Entertainment

THE RAKE編集部より、今最も感性を刺激する、旬のエンタメ情報をお届けします。

Posts in the 未分類 category

MENU

黒人が生んだ偉大な音楽・ジャズの世界で、

甘いマスクと中性的でアンニュイな歌声で一世を風靡した

天才白人トランペッター、チェット・ベイカー。

この映画は、人気絶頂の彼がヘロイン中毒に陥り、

そこから復帰に向けた苦悩、

そして一人の女性と出会い、再生する姿を描いたラブストーリーです。


ブルーに生まれついて

main

チェット・ベイカーを演じるのは、名優イーサン・ホーク。

若い頃からルックスだけでなく確かな演技力で人気でしたが、

いい感じに歳を重ねて、近年ますます俳優として評価されていますね。

『6歳のボクが、大人になるまで。』での12年もの撮影期間による演技で

オスカーノミネートも記憶に新しいところ。

sub1

イーサン・ホークはこの映画のために半年に及ぶトランペットの

集中トレーニングをこなし、さらに劇中では

『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』などの名曲で歌を披露。

息を飲むような空気感、チェット・ベイカーを痛いほどに感じる

その美しくも切ない旋律と歌声は圧巻。

観る者の心を掴んで離さない、鳥肌必至の名シーンです。

sub2

残酷で悲しいのに、美しく聴こえる彼の音楽は、

彼の人生そのものを映し出しているのかもしれません。

観終わった後に改めてチェット・ベイカーの音楽を味わいたくなる名作。

今週末から公開です。


『ブルーに生まれついて』

監督:ロバート・バドロー

出演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴほか

サウンドトラック:ワーナーミュージック・ジャパン

配給:ポニーキャニオン

11月26日(土)より、

Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.

●公式サイト

http://borntobeblue.jp/

●予告編

https://youtu.be/ysXU-9eiINA