From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

MENU

Henry Lloyd-Hughes(Actor)

  • By edit
  • In London
  • On Mar 25th, 2016
  • permalink

ヘンリー・ロイド=ヒューズ Henry Lloyd-Hughes

DSC08173-tc

Photography: Mark Cho

 

Suit: W.W. Chan

Lapel Chain: The Armoury  online

Pocket square : Drake’s  online

Tie: Peckham Rye  similar  similar2

Watch: Omega Speedmaster

 

Introduction from Mark Cho

I met Henry through a friend of mine in Hong Kong, while he was taking a break from filming his show, Indian Summers, in Malaysia.

It turned out he had gone to the same high school in London as I did, two years below me so I didn’t know him at the time.

Maybe because we should have crossed paths so early on, I feel like we have endless catching up to do.

ヘンリーには、香港で友人を通じて知り合いました。

ちょうどマレーシアでの撮影の合間に香港に遊びに来ているところでした。

話をしていくうちにロンドンで同じ高校の同窓生であることがわかりました。

彼が2学年下なので、学生の頃は知り合いではなかったのですが、

随分前に共通した体験をしていたためか、話題は尽きませんでした。

 

Henry is a talented actor, so it makes me very happy to see him doing so well.

Finding success is difficult, filled with stress and rejection along the way.

However, Henry’s happy positivity and grounded confidence give him a great deal of resilience,

and I feel it comes through in his clothing, which is always eclectic and difficult for most people to wear,

but a very true representation of him.

ヘンリーがプロの俳優として活躍しているのをとても嬉しく思います。

仕事で成功するには、ストレスや失敗を乗り越えなくてはいけない厳しさがあります。

しかし、ヘンリーのポジティブで根拠ある自信が彼の強さを支えています。

私は彼の服装を通してそのことを感じ取りました。

いつも幅広いジャンルの、万人向けではない服装をしていて、とても自分らしさを表現していると思います。

 

The suit Henry wears is dark plum colour.

It is a difficult colour to wear but when worn well and in the right tone, looks fantastic.

Given the unusual colour, I think it’s best with very simple accessories. It is one of my favourite colours too!

ヘンリーが着ているスーツは 濃いプラム色で、着こなしは少し難しいですが、コーディネートが上手くいったときはとても格好良く見えます。

個性的な色なので、シンプルな小物を合わせると良いと思います。私がとても好きな色の一つでもあります!

 

 

<Q& A>

1. Briefly, what do you do? What were you doing before?

お仕事は何ですか?また、以前は何をされていましたか?

 

I am an actor, but I’m an enthusiast for plenty of things that divert my attention away from the world of acting.

In terms of things I’ve been paid to do over the years: I’ve been a gardener, shopkeeper, music writer, and clothes designer. I am no stranger to moonlighting.

 

私は俳優ですが、演技以外にも他にもいろいろなことに興味があります。

お金をもらった仕事としては、庭師をしたり、お店で働いたり、音楽を作ったり、服のデザインをしたりしました。

アルバイトには親しみがありますよ。

 

 

2. I very much like your style and would not have realized that you are in fact colourblind.

I always find your combinations interesting.

How do you see your clothing?

Does it have to be a combination of items, so that you can see contrast and transition, or are you able to evaluate items individually?

あなたのスタイルがとても好きで、見た目からは色盲だということは全くわかりませんでした。

いつも面白いコーディネイトをされていますよね。

あなたの目には服はどのように見えていますか?

組み合わせてみて色の対比や移り変わりを見る必要がありますか?

それとも、それぞれのアイテムを単品で評価することができるのでしょうか?

 

Hugely chuffed you say you like my style Mark.

You’re always really well put together, managing to look smart and comfortable in equal measure which is a great skill, so kudos to you.

Yes colour-blindness was something I found out about during a medical at junior school.

A lot of colours, greens and browns for example, I’ve normally shied away from as I find them hard to read.

I favour bold colours, lots of contrast usually, to make things pop, rather than tonal shades. Layering and contrasting textures are also key for me.

Taking dressy tailored elements and combining them with something coarser. I’ve got a foot in both camps, the flamboyant and the tough.

私のスタイルが好きだと言ってもらえて、とても嬉しいです。

マークはいつも素敵な装いをしていて、しかも着心地がよさそうに見えますから、スキルが必要とされることですよね。すごいです。

色盲だということは、こどもの時に学校の身体検査で発見されました。

緑色や茶色など、多くの色は見分けが付きにくいので避けるようにしています。

同系色を使うよりも、強い色味で、ハッキリしたコントラストがつけられるものを好みます。

レイヤー使いや様々な触感の生地を組み合わせることもポイントです。

ドレッシーなテイラードの服とラフなものを一緒に着ます。

私のスタイルはハデハデしさとタフさを掛け合わせたものです。

 

 

3. We talked a bit today about vanity and it’s influence in our lives, especially since we both work in industries that place an emphasis on appearance.

Vanity: A necessary evil? An evil at all? A natural part of being human?

お互いに見た目に重きを置く業界の仕事をしていることもあり、虚栄心と、その人生に対する影響について話し合いました。

虚栄心とは必要悪でしょうか? そもそも悪でしょうか?

それとも人間誰でも当たり前に持っているものだと思いますか?

 

On a technical level vanity is the enemy of acting. If you’re feeling overly concerned with what you look like you’re not at the races.

This is juxtaposed with an industry that is always focusing on what you look like!

As we were talking earlier it’s important to strike a balance between being an enthusiast for clothes and style and not being defined by only aesthetic things.

You’re a multi-faceted guy, and a bright person so i wouldn’t imagine you could get lost down a rabbit hole of self-absorbed selfie-dom.

I try to keep a lid on that, and separate the work I have to do in the public sphere from who I am day to day.

In that public side of the business I’m a salesperson selling a product like any other.

Then I go home and I close the briefcase and put the samples away!

Sometimes I’ll dress up more for myself than I would for a work event, because that’s me expressing myself as myself.

It’s important to try and work out where the line is.

技術的な面では、虚栄心は演技の敵です。自分の見た目が気になりすぎるのなら、俳優としては話になりません。

見た目を気にすることと並行して、とても大切なことです。

先ほど話し合っていた通り、服やスタイルに情熱を傾けていても、モノだけに価値を置くようにならないようバランスを取ることが大切ですよね。

あなたは聡明ですから、自己愛の穴に落ちて迷子になってしまうようなことはないと思いますが。

私もそういった部分には蓋をして、公式の場で行う仕事と、自分の毎日の生活は分けるようにしています。

仕事の面では、他の仕事をしている皆さんと同じように、商品を売ろうとしているセールスマンです。

そして家に帰ったら、ブリーフケースを閉じてサンプルを片付けます。

時にはプライベートの時間に、仕事のイベントに行くよりも更にお洒落して出かけることもあります。

これは仕事のためではなく、自分のために、自分を表現しようとしての行動です。

どこで線引きするのかを判断するのが重要だと思います。

 

 

4. To me, you are a quintessential Londoner and you’ve been a resident of Hackney for a while now.

Tell us a bit about the neighbourhood, what you like about it, what’s worth visiting, etc.

私から見ると、あなたは真のロンドン人です。ハックニー地区にもう長いこと住んでいますね。

この地域について、気に入っているところや訪問すべきところなどを教えてください。

 

Yes I feel like a Londoner first and foremost, 3rd generation which is surprisingly not as common as you’d think.

The East End has been home to me for the last 10 years, but I wanted to live here since I was a teenager.

I would spend every weekend night and day in Hoxton and Brick Lane.

I moved as soon as I could. When I’m away with work I miss London a lot; especially Hackney and the East End.

For me architecturally, culturally it has the best mixture of all the things that make London unique.

If someone had one day in London I would tell them to find the Regents Canal and just keep walking East, it’s all good.

そうですね、私は自分が何よりもロンドン人であると思っています。

私が3代目なのですが、これは思ったより少ないんですよ。

イーストエンドには10年間住んでいますが、ティーンエイジャーの頃からずっとこちらに住みたいと思っていました。

毎週末ホクストンやブリックレーンで昼夜を過ごしていて、できるようになったらすぐに引っ越しをしました。

仕事でロンドンから離れていると、ロンドン、特にハックニーやイーストエンドが恋しくなります。

イーストエンドには、ロンドンを独特の街にしている建築や文化のミクスチャーの一番いいところがあると思います。

誰かがロンドンで1日自由時間があるとしたら、リージェンツ運河を見つけて運河沿いをずっと東方面に歩いていったら、もうバッチリですよとお勧めしたいです。

 

 

5. You have a pet interest in a very particular type of clothing, could you elaborate?

特定のタイプの服に興味があるとのことでしたが、具体的に説明してくださいますか?

 

I’ve always had a collection of vintage clothes (I’ve always got too many!) something that came from that and my experiences playing sport is a project I’m cooking up to do with vintage inspired sportswear.

I’d like to build something special for those that like the feel and quality of the old stuff.

昔からずっと古着のコレクションをしていて(量が多すぎです!)スポーツをしていたこともあり、

ヴィンテージ風のスポーツウェアのプロジェクトを準備中です。

古いモノの雰囲気やクオリティが好きな人たちのために、何か特別なものを創りたいと思っています。

 

Henry can currently be seen starring in Indian Summers, in the UK.

ヘンリーは現在、英国のドラマ『インディアン サマーズ』に出演中です。

Spring looks for Tokyo Part1(#1,#2) arrow-right
Next post

arrow-left Simon Crompton(Permanent Style)
Previous post