From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

MENU

Adam Marelli(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Oct 30th, 2015
  • permalink

Photographer

アダム・マレッリ ADAM MARELLI

image1

Photography:Adam Marelli

 

Chambray Button Down Drake’s

1920’s t-shirt Merz b. Schwanen

Olive Chinos Drake’s

 

 

Q&A

1.どんな仕事をされていますか?

匠の職人を専門に撮影する写真家であり、アーティストです。

今はイタリアで、最後のゴンドラメーカーの一つである、 D.co. Tramontin e Figliを撮影しています。

 

2.スタイルと洋服についてのあなたの考え・エピソードを教えてください。

私は個人的に知っている人たちが作った服を着るのが好きです。

文化的なつながり、人と人との繋がりに気持ちが満たされるからです。

美術学校を卒業した後、12年ほど建築現場で仕事をし、

そのときの経験が私の服に対する考えを決定づけました。

スタジオや外で撮影しているときには、過酷な状況にも耐えられる丈夫な服を着ます。

セザンヌやルノワールなどの昔のアーティストが写っている写真を見ると、

シャツとジャケットを着ているのがいいなと思います。

ただ、今日買えるものの大半と比べ、だいぶラフなものだったようですね。

 

3.定期的にさまざまな職人と接し、あなた自身も職人といえる立場から、

効率を追求した、大量生産の時代である現代において、

工芸とくに職人の工芸はどのようなポジションにあると思われるか教えてください。

職人の工芸と大量市場を比較するのは、トリュフと宇宙食を比較するようなものでしょう。

1000年も長持ちするアイスクリームサンドイッチが宇宙でも美味しいなんて、

素晴らしいではありませんか? その通り!

しかし、一皿のパスタの上でとろけるトリュフを見つけるための知識、経験、

そして自然との調和は何世紀にも渡って受け継がれてきた文化です。

トリュフは、未だに神秘的な何かを物理的に具現化する一部でしかないのです。

 

職人の技も同じで、過去とのつながりであり、現在に生きており、

未来を告げることのできる、他に匹敵するものがないものなのです。

 

1.Tell us about what you do?

I’m an artist and cultural photographer who specializes in photographing master craftsmen.

At the moment I am in Italy photographing one of the last traditional gondola makers called D.co. Tramontin e Figli.

 

2.Can you provide an anecdote that speaks to your own philosophy on style and clothing?

I like to wear clothes from people I know, personally.

It creates a cultural and personal bond that I find fulfilling. So what does that look like?

 

After art school I cut my teeth in construction for a dozen years. It left a lasting impression on my style.

 

When I’m in the studio or out shooting, I like hard wearing fabrics that are well cut and can take a beating. Look at old photographs of artist like Cezanne or Renoir, I’ve always enjoyed that they could wear a shirt and a jacket, but it was much rougher than most of the things you can find today.

 

3.Dealing with craftsmen on such a regular basis and being a craftsman in your own right, how do you feel about the place of craftsmanship, particularly artisanal craftsmanship in the modern age of efficiency and mass production?

Comparing craftsmanship with mass market is like comparing a truffles to astronaut food.

Isn’t it amazing that you can have an ice cream sandwich that will last 1,000 years and still taste good in space?

Sure!

 

But the knowledge, experience, and harmony with nature that come together when fresh truffles melt over a plate of pasta represents centuries of culture.

The truffle is only the physical manifestation of something that is in some ways still mystical.

This is where craftsmanship has no peers. It is our connection to the past, living in the present, that informs the future.

kathryn Sargent(Tailor) arrow-right
Next post

arrow-left Michael Hill (Drake's)
Previous post