From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

MENU

My Bags – PartⅡ

  • By edit
  • In London
  • On Jun 1st, 2018
  • permalink

The Armoury x Porter – Traveller’s Briefcase

アーモリー x ポーター – トラベラーズ ブリーフケース

DSC00469

 

I wanted to make a briefcase that was designed for frequent travellers, formal enough for the office but also lightweight, durable and easy to use.

For such requirements, a combination of nylon and leather would be ideal.

Porter is an expert in working with these types of materials and I was extremely happy they accepted our request to collaborate with them.

 

頻繁に旅行する人の為に、ビジネス向けにフォーマルでありながら、軽くて、丈夫で、使いやすいブリーフケースを作りたいと考えていました。

そのような条件に合うものとしては、ナイロンとレザーのミックスが理想的でしょう。

ポーターは、それらの素材を使った鞄作りのエキスパートです。

今回アーモリーとのコラボレーションを引き受けてくれて、非常に嬉しかったです。

 

 

DSC00482 1写真の配色(ライトブラウンxダークブラウン)は現在取扱いなし

 

I travel frequently and still find the airport a stressful place.

To make things more manageable, I try to keep a routine for how I do things at the airport, in particular,

keeping the items I need easily at hand and trying to get through security as smoothly as possible.

The front pockets of the briefcase are tall enough to hold a passport wallet and boarding passes,

with a snap button to keep the contents secure.

At the security checkpoint, I like to be able to quickly unload all the items in my pockets into a particular spot in my bag and then load them back up again.

For this, the briefcase has a small zipped pocket on the back side of the bag that I use for all my keys and coins.

 

私は頻繁に出張するのですが、いまだに空港ではストレスを感じます。

空港でできるだけ慌てないためにも、特に、必要なものはすぐに取り出しやすくしておき、

セキュリティゲートをできるだけスムースに通過するよう努めるなど、

空港での自分なりのルーティーンを決め、守るようにしています。

ブリーフケースのフロントポケットには、パスポートケースと搭乗券がすっぽり入るよう縦長にし、

安全に収納できるようスナップボタンをつけています。

セキュリティゲートでは、私はポケットの全ての中身をすぐに取り出し、バッグの中の所定の場所に移し、

ゲートを通った後に再度元に戻すのですが、ブリーフケースの裏側には、それにふさわしいポケットとして、

鍵や小銭などを入れられる小さなジッパー付きのポケットを付けました。

 

DSC00472 1 DSC00479 1

The interior of the bag is designed to have as many pockets as possible.

It always annoys me when the contents of my bag all side to the bottom and get mixed up,

so we used additional partitions each with multiple pockets to keep everything separated and organized.

There’s a generous padded laptop compartment which holds up to a 15” Macbook Pro.

We also included a zip at the bottom of the back pocket of the bag,

which can be opened and allows the bag to be slipped over the handle of a luggage trolley.

 

バッグの内装は、できるだけ多くのポケットを付けました。

私はバッグの中身が傾いて横向きになったり、ごちゃ混ぜになるのが嫌なので、

複数のポケットがついた仕切りを多めに付けて、全てを分けて収納し、整理できるようにしました。

また、最大15インチのMacbook Proが入るパッド付のノートブック収納スペースもあります。

バッグの裏側のポケットの底にはジッパーをつけて開けられるようにし、

スーツケースのハンドルに通せるようにしました。

 

 

After our first successful run of the Traveller’s Briefcase a few years ago, we updated it to include several more colours this year.

The designer I worked with at Porter, Matsumura-san,

had some particularly excellent suggestions on leather and fabric combinations that I think are a little more adventurous but still very usable,

such as olive with black leather trims.

 

数年前に、アーモリーでトラベラーズ ブリーフケースを初めて取り扱い、売れ行きが良かったので、

今年はアップグレードして数色増やしました。

一緒にお仕事をさせていただいたポーターのデザイナー、松村さんは、

オリーブ色のナイロンに黒のレザーの縁取りなど、私にとっては少し冒険的でありながらも、

実はとても使える組み合わせ方など、特にレザーと布のミックスについて素晴らしいアドバイスをくださいました。

 

 

 

The Armoury x Jean Rousseau – Winston Wallet

アーモリー x ジャンルソー – ウィンストン ウォレット

DSC00510

Jean Rousseau are well known for their work as watch strap makers,

but actually their skills are also very suitable for small leather goods,

which they make to a very high standard.

 

ジャンルソーは、時計のストラップのメーカーとしてとても知られていますが、

彼らの技術は小さめのレザーグッズにもとても向いていて、非常にクオリティが高いものを作ります。

 

DSC00514

The Winston wallet is our first collaboration wallet with Jean Rousseau.

I was very interested in the idea of a wallet that folded twice and had two sections as it is surprisingly practical to be able to separate money from other small pieces of paper you might need.

With the Winston Wallet, you can keep cash, cards and still have one section left for receipts, business cards, transport cards or a second currency.

 

ウィンストンウォレットは、アーモリーとジャンルソーとの初めてのコラボレーションです。

私は、3つ折りで、2つの収納スペースのあるお財布を作りたいと思っていました。

お金と、その他の紙類を分けて入れられるお財布は、驚くほど実用的だからです。

ウィンストンウォレットは、お金とカードを分けて入れられ、

さらにもう一箇所、レシート、名刺、メトロカードや別の通貨を入れられるスペースがあります。

 

DSC00521

It was quite difficult to decide the size of the wallet. I wanted it to be compact but it also needed it to be a certain size in order to fit all the different sized notes of the world. Typically, we use the British 50 Pound note or the Hong Kong 1000 Dollar note as the largest size we might have to use.

この財布のサイズを決めるのには、やや苦労しました。

コンパクトにしたかったのですが、世界の色々な通貨を収められるようにするには、ある程度の大きさが必要だからです。

一般的に使うであろう一番大きい紙幣の例として、私達はイギリスの50ポンド紙幣か香港の1000ドル札を使用しました。

 

 

The design has been very successful for us and we are expanding it to include space for a small pen and notebook later this year.

結果的に、このデザインはとてもよく売れていて、これを改訂して、小さいペンとノート付きのものを今年後半に発売する予定です。

arrow-left My Bags Part1
Previous post