

ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、カート・コバーン…etc.

その最も最近の例といわれているのが、2011年に他界したジャズシンガーのエイミー・ワインハウス。

今日は、そんな彼女のあまりにも生き急いだ生涯を描いたドキュメンタリー映画をご紹介します。


『AMY エイミー』

Mandatory Credit: Photo by James McCauley/REX (679380o) Amy Winehouse Vodafone Summer Series, Somerset House, London, Britain - 20 Jul 2007

©Rex Features


エイミー・ワインハウスは、ミック・ジャガーやトニー・ベネットにも認められ、

レディー・ガガやアデルからもリスペクトされた、言わずと知れた天才シンガー。

10代でレコード会社と契約し、2003年にデビューすると、あっという間にブレイクしました。

Mandatory Credit: Photo by Ken McKay/REX (671141h) Amy Winehouse 'Parkinson' TV Programme - 16 Jun 2007©Rex Features

映画は、彼女が14歳のときの映像から始まります。

友人の誕生日パーティーでバースデーソングを歌った時の様子。

14歳とは思えない、そのすでに成熟した歌声に圧倒されます。

でもその振る舞いはいたって普通の女の子。ここから波乱の人生が待ち受けているとは想像できません。

サブ2(C)Nick Shymansky Photo by Nick Shymansky

©Nick Shymansky Photo by Nick Shymansky

世間の注目を浴びた後、問題発言や行動を繰り返す彼女は恋愛と酒と薬物に溺れ、

パパラッチはあとを追い回します。


「私を知れば世間は理解するはずよ。私は音楽しか才能がない人間だって。

だから放っておいて。音楽をするから。音楽をする時間が必要なの」


ステージ上にもかかわらず朦朧としたり、ロレツの回らないMCをしたり。

やがて心も身体もボロボロに蝕まれていきます。

最終的にはライブを中止するほど歌えなくなっていった彼女。

スクリーンで繰り広げられる展開が、実際の映像であることを忘れてしまうほどに辛い顛末を迎えます。

なぜ彼女は「27クラブ」入りすることになってしまったのか。


残された記録映像、貴重なプライベート動画、

彼女の歌声、直筆の歌詞を交えながら、その本当の意味や深い心理を描写。

特に、憧れだったトニー・ベネットや、ラッパーのモス・デフらとの交流は必見です!

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞をはじめ、世界で40冠以上を受賞したこの傑作。今週末公開です。


『AMY エイミー』
監督:アシフ・カパディア
出演:エイミー・ワインハウスほか

配給:KADOKAWA

7月16日(土)より、
角川シネマ有楽町、ヒューマントラスト シネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国公開

●公式サイト
http://amy-movie.jp/

●予告編リンク
https://youtu.be/VNS-xMPGccM

●日本版オリジナルサウンドトラック

プリント

劇中のオリジナル曲はもちろん、貴重なライヴ音源やトニー・ベネットとのデュエット曲も収録!

価格:2,700円(税込) UICY-15525

http://www.universal-music.co.jp/amy-winehouse/products/uicy-15525/

Marlena Shaw LAST TOUR IN JAPAN

  • In MUSIC
  • On 5月 30th, 201630日
  • permalink

レア・グルーヴのディーバ、マリーナ・ショウをご存知ですか?

幅広い音楽を縦横無尽に表現する、その豊かな歌声で

ジャズのみならず、ソウル系のファンからのリスペクトも高く、

ヒップ・ホップでのサンプリングネタとしてもかなりの頻度で取り上げられています。

40231

Marlena Shaw / Who Is This Bitch Anyway?

あまりにも有名な名盤中の名盤、誰しもこのクールなジャケットを目にしたことがあるのでは?

アルバムはストーリー展開されていて、全体の統一感も素晴らしいです。

代表作といえばもちろん、ロバータ・フラックの名曲カバー『Feel Like Makin’ Love』。

全盛期にも増してライブ活動を精力的に続けてきた彼女も、もう御年73歳。

そのマリーナ・ショウが今年も来日します!

しかもなんと、今回が最後の日本公演。

P15505999

(↑写真は、昨年の来日公演。トークもセッションも意外(?)なほどにお茶目)

マリーナ・ショウの歌声は人を明るく幸せな気持ちにさせてくれます。

それは言葉では表現できない不思議な魅力。

P15600688

最後の日本公演のメンバーはやっぱりこの方々。

この名盤『フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ』で共演した面々です。

キーボードはラリー・ナッシュ、ドラムはハーヴィー・メイソン。

そして仰け反り確実なデヴィッド・T・ウォーカーのギターテクに、

チャック・レイニーの怒濤のベースが唸る!

全音楽ファン感涙の超豪華ミュージシャンのプレイ、

そしてファンキーでソウルフルな姐御の、

ラストの生歌声を絶対に見逃すわけにはいかないでしょう。


Marlena Shaw LAST TOUR IN JAPAN
featuring Chuck Rainey, David T. Walker,Larry Nash, Harvey Mason
“Who Is This Bitch Anyway?”

TOKYO公演…7月28日(木)〜30日(土)

OSAKA公演…7月25日(月)〜26日(火)

●ビルボードライブOfficial Website

http://www.billboard-live.com/

突然ですが、THE RAKEの読者の皆さんは、仕事を楽しんでいますか?

初回となる今日は、全力で仕事を楽しむ、とあるカリスマシェフを追いかけた

とっておきのドキュメンタリー映画をご紹介します。


『ノーマ、世界を変える料理』

main

Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

彼の名前は、レネ・レゼピ。

2003年、デンマークのコペンハーゲンに、弱冠25歳で

レストラン「ノーマ」をオープンさせた、カリスマシェフです。

彼がこだわったのは、北欧の食材のみを使用すること。

蟻や苔など、一般的には考えられない独創的な食材を使って、

まるで北欧の自然を凝縮したかのような、

サプライズに満ちたひと皿を提供しています。

sub3

sub14

©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

このレストラン「ノーマ」、食好きの読者なら一度は耳にしたことがあると思います。

古い倉庫を改装し、テーブルクロスや銀食器を使わない斬新なスタイルと、

既成概念にとらわれない独創的な料理で、世界中の美食家やマスコミを虜にしました。

実際、2010年、2011年、2012年と、3年連続で「世界ベストレストラン50」の第1位に輝いています。

しかし、とあるきっかけで、2013年に2位に転落してしまいます。

この映画では、2014年に再び世界一を手にするまでの挑戦と復活の道のりを追いかけます。

sub2

Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

「ベストを尽くしてる?」
「仕事を楽しんでいる?」

彼は世界中から集まるスタッフたちに問いかけます。

いつも新メニューについてのアイデアを出し合ったり、

仕事に対する考えをぶつけあったり。

料理がどんなに斬新であろうとも、チームのやりとりは実に人間臭い、古典的なやりとり。

映像から漂う空気と言葉のひとつひとつに、

血のにじむような地道な努力と、まっすぐなチャレンジ精神を感じます。

チーム全体が一丸となって熱狂しているのです。

sub7

Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

この映画を観た後、誰もが自身について考える事があると思います。

ぜひ、映画館に足を運んでみてください。


『ノーマ、世界を変える料理』
監督:ピエール・デュシャン
出演:レネ・レゼピほか
新宿シネマカリテ(公開中)ほか全国順次公開
配給:ロングライド

●公式サイト
http://www.noma-movie.com

●予告編リンク
https://www.youtube.com/watch?v=XQzy1p2o1hk