Entertainment

THE RAKE編集部より、今最も感性を刺激する、旬のエンタメ情報をお届けします。

MENU

Marlena Shaw LAST TOUR IN JAPAN

  • In MUSIC
  • On 5月 30th, 201630日
  • permalink

レア・グルーヴのディーバ、マリーナ・ショウをご存知ですか?

幅広い音楽を縦横無尽に表現する、その豊かな歌声で

ジャズのみならず、ソウル系のファンからのリスペクトも高く、

ヒップ・ホップでのサンプリングネタとしてもかなりの頻度で取り上げられています。

40231

Marlena Shaw / Who Is This Bitch Anyway?

あまりにも有名な名盤中の名盤、誰しもこのクールなジャケットを目にしたことがあるのでは?

アルバムはストーリー展開されていて、全体の統一感も素晴らしいです。

代表作といえばもちろん、ロバータ・フラックの名曲カバー『Feel Like Makin’ Love』。

全盛期にも増してライブ活動を精力的に続けてきた彼女も、もう御年73歳。

そのマリーナ・ショウが今年も来日します!

しかもなんと、今回が最後の日本公演。

P15505999

(↑写真は、昨年の来日公演。トークもセッションも意外(?)なほどにお茶目)

マリーナ・ショウの歌声は人を明るく幸せな気持ちにさせてくれます。

それは言葉では表現できない不思議な魅力。

P15600688

最後の日本公演のメンバーはやっぱりこの方々。

この名盤『フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ』で共演した面々です。

キーボードはラリー・ナッシュ、ドラムはハーヴィー・メイソン。

そして仰け反り確実なデヴィッド・T・ウォーカーのギターテクに、

チャック・レイニーの怒濤のベースが唸る!

全音楽ファン感涙の超豪華ミュージシャンのプレイ、

そしてファンキーでソウルフルな姐御の、

ラストの生歌声を絶対に見逃すわけにはいかないでしょう。


Marlena Shaw LAST TOUR IN JAPAN
featuring Chuck Rainey, David T. Walker,Larry Nash, Harvey Mason
“Who Is This Bitch Anyway?”

TOKYO公演…7月28日(木)〜30日(土)

OSAKA公演…7月25日(月)〜26日(火)

●ビルボードライブOfficial Website

http://www.billboard-live.com/

映画『AMY エイミー』 arrow-right
Next post

arrow-left 映画『ノーマ、世界を変える料理』
Previous post