From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

MENU

Henry Lloyd-Hughes(Actor)

  • By edit
  • In London
  • On Mar 25th, 2016
  • permalink

ヘンリー・ロイド=ヒューズ Henry Lloyd-Hughes

DSC08173-tc

Photography: Mark Cho

 

Suit: W.W. Chan

Lapel Chain: The Armoury  online

Pocket square : Drake’s  online

Tie: Peckham Rye  similar  similar2

Watch: Omega Speedmaster

 

Introduction from Mark Cho

I met Henry through a friend of mine in Hong Kong, while he was taking a break from filming his show, Indian Summers, in Malaysia.

It turned out he had gone to the same high school in London as I did, two years below me so I didn’t know him at the time.

Maybe because we should have crossed paths so early on, I feel like we have endless catching up to do.

ヘンリーには、香港で友人を通じて知り合いました。

ちょうどマレーシアでの撮影の合間に香港に遊びに来ているところでした。

話をしていくうちにロンドンで同じ高校の同窓生であることがわかりました。

彼が2学年下なので、学生の頃は知り合いではなかったのですが、

随分前に共通した体験をしていたためか、話題は尽きませんでした。

 

Henry is a talented actor, so it makes me very happy to see him doing so well.

Finding success is difficult, filled with stress and rejection along the way.

However, Henry’s happy positivity and grounded confidence give him a great deal of resilience,

and I feel it comes through in his clothing, which is always eclectic and difficult for most people to wear,

but a very true representation of him.

ヘンリーがプロの俳優として活躍しているのをとても嬉しく思います。

仕事で成功するには、ストレスや失敗を乗り越えなくてはいけない厳しさがあります。

しかし、ヘンリーのポジティブで根拠ある自信が彼の強さを支えています。

私は彼の服装を通してそのことを感じ取りました。

いつも幅広いジャンルの、万人向けではない服装をしていて、とても自分らしさを表現していると思います。

 

The suit Henry wears is dark plum colour.

It is a difficult colour to wear but when worn well and in the right tone, looks fantastic.

Given the unusual colour, I think it’s best with very simple accessories. It is one of my favourite colours too!

ヘンリーが着ているスーツは 濃いプラム色で、着こなしは少し難しいですが、コーディネートが上手くいったときはとても格好良く見えます。

個性的な色なので、シンプルな小物を合わせると良いと思います。私がとても好きな色の一つでもあります!

 

 

<Q& A>

1. Briefly, what do you do? What were you doing before?

お仕事は何ですか?また、以前は何をされていましたか?

 

I am an actor, but I’m an enthusiast for plenty of things that divert my attention away from the world of acting.

In terms of things I’ve been paid to do over the years: I’ve been a gardener, shopkeeper, music writer, and clothes designer. I am no stranger to moonlighting.

 

私は俳優ですが、演技以外にも他にもいろいろなことに興味があります。

お金をもらった仕事としては、庭師をしたり、お店で働いたり、音楽を作ったり、服のデザインをしたりしました。

アルバイトには親しみがありますよ。

 

 

2. I very much like your style and would not have realized that you are in fact colourblind.

I always find your combinations interesting.

How do you see your clothing?

Does it have to be a combination of items, so that you can see contrast and transition, or are you able to evaluate items individually?

あなたのスタイルがとても好きで、見た目からは色盲だということは全くわかりませんでした。

いつも面白いコーディネイトをされていますよね。

あなたの目には服はどのように見えていますか?

組み合わせてみて色の対比や移り変わりを見る必要がありますか?

それとも、それぞれのアイテムを単品で評価することができるのでしょうか?

 

Hugely chuffed you say you like my style Mark.

You’re always really well put together, managing to look smart and comfortable in equal measure which is a great skill, so kudos to you.

Yes colour-blindness was something I found out about during a medical at junior school.

A lot of colours, greens and browns for example, I’ve normally shied away from as I find them hard to read.

I favour bold colours, lots of contrast usually, to make things pop, rather than tonal shades. Layering and contrasting textures are also key for me.

Taking dressy tailored elements and combining them with something coarser. I’ve got a foot in both camps, the flamboyant and the tough.

私のスタイルが好きだと言ってもらえて、とても嬉しいです。

マークはいつも素敵な装いをしていて、しかも着心地がよさそうに見えますから、スキルが必要とされることですよね。すごいです。

色盲だということは、こどもの時に学校の身体検査で発見されました。

緑色や茶色など、多くの色は見分けが付きにくいので避けるようにしています。

同系色を使うよりも、強い色味で、ハッキリしたコントラストがつけられるものを好みます。

レイヤー使いや様々な触感の生地を組み合わせることもポイントです。

ドレッシーなテイラードの服とラフなものを一緒に着ます。

私のスタイルはハデハデしさとタフさを掛け合わせたものです。

 

 

3. We talked a bit today about vanity and it’s influence in our lives, especially since we both work in industries that place an emphasis on appearance.

Vanity: A necessary evil? An evil at all? A natural part of being human?

お互いに見た目に重きを置く業界の仕事をしていることもあり、虚栄心と、その人生に対する影響について話し合いました。

虚栄心とは必要悪でしょうか? そもそも悪でしょうか?

それとも人間誰でも当たり前に持っているものだと思いますか?

 

On a technical level vanity is the enemy of acting. If you’re feeling overly concerned with what you look like you’re not at the races.

This is juxtaposed with an industry that is always focusing on what you look like!

As we were talking earlier it’s important to strike a balance between being an enthusiast for clothes and style and not being defined by only aesthetic things.

You’re a multi-faceted guy, and a bright person so i wouldn’t imagine you could get lost down a rabbit hole of self-absorbed selfie-dom.

I try to keep a lid on that, and separate the work I have to do in the public sphere from who I am day to day.

In that public side of the business I’m a salesperson selling a product like any other.

Then I go home and I close the briefcase and put the samples away!

Sometimes I’ll dress up more for myself than I would for a work event, because that’s me expressing myself as myself.

It’s important to try and work out where the line is.

技術的な面では、虚栄心は演技の敵です。自分の見た目が気になりすぎるのなら、俳優としては話になりません。

見た目を気にすることと並行して、とても大切なことです。

先ほど話し合っていた通り、服やスタイルに情熱を傾けていても、モノだけに価値を置くようにならないようバランスを取ることが大切ですよね。

あなたは聡明ですから、自己愛の穴に落ちて迷子になってしまうようなことはないと思いますが。

私もそういった部分には蓋をして、公式の場で行う仕事と、自分の毎日の生活は分けるようにしています。

仕事の面では、他の仕事をしている皆さんと同じように、商品を売ろうとしているセールスマンです。

そして家に帰ったら、ブリーフケースを閉じてサンプルを片付けます。

時にはプライベートの時間に、仕事のイベントに行くよりも更にお洒落して出かけることもあります。

これは仕事のためではなく、自分のために、自分を表現しようとしての行動です。

どこで線引きするのかを判断するのが重要だと思います。

 

 

4. To me, you are a quintessential Londoner and you’ve been a resident of Hackney for a while now.

Tell us a bit about the neighbourhood, what you like about it, what’s worth visiting, etc.

私から見ると、あなたは真のロンドン人です。ハックニー地区にもう長いこと住んでいますね。

この地域について、気に入っているところや訪問すべきところなどを教えてください。

 

Yes I feel like a Londoner first and foremost, 3rd generation which is surprisingly not as common as you’d think.

The East End has been home to me for the last 10 years, but I wanted to live here since I was a teenager.

I would spend every weekend night and day in Hoxton and Brick Lane.

I moved as soon as I could. When I’m away with work I miss London a lot; especially Hackney and the East End.

For me architecturally, culturally it has the best mixture of all the things that make London unique.

If someone had one day in London I would tell them to find the Regents Canal and just keep walking East, it’s all good.

そうですね、私は自分が何よりもロンドン人であると思っています。

私が3代目なのですが、これは思ったより少ないんですよ。

イーストエンドには10年間住んでいますが、ティーンエイジャーの頃からずっとこちらに住みたいと思っていました。

毎週末ホクストンやブリックレーンで昼夜を過ごしていて、できるようになったらすぐに引っ越しをしました。

仕事でロンドンから離れていると、ロンドン、特にハックニーやイーストエンドが恋しくなります。

イーストエンドには、ロンドンを独特の街にしている建築や文化のミクスチャーの一番いいところがあると思います。

誰かがロンドンで1日自由時間があるとしたら、リージェンツ運河を見つけて運河沿いをずっと東方面に歩いていったら、もうバッチリですよとお勧めしたいです。

 

 

5. You have a pet interest in a very particular type of clothing, could you elaborate?

特定のタイプの服に興味があるとのことでしたが、具体的に説明してくださいますか?

 

I’ve always had a collection of vintage clothes (I’ve always got too many!) something that came from that and my experiences playing sport is a project I’m cooking up to do with vintage inspired sportswear.

I’d like to build something special for those that like the feel and quality of the old stuff.

昔からずっと古着のコレクションをしていて(量が多すぎです!)スポーツをしていたこともあり、

ヴィンテージ風のスポーツウェアのプロジェクトを準備中です。

古いモノの雰囲気やクオリティが好きな人たちのために、何か特別なものを創りたいと思っています。

 

Henry can currently be seen starring in Indian Summers, in the UK.

ヘンリーは現在、英国のドラマ『インディアン サマーズ』に出演中です。

Simon Crompton(Permanent Style)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 19th, 2016
  • permalink

Permanent Style  Founder

サイモン・クロンプトン Simon Crompton

 DSC07814-tc

Sartoria Solito jacket, green with purple windowpane check, from Escorial

Denim shirt from Luca Avitabile

Navy grenadine tie from Drake’s

White linen hank from Simonnot Godard

 

 

<Q&A>

1)Can you give a brief history of your blog?

あなたのブログの経歴を簡単にご紹介ください

 

Permanent Style started 10 years ago as an exploration of quality in tailoring. I was buying my first expensive suit and wanted to know what I was spending my money on.

パーマネント・スタイルは10年前にテイラーリングの品質を紐解くことをテーマに設立されました。

その頃、自分の初めての高価なスーツを購入するところで、何の対価を支払っているのか知りたかったのです。

 

To a certain extent, that’s still what I do: my latest book, The Finest Menswear in the World, is an examination of quality in all areas of menswear.

The difference now is that I’m able to tour the world and see the factories myself, rather than just surreptitiously looking at stitching in high-street shops.

ある意味、今も同じことをしています。

私の最近の著作「The Finest Menswear in the World」は、メンズウェアのすべての領域で品質検査をしています。

昔は商店街の店でステッチをじっと見ていましたが、今では、世界をめぐって自分自身の目で工場を見ることができます。

 

In those 10 years the blog has grown enormously – which has been very satisfying, if a little bewildering.

We have our own events, books, products.

Every day men say they find the writing inspiring, which is probably the nicest aspect.

過去10年でこのブログは大きく成長し、それにはとても満足していますが、少し目まぐるしくもあります。

オリジナルのイベントがあり、本も商品もあります。

毎日、多くの男性からブログの内容についてお褒めの言葉をいただけるのが一番嬉しいことです。

 

 

2)What do you prefer, Italian or British tailoring?

イタリアと英国のテイラーリングではどちらが好きですか?

 

I don’t have a preference really.

Each has its place in different lifestyles.

English tailoring will always look stronger, sharper, more dashing.

I’d always wear an English suit to a big meeting; I’d never have an Italian tuxedo.

特にどちらを好むということはありません。

異なるライフスタイルの中でそれぞれの場所があります。

英国の仕立てはいつもより強く、シャープで颯爽としています。

大きな会議にはいつも英国のスーツを着ますし、イタリアのタキシードを着ることはありません。

 

But the various forms of Italian tailoring fit better into most lives today – it’s soft and malleable, easy to wear and not too formal.

I still hear Savile Row tailors recommend these structured tweed jackets ‘For the weekend, Sir’ and it baffles me.

Do they really think that level of structure works with casual shirts and jeans?

It doesn’t even look good without a tie.

しかし、今日の生活スタイルには、イタリアの仕立てのほうがしっくりくることも多いでしょう。

柔らかくてよく馴染み、フォーマル過ぎなくて着やすいものです。

未だにサヴィル・ローのテーラーからはかっちりとしたツイードジャケットを「これは週末用です」というコメントを聞きますが、困惑してしまいます。

本当にあんなにかっちりしたジャケットがカジュアルなシャツやジーンズに合うと思っているのでしょうか?

ネクタイをしないと見栄えがあまりよくなくなるようなジャケットです。

 

 

3)Sometimes, I feel the “rules” are used more to beat people over the head than as guidelines to understand aesthetics. What do you think?

ときどき、「ルール」が美意識を理解するためのガイドラインというよりも、他の人を貶めるために使われているように感じます。

あなたの意見はいかがですか?

 

I agree – that’s certainly how they’re used, which is a shame.

I guess men do it because rules are easy to understand and latch onto.

Style isn’t easy, and rules provide a refuge.

私もそう思います。確かにそのような使い方をされていて、恥ずべき事だと思います。

ルールは理解するのも、それにしがみつくのも簡単だからでしょうか。

スタイルは簡単ではありませんし、ルールが逃げ場を提供してくれるのでしょう。

 

Style rules are like rules for good writing.

They all contain an element of truth, but none are absolutes.

There’s a reason your English teacher told you never to start a sentence with ‘and’. But that doesn’t mean great writers don’t do it.

スタイルのルールは、うまい文章のルールと同じようなもので、真実の要素を含んでいますが、絶対というものはないのです。

国語の先生に「それと」という言葉から文章を書き出してはいけない、と言われても、素晴らしい文筆家がそれをしないとは限りません。

 

I think the best quote on this is from Picasso: “Learn the rules like a pro, so you can break them like an artist.”

ピカソの言葉、「プロのようにルールを学び、芸術家のようにそれを破れ」がそれをよく表現していると思います。

 

 

4)How do you feel about the comments you receive to your blog posts?

Do you feel there is good discussion developing?

Do people nitpick? Do you feel motivated when receiving very positive comments? Disappointed with negative comments?

ブログに対してのコメントについて、どのように感じていますか?

よい議論が生まれていると思いますか?

それとも重箱の隅をつつきあうようなことになりますか?

前向きなコメントを受け取ったときはやる気が出ますか?

ネガティブなコメントにはがっかりしますか?

 

Good question. I’ve always liked receiving comments because it gives me an immediate connection to readers.

It means I know what they want to read and what they don’t – like any good product design, if you only develop in reaction to customers, you can’t go far wrong.

良い質問です。読者の方と直接つながれるので、コメントを受けるのは大好きです。

読者の方たちが何を読みたがっているか、何を読みたくないかがわかります。

どんな商品開発でも同じように、お客様のコメントに反応して展開していけば、間違いはないでしょう。

 

The commenters also live in something of a benevolent dictatorship.

I only publish things that are substantial – that provide useful information to others.

If people just say they like a product, I’ll push them to specify why. If two readers get in an argument, I’ll cut it off quickly.

コメントしてくれる方たちは、あるいみ善意の独裁制度の中にいます。

他の読者にも有意義な情報が含まれているコメントだけを公表します。

もし、特定の商品が好きだというコメントを受け取ったら、その理由を具体的に述べてもらえるように促します。

もし2人の読者がケンカになったら、すぐにそれを止めます。

 

And I try to direct people to comment on relevant posts, so that their questions and experiences do build up a reference source over time.

I love how many people come across old posts (God bless Google), read it and all the comments, and then either add their recent experiences or ask a new question.

It’s not quite a Wiki, but it’s not far off.

また、それぞれ関連性のあるブログエントリにコメントしてもらえるように誘導しますので、

読者の方たちの質問や経験談は時間を経て参考資料になっていきます。

たくさんの方々が、古いエントリを読んで(グーグルに感謝)、それについているコメントをすべて読み、

さらに最近の経験を書き足したり、新しい質問を投げかけたりすることが大好きです。

ウィキペディアにはかないませんが、それに近いものにはなっていると思います。

 

http://www.permanentstyle.co.uk

It’s one of the most read English blogs in the world
世界で一番読まれている、英語で書かれたブログの一つです。

Robert Spangle(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 2nd, 2016
  • permalink

PHOTOGRAPHER

ロバート・スパングル Robert Spangle

image1

<Mark Choさんからの紹介文>

Each time I meet Rob, I can’t help but notice how many shirts he wears in one outfit.

One under, one over, sometimes one tied around his waist. It is unusual but it suits him.

His style is relaxed and worn-in, with some unexpected details.

I am impressed by his curiosity and open mindedness.

He is always wanting to explore his own ability and pursue his interests, which led him down the interesting path he has taken so far.

 

ロブに会うたびに、一度に何枚シャツを着ているのか、つい見てしまいます。

下に一枚、上に一枚、そして時にはウエストに巻いている一枚。

珍しいスタイルですが、彼に似合っています。

リラックスして、こなれた感じの着こなしをしていて、予想もしなかったようなディテールがいくつかあります。

彼の旺盛な好奇心と柔軟さに感動させられます。

いつも自分の能力に挑戦し、興味のあることを追求しているため、かなり面白い経歴の持ち主になりました。

 

<Q&A>

1)

What are you wearing?

何を着ていますか?

 

My wardrobe is a mix of tailoring and workwear that’s easy to travel in.

If I wear one outfit more than anything else is laceless brogues, selvage denim jeans, some layered bespoke shirts from

Luca Avitabile, and a beat up Barbour international jacket.

私のワードローブは、テーラードと旅行向けのワークウェアが混在しています。

他よりも多く着ている組み合わせは、紐なしのブローグシューズと赤耳付きのジーンズ、

ルカ・アヴィタービレのビスポークシャツを何枚か重ね着し、使い古したバブアーのジャケットです。

 

2)

What are you shooting with?

何を使って撮影しますか?

 

Most days I carry a Nikon, A D4 or D800 and generally a 85mm lens, though sometimes a telephoto.

At night, amongst friends and at least once during the week I stick to film with my Leica M6.

だいたいいつもニコンのD4もしくはD800を、レンズは通常85ミリ、たまに望遠レンズを持ち歩きます。

夜に友達と会うときなど、週に1度はフィルムカメラのライカM6を使います。

 

3)

You’ve walked an interesting road over the last 10 years.

Could you introduce yourself and talk a bit about what you have been doing?

過去10年間、面白い道のりを歩いて来られました。

自己紹介と、今まで何をされていたのか少し教えてください

 

It’s been a wandering path to say the least.

At 17 I signed up and joined the United States Marine Corps, out of a sense of adventure and patriotic duty.

I joined the Infantry but had the good fortune of become a Reconnaissance Marine and got to see allot of the world

because of it.

I started to gain an interest in menswear and tailoring while in the military, through books, websites and magazines.

When my duty finished I studied fashion and product design, eventually taking a leap and apprenticing on Savile Row

at Maurice Sedwell when i realized my tastes were less commercial.

While apprenticing a hobby of photography more or less took over my life and I decided to combine my two passions.

Now I travel for a majority of the year photographing the stylish guys I encounter,

as well as working on editorials with brands and magazines.

 

かなりとりとめのない経歴と言えると思います。

17歳のときに、冒険心と愛国的からアメリカ海兵隊に志願しました。

歩兵隊に参加しましたが、偵察隊員になる機会に恵まれ、そのおかげで世界を色々と見ることができました。

軍隊にいる間に本やウェブサイト、雑誌を通じてメンズウェアとテイラーリングに興味を覚えました。

軍務を終え、ファッションとプロダクトデザインの勉強をし、

自分の嗜好があまり商業的でないことに気づいてから、

サヴィル・ローのモーリス・セドウェルにて弟子入り修業に至りました。

修業中に趣味の写真がだんだん自分の人生のすべてになってきたので、

私の情熱の二つを組み合わせることを決心しました。

今では、一年のほとんどを旅しながらその場所で出会ったスタイリッシュな男性の撮影をしたり、

ブランドや雑誌の記事の仕事しています。

 

4)

Do you feel there is a constant thread among the things you have done? (military, tailoring, photography)

今までやってきたことは、一本の糸で繋がっていると思いますか?

 

With much reflection I think I can say that my different passions and occupations have all been in pursuit of answering

the same question: what is a man’s true nature, and what is his highest form?

Its an answer for myself, one I haven’t found yet, and hopefully others can learn from my journey and through my work

よく考えてみると、自分の色々な情熱の対象や職業は、全て同じ疑問を解き明かそうとするものでした。

人間の本質とはなにか?そしてその最高の形とは?

私自身、まだ正解は見つけられていませんが、私の人生や作品を見て、得られるものがあるといいなと思います。

 

5)

Any particular styles you like for tailoring?

Cuts from certain tailors, or certain details from garments?

特定のテーラーのカットや、服のディテールなど、仕立てに関して特に気に入っているスタイルはありますか?

 

From a tailoring perspective I think the styles that I admire the most are guys I see returning to a more voluminous

suit, high waisted, double pleats, a longer jacket that swings from the shoulder.

There has been an obsession in the last years with fitted suits,

and it hasn’t lasted because it ignores what actually makes a suit comfortable to wear,

and that the highest aim of a bespoke suit is one that looks good in motion.

On a personal level I love when I see a narrative and sense of sentiment above form/function in a mans dress.

私が一番素敵だなと思うスタイルは、ボリュームのあるスーツ、ハイウエストで2プリーツ、

肩から流れるような長めのジャケットに回帰している男性たちです。

ここ数年はタイトなスーツが流行っていましたが、

それが定着しなかったのは着心地のよいスーツの条件を満たしていなかったから、

ビスポークスーツの一番の目標である、

着た人が動作しているときに綺麗に見えるものではなかったからではないでしょうか。

個人的には、ただ機能性だけでなく、何かしらのストーリーや想いが伝わる装いを見るととても嬉しくなります。

 

6)

Who are your style inspirations? Both for clothing and for photography.

服と写真両方に関して、どこからインスピレーションを得ますか?

 

For both style and photography I always admire people who either introduce me to new ideas,

or have a real sense of mastery of themselves.

For style, in no particular order: Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Grantham…

for photography, Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassai….

 

スタイルでも写真でも、新しいアイディアを紹介してくれる人や、自分自身をしっかりモノにしている人たちが素晴らしいなと思います。

順不同ですが、スタイルでは Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Granthamなど、

写真では Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassaiなどです。

Answers from Mark Cho

THE ARMOURY

マーク・チョー Mark Cho

1

For this entry of the column, I’m answering a question submitted by Mr T:

今回は、Tさんより質問をいただきましたので、それにお答えいたします。

 

I wear shirts, jackets and ties to work all the time.

Please let me know if there’s any rule or something that you always pay attention to when you style these 3 things.

私自身、シャツ、ジャケット、ネクタイを身につけて仕事をしていますが、

この3つを組み合わせる上であなたが常に心がけていることやルール等があれば教えてください。

 

 

Dear Mr. T,​​

Thanks for the question! There are some basic things to pay attention to:

Tさんへ

ご質問を送っていただき、ありがとうございます!

 

 

1.How well does your shirt collar fit?

When your collar is buttoned, you should be able to fit 1 – 2 fingers between your neck and collar.

The right collar size will make it much easier to wear a good tie knot.

シャツの首回りのサイズは合っていますか?

襟のボタンを留めたときに首とシャツの間に指が1−2本入るのがちょうどいいサイズです。

シャツのサイズがちょうどよく合っていると、ネクタイをきれいに結ぶのも簡単です。

 

 

2.How is your collar shape?

I prefer slightly larger size buttondowns, or spread collars that are medium sized.

It’s important to find shapes that flatter your head and face.

In general, the buttondown elongates the face slightly.

The spread collar frames the head well and has a more neat appearance.

襟の形はどうですか?

私は少しサイズが大きめのボタンダウンか、中くらいのサイズのスプレッドカラーが気に入っています。

自分の頭の形や顔を引き立てる襟の形を見つけることはとても重要です。

一般的にボタンダウンは顔を少し長く見せてくれます。

スプレッドカラーは頭の形を綺麗に見せてくれます

 

 

3.What knot are you wearing?

In general, I prefer a simple four-in-hand.

I like small knots and I think the asymmetry prevents the tie from looking too stuffy.

ネクタイの結び方はいかがでしょう?

私は基本的にはシンプルなプレーンノットが好きです。

小さく結び、左右非対称にすることで、少し遊びを入れます。

 

 

As for an overall look for the items together: seek balance by paying attention to colour, pattern and texture,

not letting any one item become overwhelming to the others.

全体的な組み合わせを考えるときには、色・柄・質感のバランスを考えて、

一つのアイテムが他のアイテムを圧倒しないようにします。

 

 

Try to keep textures similar across all three pieces.

If you have a jacket and shirt with very simple texture and a smooth finish,

stick to a tie without too much texture but add visual interest using interesting colour or pattern.

3つのアイテムの質感をお互い似たようなものにします。

もしもジャケットとシャツがシンプルでスムーズな質感のものであれば、

ネクタイもシンプルな手触りのものにし、色や柄でビジュアルに面白みを持たせます。

 

 

With striped items, keep the sizing of the stripes very different, so that they do not “melt” into each other.

Alternatively, mix in a patterned tie, again keeping the scale of the pattern different from the stripes.

ストライプのアイテムを組み合わせるときには、

それぞれの縞の幅を大幅に違ったものにし、全てが溶け合ってしまうのを防ぎます。

柄のネクタイを合わせるときは、柄の大きさがストライプの幅と同じにならないようにします。

 

 

If you have a patterned jacket, either keep it very simple, with plain coloured shirt and tie, to simplify the overall appearance,

or match it with a patterned shirt and a plain coloured tie, to reduce the contrast between each piece.

Like with stripes, use very different sized patterns so each piece is still distinct.

柄のジャケットを着る場合は、無地のシャツとネクタイを合わせて全体の見た目をシンプルにするか、

柄のシャツとネクタイを合わせて、それぞれのアイテムのコントラストを抑えるようにします。

ストライプの場合と同じく、柄の大きさをそれぞれ変えて、すべてが混ざり合わないようにします。

 

 

Try to mix warm and cool colours together, but in unequal proportions.

For instance, brown suit, white shirt with navy tie.

Or navy suit, blue shirt with brown tie.

Keeping this in mind also helps to restrict colour palettes from being too wild.

暖色と寒色を合わせましょう。しかし、使う面積は同じにしません。

例えば、茶色いスーツ・白いシャツ・紺色のネクタイ。

または、紺のスーツ・ ブルーのシャツ・茶色いネクタイ。

これを覚えておくことで、色合いがバラバラになってしまうことを防げます。

 

 

If ever in doubt over a combination, you can always rely on a plain navy tie to “anchor” and restore balance.

もしもコーディネイトに迷ったら、シンプルな紺色のネクタイは、バランスを整えるのにいつも役立ちます。

 

 

I took a few photos of my own personal garments, combined together to show some of my thinking.

Hope that helps and thanks for writing in!

私自身の服から、ご参考までにいくつかコーディネイトをしてみました。

何かヒントになると良いのですが。お便りありがとうございました!

 

 

DSC07473-tc

Jacket Ciccio

Shirt Drake’s

Knit tie The Armoury 

 

I used complex mixed patterns but to reduce contrast, I used similar colours for everything except the tie.

The tie is a simple navy knit tie with a little bit of texture.

I used a cool navy colour to offset the warm yellow tones everywhere else.

There is a little bit of blue in the pattern of the shirt which helps the tie blend with everything better.

複雑な柄ものを使いましたが、コントラストを抑えるため、ネクタイ以外は同系色を使いました。

ネクタイはシンプルな紺色のニットタイで、少し質感があります。

他が黄色い暖色系のものなので、寒色の紺のネクタイを使いました。

シャツの柄に少し青が入っているので、ネクタイが他から浮かないようになっています。

 

 

 

DSC06593-tc

Suit Liverano & Liverano

Shirt Ascot Chang

Tie Drake’s online

 

A checked suit is quite a strong item so I paired it with very simple items to tone it down.

I used a plain white shirt and a yellow tie which picks up the pattern from the suit.

The scale of the patterns in the tie and suit are very different so they do not clash.

チェックのスーツはとても個性が強いので、

全体的にトーンを抑えるために他はシンプルなものと組み合わせました。

プレーンな白シャツと黄色のネクタイはスーツの柄から色を合わせています。

ネクタイとスーツの柄はお互いに衝突しないようにサイズ感を変えています。

 

 

 

DSC07486-tc

Suit Tailor Caid

Shirt Ascot Chang

Tie Drake’s similar

 

The suit is simple but with good details, such as “swelled edge” stitching on the lapel,

and a heavy twill cloth, to keep it from being too basic.

I used a striped shirt and a striped tie in very different scales.

I like how the stripes are “contained” by the dark, solid navy.

このスーツはシンプルですが、ラペルの端が膨らむコバステッチや

厚いツイルの生地など、ベーシックになりすぎないディテールが盛り込まれています。

幅の広さが違うストライプのシャツとネクタイを使いました。

濃紺のスーツにストライプが「封じ込められている」感じが気に入っています。

 

 

 

DSC07476-tc

Suit Ring Jacket

Shirt Drake’s online online

Tie Drake’s

 

I aimed to keep consistent, busy texture across all the items but kept the colours and patterns simple.

The flannel has a soft, warm feeling to it so I used a rough, blue oxford with a large, polka dot tie.

For the tie, I did not choose a printed silk but a woven silk, which has more texture.

ここでは、すべてのアイテムに共通して似たような質感があるものを選び、色や柄はシンプルにしました。

スーツのフランネルは柔らかく暖かい触感があるので、

粗いブルーのオックスフォードシャツと、大きな水玉模様のネクタイを合わせました。

ネクタイについては、プリントではなくより質感の高い織り模様にしました。

Brian Davis(Wooden Sleepers)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 25th, 2015
  • permalink

WOODEN SLEEPERS

ブライアン・デイヴィス Brian Davis

DSC06953-tc

 

Vintage oxford cloth button down shirt Gitman

Norwegian Sweater L.L. Bean

Field Jacket L.L. Bean

5 Sports Automatic 100m Scuba Diver (gift from Jeremy) Seiko

Double Diamond Khaki Trousers Lot 451 The Real McCoy’s

Jack Purcell Signature in white Converse

Vintage heavy duty canvas coal bag Wooden Sleepers

 

<Mark Choさんからの紹介文>

ブライアンとは一緒に働いている仲間の一人を通じて最近知り合いました。

ブルックリンのレッドフックで素晴らしいヴィンテージショップを経営しています。

私にとって、ブライアンがやっていることは2つの点で興味深いです。

 

I met Brian recently through one of our colleagues at the store.

He owns an excellent vintage shop in Red Hook, Brooklyn.

What Brian is doing is interesting to me from two perspectives:

 

1. ブライアンのセレクションは、ワークウェアとミリタリーウェアなどの実用的な服に強く比重を置いています。

実用性を重んじてデザインされた服は、どんなデコレーションにも負けない美しさがあると思います。

機能が重視されていて見た目もすっきりとしたものになります。

 

1. Brian’s vintage selection, has a strong emphasis on workwear and military wear, i.e. clothing that is designed for practical use.

I find items designed in this way as beautiful as any decoration.

It makes the appearance of the garment very clear and focused on its function.

 

2. ブライアンはニューヨークの新興地域であるレッドフックにお店を構えていて、

いわゆるショッピングエリアからは遠く離れています。

残念ながら、ニューヨークシティのように賃料が高くて場所を見つけるのが難しいロケーションからは、

良いお店は押し出されてしまうことが多いです。

レッドフックはブライアンに素敵なお店を出すチャンスを提供しましたが、街中からの距離があることで、

お客がわざわざ行きたいと思うような魅力的な場所であることが必須になっています。

 

2. Brian has setup in Red Hook, very much an up-and-coming part of New York but far from the normal retail areas.

Unfortunately, good and interesting retail can be so easily crowded out of markets like New York City which are expensive to find space in.

Red Hook gives Brian the opportunity to create a beautiful store but the distance from the main areas of the city means he must work to a high standard to attract people to come to him.

 

<Q&A>

 1)服飾関係の仕事についたきっかけと、素晴らしいヴィンテージショップをオープンさせるまでの経緯を教えてください

 1. Tell us a little about how you started getting into clothing and finally ended up with a superb vintage shop

 

生まれて初めて強く興味を持ったアイテムは、アディダスのサンバクラシックでした。

1992年、小学4年生のときです。本当に大好きになってしまいました。

エア ジョーダンやナイキには興味がない子どもでした。

私の町ではサッカーの人気が高く、サンバが王様でした。

祖母にこの靴を買ってもらい、学校で一番クールになった気持ちでした。

1994年、6年生になったころには、カート・コバーン、スヌープドギードッグ、CSSスケートボード通販カタログに

同等の割合で影響を受けていました。

ネルシャツ、ディッキーズのワークパンツ、オールスターのチャックテーラー、リーバイス501、バンドやスケボーのTシャツなど。

初めてのチャリティショップは、天から啓示を受けたような体験でした。

1996年、高校1年生のときです(訳注:アメリカの高校は日本での中学3年生から4年間)。

祖母がイースタンロングアイランド病院のチャリティショップでボランティアをしていて、

ヴィンテージTシャツが1枚25セントで買えました。

それに味をしめて、救世軍や他のチャリティショップにも行くようになりました。

1999年に11年生(訳注:日本でいう高校2年生)になった頃には

ロングアイランド鉄道に乗って、Canal Jeansの地下、 Search and Destroy on St. Marksなど

マンハッタンのSOHOやロウアーイーストサイドの古着屋に頻繁に通うようになっていました。

 

その頃ガールフレンドだった妻のアリソンに勧められて、2010年にオンラインの古着屋を始めました。

彼女の助けもあり、2010年の4月に 古着のメンズウェア、小物、生活雑貨の小さなコレクションをもって、

Wooden Sleepers をEtsy上にオープンしました。

年末には 唯一のヴィンテージストアとして

J. Crew、リーバイス、 L.L. ビーン、Red Wing 、Warby ParkerなどのブランドとともにPop Up Fleaに参加し、

トライベッカのSteven Alanにショップ・イン・ショップとして出店しないかと誘いを受けました。

Wooden Sleepersは私のアパートからブルックリンのグリーンポイントにあるスタジオスペースに移転し、

予約制でお客様を迎えながらビジネスを成長させました。

私はずっと実店舗をオープンさせることを夢見ていたのですが、

2014年11月にブルックリンのレッドフック地域にてそれが実現しました。

 

The first item of clothing I remember having a strong opinion about was the Adidas Samba Classic.

The year was 1992 and I was in fourth grade.

I was enamored with them. I was never an Air Jordan/Nike kid.

Soccer ruled in my town and the Samba was king.

My grandmother bought them for me and I felt like the coolest kid in school.

By the time I was in sixth grade in 1994, my style was influenced by equal parts Kurt Cobain, Snoop Doggy Dog, and the CCS skateboarding mail order catalog – flannel shirts, Dickies work trousers, Chuck Taylor Allstars, Levi’s 501 jeans, band/skate t-shirts, etc.

My first experience in a thrift store was revelatory.

It was 1996 and I was a freshman in High School.

My Grandmother volunteered at the Eastern Long Island Hospital Thrift Store and I would buy vintage t-shirts for $0.25 a piece.

That turned into digging at Salvation Army and other thrift stores.

By the time I was in 11th grade in 1999, I was making frequent trips to downtown Manhattan via the Long Island Railroad to shop for vintage in the basement of Canal Jeans, Search and Destroy on St. Marks, and the myriad of other nameless vintage shops in SoHo and the Lower East Side.

It wasn’t until 2010 that my wife, girlfriend at the time, Allison suggested that I start a vintage men’s wear shop online.

 

With her help, I launched Wooden Sleepers on Etsy in April of 2010 as a small collection of vintage men’s wear, accessories, and objects for the home.

By the end of the year WS had participated Pop Up Flea as the only vintage seller alongside brands like J. Crew, Levi’s, L.L. Bean, Red Wing Shoes, and Warby Parker; and were invited to set up a shop in shop at Steven Alan in Tribeca.

I moved WS out of my apartment into a studio space in Greenpoint where I held private shopping appointments and grew the business.

My dream all along was to open a retail store, which we did in the Brooklyn neighborhood of Red Hook in November, 2014.

 

2) 特に意識して集めているアイテムや年代のものはありますか

2. Any particular vintage items or periods you focus on

 

北東部のレンズを通した、クラシックアメリカンスタイルです。

ミリタリーの一部、アウトドア、ワークウェア、スポーツウェア、そしてトラディショナルなアイビースタイル。

それに関連した生活雑貨、例えば古い本、ブランケット、アンティークなども扱います。

 

Classic American style through a Northeast Atlantic lens: select Military, Outdoors, Workwear, Sportswear, and Traditional “Ivy” style.

We also stock relevant home items such as old books, blankets, and other antiques.

 

3)投資としてのコレクションを行いますか?

お店で売るため以外に集めた、自分のコレクションを売ることはあると思いますか?

 3. Do you treat collecting as an investment?

Outside of the things you collect and sell at the store, would you sell any of your more personal items?

 

私生活において、転売の意図を持って買い物することはありません。

普通の人よりも服にすごく興味があって、それでいいと自分で思っています。

スポーツが大好きで、試合の結果などの統計を百科事典並みに覚えている人もいるでしょう。

私は一つのアイテムやブランドについて調べたり、お店で店員さんやオーナーと話したり、何かを試着したり、

買ったり、できるだけ長くそれを使ったりする一連のプロセスをすごく楽しんでいます。

 

In my personal life, I do not buy things with the intention of “flipping”.

I am much more interested in clothing than a normal person and I’m ok with that. Some people like sports and have an encyclopedic knowledge of stats and whatnot.

I enjoy the process of researching an item or brand, visiting a retail store, having a conversation with a salesperson or store owner, trying on a product, purchasing, and beating the hell out of it for as long as it lasts.

 

4)ヴィンテージ市場は次にどうなると思いますか?

拡大していると思いますか? もっと一般的になりますか?

もう安定してしまいましたか?

4. What do you think is next for the vintage market?

Do you feel like it’s growing? Becoming more mainstream? Plateau’d?

 

今は、何かに特化したスペシャリティヴィンテージストアが面白いですね。

普通の人たちは、高すぎる洋服をぎゅうぎゅうに詰め込まれた 棚から何時間も掘り起こすことはしたくないでしょう。

少ないほうがいい。編集力にかかっています。

お店の力量は、言葉を使わないで物語を紡ぎ、気持ちや雰囲気などで人々の感情に訴えかけられることです。

最終的には、ノスタルジアです。懐かしく思う気持ちはとても力強いものです。

何に惹かれるかは人によって違います。

ヴィンテージストア、いやどんな店にとっても、一番大事なことは本物であること、

良い隣人であり、入ってきた全ての人に素晴らしい体験をもたらすことです。

そういった意味で、Wooden Sleepersはヴィンテージ好きの人たちだけでなく、

よりメインストリームの顧客も引きつけます。

 

The specialty vintage store is what is most exciting now, stores with a strong point of view.

Normal people do not want to dig around for hours, picking through overcrowded racks of overpriced clothing.

Less is more. It’s all about the edit.

The ability for a shop to tell a story without words, to communicate a feeling, a vibe, something that connects with people on an emotional level.

Ultimately, it’s nostalgia. Nostalgia is very powerful.

Different people are drawn to different things.

For a vintage store, or any store for that matter, the most important thing is authenticity, being a good neighbor, and providing an amazing experience for anyone who comes through the doors.

In that way, Wooden Sleepers appeals to a more mainstream audience – not just the vintage connoisseur.

 

5)あなたのスタイル・ヒーローは?

5. Any style heroes for you?

 

私の友人たち、Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderonなどです。

 

My friends – Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderon, and many more.

 

6)あなたはブルックリンの中でも新興エリアにいますが、少し紹介してもらえますか?

6. You are in quite a new, up-and-coming area of Brooklyn, could you talk about it a little?

 

レッドフックには、地域住民の付き合いがあります。

道ではみんな挨拶します。みんなが知り合いです。

小さな商店のコミュニティが繁栄しています。

イケアを除いて、ほぼ全てのビジネスが個人経営です。

飲食店も素晴らしいです。

とてもハッピーに過ごしています。

深呼吸してニューヨーク港からの潮風の匂いを嗅ぐと、

私の故郷、ロングアイランドにあるノーフォークを思い出します。

 

Red Hook has a real neighborhood feel.

People say “hello” to each other on the street.

People know each other.

There is a thriving small business community.

With the exception of Ikea, most all of the businesses are independently owned and operated.

The food and drink is incredible.

I am very happy there.

I like taking a deep breath and smelling the salt in the air from New York Harbor,

it reminds me of home on the North Fork of Long Island.

Agyesh Madan(Stòffa)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 15th, 2015
  • permalink
Stòffa
アギッシュ・マダン Agyesh Madan
DSC06864-tc (1)
- Rollable felt hat in cement (Stòffa)

 

- Cashmere Silk Jacquard Scarf (Stòffa)

 

- 002 flight jacket in sand suede (Stòffa)

 

- white pique polo (unknown)

 

- Double pleated trousers in sand peached cotton (Stòffa)

 

- Belgian Shoes

 

<Mark Choさんからの紹介文>

Great design cannot come from nothing.
An interesting design can come on a whim,but a great design require focus and perseverance,
as if chiseling an enormous stone into a a tiny but brilliant object.
Agyesh understands this better than most.
He has been on a long journey,constantly learning new skills and developing new ideas without pause,
and I always look forward to the things he has designed.
Although his designs are new, they emerge fully formed,with a great deal of thought put into them.
I particularly admire his dedication to colour and colour theory which he applies carefully and respectfully.
Given his background, which he explains in the interview,I think he is an exemplar of art and science.

 

素晴らしいデザインは、何もないところからは生まれてきません。
面白いデザインはパッと思いつくことができるかもしれませんが、
素晴らしいデザインを創るには、例えば大きな岩から小さいけれども輝かしい彫刻を掘るように、
粘り強く集中して努力することが必要です。
アギッシュはこのことを誰よりもよく理解しています。
彼は新しいスキルを学びながら休みなく新しいアイディアを考え続ける長い道を歩んでいますが、
私は彼がデザインしたものをいつも楽しみにしています。
彼のデザインは新規のモノばかりですが、
世に出る際にはいろいろと考えた末の完成形になっています。
特に色使いや色合いに関して、彼は凄まじい努力と、大変な気配りをされています。
下記インタビューで説明されますが、
彼はアートとサイエンスの両方を備えた人物の良い例といえるでしょう。

 

Dear readers,
It’s been nearly a year of me writing this column, I have certainly enjoyed writing it and I hope you have enjoyed it, too.
My interviewees are far too complex to be covered in a few paragraphs and I think a lot more could be learned from them.
I intend to pose additional questions to each of them to create a part 2 of our conversations.
At this time, I would also like to invite readers to pose additional questions to the interviewees.
Please feel free to contact me at:markcho@thearmoury.com.
English or Japanese questions are welcomed.

 

読者の皆様へ
このコラムを初めて、もう1年になります。
私は楽しんでいますし、皆様にも楽しんでいただけているとよいなと思っています。
今まで登場した人物たちは、短い文章には収まりきらない方たちで、
もっといろいろなことを教わる余地があります。
それぞれの人物に追加の質問をして、インタビューの第2部を行いたいと思っています。
皆様からも、今までの登場人物に対して何か訊きたいことがあれば、
markcho@thearmoury.com宛にお寄せください。
英語・日本語どちらでもオーケーです。
 

<Q&A>

1. Can you talk about your path into the clothing industry and where you are now?

服飾の仕事に就いた経緯と、今は何をしているかを教えてください

 

I think my journey is simple.

I started off as computer engineer focusing on web applications where through my experience at an e-commerce startup,

I discovered my passion for the clothing industry and more so a fascination with production.

I followed that up with a stint at Parsons, Newschool for design where I focussed on textile and product development.

During my time there I was fortunate to discover the neapolitan brand ISAIA Napoli which I joined in the latter half of 2010.

I spent four years there starting in marketing and product development in the US and then moving to Italy to serve as the brand’s Director of Product Development.

It was in Italy under the mentorship of Leonardo Genova ( the head of all product development at ISAIA ),

that I furthered my love for textiles and found the idea of responsible production.

 

私の経歴はシンプルなものだと思います。

まずはウェブアプリケーションに特化したコンピューターエンジニアとして仕事を始めました。

イーコマースのスタートアップの経験を通じて、服飾業界、特に製造に強く惹かれました。

そして、パーソンズ ニュースクール フォー デザインにて

テキスタイルと商品開発に特化した勉強をすることにしました。

そこで、ナポリのブランドであるイザイアと出会うことができ、2010年後半にそこで仕事を始めました。

そこで4年間、まずはアメリカでマーケティングと商品開発の仕事をし、

その後商品開発ディレクターとしてイタリアに引っ越しました。

レオナルド・ジェノヴァ(イザイア全体の商品開発の長)のもとで働き、

私はテキスタイルに対する愛を深め、責任ある製造についてのアイディアを得ました。

 

Last year, I founded Stòffa where we are focussed on creating thoughtfully designed products through a continuous exploration of production.

I really wanted to focus all our energy in building innovative, robust products and production; and the only way to do it was one product category at a time.

Currently, we offer a series of accessories which include our covetable hats and scarves along with made-to-measure outerwear and trousers. 

 

昨年、Stòffaというブランドを立ち上げました。

このプロジェクトでは、考えを重ねて生み出された製品を、一つづつ製造していくことに注力しています。

イノベーティブで長持ちするモノ造りをすることに全力を注ぎたかったので、

そのためには一度に1つのカテゴリの製品を作る方法しかありませんでした。

現在は、帽子やスカーフなどの小物のほか、メジャーメイドの外套とトラウザーズも手がけています。

 

2. You place a lot of emphasis on focused, considered combinations of colour. Could you suggest some interesting reading or references?

色合いや色の組み合わせにとても重きを置いておられますが、何か読み物や資料などのおすすめはありますか?

 

Colour is an integral part of my life.

I derive an irreplaceable joy from experiencing harmony through the use of colour.

I think most people interested in this field are aware of Josef Albers’ Interaction of Color which presented his theory that colors were governed by an internal and deceptive logic.

What most people might not know about is the interactive app created by Yale University, based on the aforementioned book.

It is available for download on the app store and I highly recommend all kids and adults to download and interact with it.

It is beautifully executed and truly uses the power of the technology platform to elevate an already solid read

 

色は私の人生に於いてとても重要な部分です。

いろいろな色の組み合わせを試してみることに、この上ない喜びを感じます。

この分野に興味がある方は、色は相互作用によって感じ方が変わるという理論を示した

ジョセフ・アルバースの「色彩構成 -配色による創造-」をすでにご存知のことでしょう。

恐らく、この本を題材にしてイエール大学によって開発されたインタラクティブなアプリは

多くの方にまだ知られていないのではないでしょうか。

これは、大人にも子どもにもすごくおすすめです。

ぜひダウンロードして使ってみてください。

題材になった本も素晴らしいものですが、テクノロジーの力でさらによくなっています。

 

3. Stoffa, your latest project, has been growing in an unusual way.

You started with hats but moved onto leather jackets and trousers.

Was there any reason for this progression?

あなたの最新プロジェクトであるStòffaは、通常とは違ったかたちで発展しています。

まずは帽子から始まり、その後 レザージャケットとトラウザーズを作りました。

何か理由があったのですか?

 

Stòffa was created on the fundamental principal of creating thoughtfully designed products that are produced in a responsible manner.

To that effect, all our products are made in production units where we have close control over every step; from raw materials to finishing to packaging. Furthermore, we wear-test everything we make for at least a year before releasing it.

This philosophy has dictated our direction thus far as we focus on one production category at a time to slowly create a collection of products that are thoughtfully designed, tested and then produced in a very responsible manner.

 

Stòffaは、考え抜かれた製品を責任の取れる方法で製造することが基本になっています。

そのために、原材料の仕入れからパッケージングまで、

全ての工程をきちんとコントロールできる製造数でなくてはなりません。

更に、発売までに最低1年間、全ての製品を自分たちで使用してテストします。

この基本に忠実に進めるために、一度に一つの製品に集中して、

ゆっくりとコレクションを完成させていくという方法をとることになりました。

 

4. You spent a formative period at Isaia, which included making regular visits to Japan. Do you have any thoughts on the differences between the two markets?

イザイアで働いている間に、定期的に日本へ出張されていましたが、

アメリカと日本2つの市場の違いについての考えを聞かせてくださ

 

Japan was amazing for I observed a certain innate dedication in people to thoroughly research and explore before purchasing the right item or experience for them.

As a product developer it was really fulfilling to see the passion in the customers as they enjoyed learning about every step of how the product was made and really respected the maker’s vision.

 

日本では、何かを購入する前に、それが本当に自分にとって正しい買い物なのかを徹底的に調べることが人々の習慣になっていて、すごいなと思いました。

商品開発の担当者としては、お客様が情熱を持って製品ができる全ての工程について知りたがり作り手のヴィジョンを尊重してくれることは本当に喜ばしいことでした。

 

On the other hand, in the US there is a certain sense of nonchalance or idea of enjoyment when it comes to ones clothes.

I find that very genuine, as I have always believed that clothes are meant to be really worn and worn hard. 

 

一方アメリカでは、洋服に関しては無頓着というか、

ただ楽しめばいいという考えがあるように思いました。

私はいつも洋服は着るものであり、着倒されるべきだと信じていましたので、

服を楽しむという考え方はとてもまっとうなものだと思います。

 

As a product developer, I felt that it is our responsibility to marry the two.

Be really thoughtful about every element of our product while designing it but also present them as items to be worn, enjoyed and lived in with little care.

 

商品開発者の立場では、私たちはこの2つの姿勢を組み合わせる責任があると感じました。

デザインするときには製品に関する全ての事柄をじっくりと検討し

それぞれの製品はあまり気を使わずに楽しんで使えるようなモノであるべきだからです。

kathryn Sargent(Tailor)

  • By edit
  • In London
  • On Nov 14th, 2015
  • permalink

Tailor

キャサリン・サージェント KATHRYN SARGENT

DSC06777-tc

 

eyewear Nackymade

Shirt blouse Alain Figaret

suit  Kathryn Sargent

earrings Dior

 

Q&A

1)自己紹介をお願いします。

私はもともとは北イングランド・ヨークシャー地方のリーズ出身で、

ファッションの勉強のためにロンドンに出てきて以来、ずっとここにいます。

学位をとるために学習していた期間に、メンズウェアに対する情熱が募りました。

古いテイラー&カッターの本を手に入れて、一から型紙をおこすやり方を学び、

学校を卒業する年にはサヴィル・ローのデンマン&ゴダードにて最初の仕事に就きました。

1996年に学校を卒業して、サヴィル・ロー1番地のギーヴス&ホークスにて修業を始めました。

ビスポーク部門で研修しカッターになり、

2009年にはサヴィル・ロー史上初めての女性ヘッドカッターに昇進しました。

 

この業界でもう20年間働いていますが、自分の仕事が大好きです。

2012年に独立し、ビスポーク仕立ての真髄に沿った、私自身のブランド

「キャサリン・サージェント」を立ち上げました。

ロンドンの中心、メイフェアのブルック通り6番地にあり、

メンズ・レディスのどちらにも対応するラグジュアリー・ビスポーク仕立てを提供しています。

 

2)服装に関して、誰の影響を受けましたか?

個人的には、いつもスーツや美しいコートを着て、

とてもお洒落でスマートに装っていた父の影響を受けました。

仕事面では、顧客の皆様の人格や実績などを考慮し、

それぞれの方に特別なものを仕立てるのはどうすべきかというアイディアを得ることが多いので、

お客様から影響を受けていると言えると思います。

キャサリン・サージェントでは真のビスポーク服をお客様に届けるために、

伝統的でありながらも新しい取り組み方をしており、ハウススタイルは設けず、

それぞれのお客様と共同で、着る方の個性を反映した服作りをしています。

 

3)特にお気に入りの生地はありますか? 夏用と冬用でお答えください。

様々な理由がありますが、だいたいどんな種類のウールも好きです。

冬の生地はフランネルのドレープや見た目も好きですし、

手織りのハリスツイードの色味や柄はラグジュアリーなコートにぴったりです。

夏用では、シャープで軽いウールモヘアや、シワになりにくく丈夫な涼しいウールが好きです。

 

4)制服や式服など、伝統的な服をたくさん手がけていらっしゃいますが、

に気に入っているものはありますか?

私は伝統的なモーニングスーツを作るのも、その本当に美しいスタイルもとても気に入っています。

制服は様々な種類のものを手がけた経験があり、多くの挑戦がありました。

海軍のグレートコート・ウォッチコート・ピーコートなど

ブリティッシュウォームスタイルの伝統的なオーバーコートが好きです。

お客様のために、伝統的なものからインスパイアされた、現代ヴァージョンを作っています。

 

5)男性の服を作る際、異性としてご自身には男性のカッターとは違った視点があると思いますか?

例えば、生地を推薦することや服のフィッティングに関して違ったやり方があるなど。

もちろん女性としての視点、そしてファッションとアートの学校で4年間学んで磨かれた、

私自身の視点というものがあります。

また、サヴィル・ローの中でも特に歴史がある一流の店で修業しましたから、

同じ訓練を受けた男性と比べて全く遜色ない目を持っていると思います。

私は男性用の服を作っている女性であり、今までの経験と自分の目から、

何がお客様により良く似合うスタイルや生地であるかを見極めてお薦めします。

 

6)独立して働くことを、サヴィル・ローの有名なテイラーで働くことと比較すると

どのような感じですか?

独創的な仕事をする自由があり、最高のカスタマーサービスを提供できます。

また、ハウススタイルに規制されることがありません。

 

1.)    tell us a little about yourself, where you’re from, what made you want to start in the industry, how long have you been in it?

I am originally from Leeds, a city in Yorkshire in the north of England, and moved to London to study fashion and have been here ever since.

During my time studying for my degree, my passion for menswear really developed.

I chanced upon some old Tailor & Cutter books and started to explore the craft of drafting patterns from scratch, which led me to Savile Row where I started a work experience placement during my final year studying at the tailors Denman & Goddard.

In 1996 I graduated college and started my apprenticeship working at Gieves and Hawkes, No.1 Savile Row.

I trained in their bespoke department and became a cutter, and in 2009 I was promoted to Head Cutter, the first woman to hold this position in the history of Savile Row.

I have been in the industry for 20 years and I love it, I launched my own business, Kathryn Sargent, in 2012 which is based on the true values of bespoke tailoring.

Located in the heart of London’s Mayfair at No.6 Brook Street I offer a luxury bespoke service for both men and women.

 

2.)    who are your influences when it comes to clothing?

In my own life I have been influenced by my father who was an extremely smart and stylish man,  he always wore suits and beautiful coats.

In my business I am influenced by my clients, their personality and accomplishments often gives me ideas on how best to create something special for them.

Kathryn Sargent offers a traditionally inspired, yet fresh approach to bespoke tailoring as in order to deliver truly personal bespoke garments there is no house style, each garment is created in collaboration with the client so that it truly reflects the personality of the wearer.

3.)    any cloths you particularly like to work with? Which for summer, which for winter?

I like working with most wools for different reasons, I love the drape and look of a winter weight wool flannel and the colours which can be found in an hand woven Harris Tweed along with the handle of it, and luxurious overcoatings.

For summer the sharpness of a lightweight wool and mohair blend suiting, cool wools which are durable and crease resistant, are my preferred choices to work with.

 

4.)    you cut a lot of traditional, historic garments such as uniforms and ceremonial clothing, any in particular you like?

I enjoy both the cutting, and the style of a traditional morning suit which really is beautiful.

I have a vast experience of cutting uniforms and have been challenged with various styles.

I like the traditional overcoats such as naval great coats, watch coats, pea coats and the army British warm style.

I create contemporary versions which are traditionally inspired for my clients.

 

5.)  as a member of the opposite sex cutting for men, do you think you might see men differently from a male cutter? i.e. You notice certain aspects of fit differently or you recommend cloth differently?

Clearly I have a woman’s eye, and my own eye for style which was refined by four years at fashion and art school but I have been trained traditionally in Savile Row in one of the most historical and prestigious houses, in the same way as any man would be.

I am a women making clothes for men and advising them on cloth and styles which would flatter them and that is a culmination of my training and my eye – knowing what would look good on the individual.

 

6)    how does it feel being independent as opposed to working with an established Savile Row house?

I have the freedom to be creative, offer a luxury customer service and not be governed by a house style.

Adam Marelli(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Oct 30th, 2015
  • permalink

Photographer

アダム・マレッリ ADAM MARELLI

image1

Photography:Adam Marelli

 

Chambray Button Down Drake’s

1920’s t-shirt Merz b. Schwanen

Olive Chinos Drake’s

 

 

Q&A

1.どんな仕事をされていますか?

匠の職人を専門に撮影する写真家であり、アーティストです。

今はイタリアで、最後のゴンドラメーカーの一つである、 D.co. Tramontin e Figliを撮影しています。

 

2.スタイルと洋服についてのあなたの考え・エピソードを教えてください。

私は個人的に知っている人たちが作った服を着るのが好きです。

文化的なつながり、人と人との繋がりに気持ちが満たされるからです。

美術学校を卒業した後、12年ほど建築現場で仕事をし、

そのときの経験が私の服に対する考えを決定づけました。

スタジオや外で撮影しているときには、過酷な状況にも耐えられる丈夫な服を着ます。

セザンヌやルノワールなどの昔のアーティストが写っている写真を見ると、

シャツとジャケットを着ているのがいいなと思います。

ただ、今日買えるものの大半と比べ、だいぶラフなものだったようですね。

 

3.定期的にさまざまな職人と接し、あなた自身も職人といえる立場から、

効率を追求した、大量生産の時代である現代において、

工芸とくに職人の工芸はどのようなポジションにあると思われるか教えてください。

職人の工芸と大量市場を比較するのは、トリュフと宇宙食を比較するようなものでしょう。

1000年も長持ちするアイスクリームサンドイッチが宇宙でも美味しいなんて、

素晴らしいではありませんか? その通り!

しかし、一皿のパスタの上でとろけるトリュフを見つけるための知識、経験、

そして自然との調和は何世紀にも渡って受け継がれてきた文化です。

トリュフは、未だに神秘的な何かを物理的に具現化する一部でしかないのです。

 

職人の技も同じで、過去とのつながりであり、現在に生きており、

未来を告げることのできる、他に匹敵するものがないものなのです。

 

1.Tell us about what you do?

I’m an artist and cultural photographer who specializes in photographing master craftsmen.

At the moment I am in Italy photographing one of the last traditional gondola makers called D.co. Tramontin e Figli.

 

2.Can you provide an anecdote that speaks to your own philosophy on style and clothing?

I like to wear clothes from people I know, personally.

It creates a cultural and personal bond that I find fulfilling. So what does that look like?

 

After art school I cut my teeth in construction for a dozen years. It left a lasting impression on my style.

 

When I’m in the studio or out shooting, I like hard wearing fabrics that are well cut and can take a beating. Look at old photographs of artist like Cezanne or Renoir, I’ve always enjoyed that they could wear a shirt and a jacket, but it was much rougher than most of the things you can find today.

 

3.Dealing with craftsmen on such a regular basis and being a craftsman in your own right, how do you feel about the place of craftsmanship, particularly artisanal craftsmanship in the modern age of efficiency and mass production?

Comparing craftsmanship with mass market is like comparing a truffles to astronaut food.

Isn’t it amazing that you can have an ice cream sandwich that will last 1,000 years and still taste good in space?

Sure!

 

But the knowledge, experience, and harmony with nature that come together when fresh truffles melt over a plate of pasta represents centuries of culture.

The truffle is only the physical manifestation of something that is in some ways still mystical.

This is where craftsmanship has no peers. It is our connection to the past, living in the present, that informs the future.

Michael Hill (Drake’s)

  • By edit
  • In London
  • On Oct 16th, 2015
  • permalink

DRAKE’S

マイケル・ヒル MICHAEL HILL

DSC06142-tc

Photography:Mark cho

ジャケット Drake’s (Vintage boiled and felted lambswool)

パンツ Drake’s (Fox Brothers Flannel)

チャッカブーツ Alden for Drake’s

シャツ Drake’s (Made in Somerset, England)

ネクタイ Drake’s

ポケットチーフ Drake’s

 

Q1.この仕事を始めたきっかけを教えてください

大学に行く前の自由時間のすべてを、イタリア・コモの生地工場(織物とプリント)での修業に費やしました。

そして大学時代は、土曜日と休暇中にサヴィル・ロウのテーラーで働いていました。

父がネクタイ作りをしていたので、幸運にも子供時代の多くの時間を工場で過ごすことができました。

私は素晴らしい生地に囲まれて過ごすのが大好きでした。

大変だけれども、素敵な人生のように思えたので、どうしてもこの仕事がしたいと思っていたのです。

 

2.Drake’s での役割は何ですか?

私はマネージング/クリエイティブディレクターです。

会社の運営に参加し、最高のデザインチームとコレクションの制作をします。

マーケティングもしますし、リテールチームと共にClifford Stの路面店とウェブショップ、

そしてHaberdasher Streetの事務所にいる卸売チームと協力して販売もします。

 

エキサイティングな新しい時代に、素敵な人材と素晴らしい歴史のあるこの会社を前進させる手助けができることは、

本当に名誉なことだと感じています。

 

3.自分で決めているスタイルのルールはありますか?

特に意識している決まりごとはないのですが・・・

スーツよりも、ジャケットとトラウザーという格好をしていることがほとんどです。

 

秋冬はツイードにフランネルやコーデュロイを好み、ネクタイをしていないときはジーンズを合わせます。

 

ブルーと白のストライブまたはシャンブレーのスプレッドカラーシャツ、あるいは頑丈なオックスフォード地のボタンダウンシャツ。

ネクタイはエンシェントマダー、レップまたはグレナディンをしていることが多いです。

常にプレーンノットです。

 

靴はタバコ色のスエードまたはコードヴァンで、靴下はふくらはぎ丈のネイビーかパープルを履きます。

 

スーツはほとんどがチョークストライプです。

ブルーと白のストライプシャツがネクタイとジャケットをコーディネートするのに使い勝手がよく、とても重宝しています。

例えば、水玉のネクタイを締めたいとして、でも水玉はスーツのときにしかしないとなると、

ストライプのシャツをいつも着ることになります。

 

最後に、春夏の季節に着られるスーツは持っていませんし、黒はタキシード以外は着ません。

端的にいうと、スマート・コンフォタブル(快適)です!

 

4.ご家族は何代かに渡って服飾関係の仕事をしておられますが、それに影響を受けたと思いますか?

父のために働いたことはありませんが(給料を貰うような仕事は、という意味で!)影響は受けていると思います。

同じ業界で働くということを別にしても、父が仕事に情熱をかけて真剣に取り組んでいたことが、

私に大きな影響を与えているといえるでしょう。

 

父と同じようにできているとは言いませんが、常に背中を見せてくれたことで、たくさんのことを学ぶことができました。

小さい頃から父と一緒に何台も何台も乗り続けたネイビーブルーのボルボのステーションワゴンのトランクに生地を詰め込んで

(トランクの大きさが一番だったので、生地を運ぶのには最適のクルマでした!)国中のサプライヤーや下請け業者を訪問し、

仕事について語る父の姿を見てきました。

 

とても面白かったです。

 

しかし、一番興味があったのは生地でした。 素晴らしい生地無くしては、何もできないことがよく分かっています。

私たちのHaberdasher Stの工場でも、やるべきことは素晴らしい生地の長所を最高に活かせるようなものを作ることなのです。

 

Drake’sの将来としては、いつの日か、私たちの仕事にしっかりと責任をもち、会社で働いている全員にとってベストな方向へと

導いていけるビジョンを持った人物に引き継いで、会社が長く続いていくことを望んでいます。

 

5.あなたのスタイルは変化したと思いますか?

徐々に変わってきていると思います。

恐らく、自分が何を楽しんで、心地よく着られるかということを年々理解してきて、上手にできるようになってくるでしょうし。

私はいつも珍しい生地を着られることが楽しみで仕方がないのですが、

だんだん何が似合って、必然的に何が似合わないかが分かってきたので、

全体的に珍しさのレベルが下がってきたような気がします。

 

それを受けて、私たちは服を作っています。

それは美しい服であってほしいと思いますが、服は服ですから、楽しむためにあるべきでもあります。

厳しくルールに従っているよりは、少し冒険をしてみて、自分は何が着られるか試してみようではありませんか。

想像力を働かせて、自分の感覚で、似合うものを探し当てましょう。

 

6.あなたにとって、なくてはならない3本のネクタイは何ですか?

エンシェント マダープリント、レップのストライプ、グレナディンです。

Arnold Wong(The Armoury HK)

THE ARMOURY

アーノルド・ウォン Arnold Wong

Arnold Wong

Photography:Neil Watson

ウールモヘアのホップサック スポーツジャケット Ring Jacket

シャンブレーシャツ Drake’s

メジャーメイドのリネントラウザース Orazio Luciano

メジャーメイドのウイングチップ Saint Crispin’s

ロレックス サブマリーナ― ノンデイトRef.5513 Rolex

ポケットチーフ “Ouest of the Daimyo” Monsieur Fox

 

<コメント>

この「リングヂャケット」のジャケットは、私が一番気に入っているアーモリー限定デザインのモデル「AMJ-03」です。

柔らかい肩の線、雨振り袖、高いアームホール、ゆったりしたアーム、段返り3ボタン、幅広のラペルなど、

ナポリスタイルに大きく影響されたカットです。

アーモリーチームがこれまでいろいろと着てきたなかで、特に気に入っているディテールを詰め込んだジャケットになっています。

 

また、ウールモヘアのホップサック生地はとても軽くて通気性もよく、うだるような暑さの香港の気候でもとても過ごしやすいです。

 

そして一番重要なことですが、私の好きな、股上が深くて太めのトラウザーにとても合うジャケットです!

 

 

<エピソード>

私がハットやネクタイを身につけると、祖母がいつも祖父の思い出話をしてくれました。

あるときは、良い靴を履くことの重要性について語っていたことを教えてくれました。

これは私の心に強く残り、いつまでも感謝したい教えです。

「量より質」を日々実践し、周りにも伝えていきたいです。

 

ときどき、自分は次の世代にどんな感動を伝えられるのだろうかと考えます。

伝統やクラフトマンシップを重んじるアーモリーというお店は、

将来の世代に伝えていける何かを探求し、見つけることができる場所だと思っています。

 

<紹介>

私はお客様のお買い物のサポートをし、サイズ感やコーディネート、生地など

スタイルに関するさまざまなオススメをお伝えしています。

また、お客様とメーカーの間をつなぐ架け橋としての役割も担っています。

お客様が抱えているフィッティングの問題を解決するなど、私どもが扱っている服を、

それぞれのお客様が一番素敵に着こなせるようにお手伝いしています。

 

ショーウインドウやトルソーの装飾などのヴィジュアル・マーチャンダイジングも手がけています。

お店がどう見えるべきかという自分の考えを表現できるこの仕事はとてもやり甲斐があり、情熱をもって取り組んでいます。

 

商品のスタイリングを含む写真撮影も多く担当しています。

また、ソーシャルメディアに最新情報を常にアップデートしていくことも重要な仕事です。

私たちが発信していくことで、皆さんが情報を共有できたり、

お互いにインスピレーションを与えあったりできる場を提供できたら嬉しく思います。