From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the NY category

MENU

The Making of The Armoury Lookbook 2016FW

  • By edit
  • In NY
  • On Nov 16th, 2016
  • permalink

armoury-lookbook-aw2016-fp

 

My mission for The Armoury is to try and make tailored clothing more relevant and easy-to-wear.

People today are dressing almost too casually and I want to create some resistance to that.

I love tailored clothing and want people to understand and enjoy it as much as I do.

So, at The Armoury we try to present tailored clothing in less serious ways and get people thinking: “I could wear that”.

アーモリーにおける私の使命は、テーラードの服をより適切な形で、着心地の良いものとして提案することです。

現代の人たちの格好はカジュアルすぎとも言え、私はそれに少し抵抗したいと思っています。

私はテーラードの服がとても好きで、他の人にも、テーラードの良さを理解し、私と同じくらい楽しんでほしいのです。

というわけでアーモリーでは、テーラードの服を真面目すぎない形で提案し、

皆さんに「あれなら自分にも着られる」と思ってもらえることを目指しています。

 

 

Traditionally, we have liked to shoot images in the shop.

If we were having a quiet afternoon and the light was right, we would turn off all the lights in the shop and just use natural lighting to create our images.

If a customer came in, we would turn all the lights back on and get back to serving them.

Our focus was usually on our customers’ bespoke or made-to-measure commissions and sometimes our own as well.

We wanted to highlight new makers and craftsmen visiting our store for trunk shows.

Above all, we wanted to try and create new and beautiful images.

プロモーション用の写真については、日頃からショップ内で自分達で撮影しています。

たまたまお客様が少なく光がちょうど良い感じの午後などに店内の明かりを全て消し、自然光だけを使って写真を撮ります。

お客様が入ってきたら、また明かりを全てつけて接客に戻ります。

また、私たちのフォーカスは、常にお客様の、ときに私たちスタッフ自身のビスポークやメイド・トゥ・メジャーのオーダーの受発注ですので、

新しいブランドや職人の方たちが店舗でトランクショーを行う際には、集中的に彼らを PRするようにしています。

以上の理由から、自分達で、常に新しく、美しい写真を撮るようにしています。

 

armoury-lookbook-aw2016

As our online store has grown over the years, we faced a greater need to show our ready-to-wear items.

Last year we shot our first lookbook, engaging an external photographer rather than doing it ourselves and putting two of our New York team in a studio wearing ready-to-wear outfits from the current season.

It was well received and so we aim to try out some new ideas each season and see how it goes.

We still continue to do our more candid, natural light and street photography style images as our bread and better throughout the year.

アーモリーのオンラインストアのほうも年々成長してきており、レディ・トゥ・ウェアのアイテムをより多く取り扱う必要性が出てきました。

そこで昨年初めて、アーモリーのルックブックを撮影しました。

その時は、自分達で撮影せずに外部のフォトグラファーにお願いし、

ニューヨーク店のスタッフ2人にそのシーズンのレディ・トゥ・ウェアを着てもらい、

スタジオで撮影しました。

評判がよかったので、それ以降毎シーズン、アイディアを出して新しいことを試してみるようにしているんです。

ですが、基本的には一年を通して、ありのままの自然光を使ったストリートスナップのスタイルを、私達のスタイルとして維持しています。

 

armoury-lookbook-aw20162

I’m fortunate enough to be friends with a talented menswear illustrator, Mr Slowboy.

We wanted to do a project together and so the lookbook for FW 2016 was a good opportunity to see what might be possible.

幸運にも私の友人に、才能あるメンズウェアのイラストレーター、ミスター・スローボーイがいるのですが、

彼とはかねてから一緒に何かやりたいと話していたので、

2016年秋冬のルックブックで一緒にどんなことができるかを試してみることにしました。

 

armoury-lookbook-aw20163
I’m a big furniture junkie, particularly for designers like Poul Kjaerholm, Jorgen Hoj,

Hans Wegner and Arne Jacobsen. Another friend of mine was recently appointed to run a new workspace / dining / bar concept in New York called Spring Place.

The interiors are some of the best I’ve ever seen and very much in the aesthetic of the designers I love.

So, I asked if I could do the shoot on their premises, which he kindly agreed to.

私は大の家具ファンで、特に、ポール・ケアホルム、ヨーゲン・ホイ、ハンス・ウェグナー、アルネ・ヤコブセンなどのデザイナーが好きです。

別の友人が最近、ニューヨークに新しくできた、スプリング・プレイスというオフィス兼ダイニング・バーの経営に任命されました。

そのインテリアは、これまで私が見た中でもとても素晴らしく、私の好きなデザイナーたちの美学に則っているもので、

ここでルックブックの撮影を行うことにしました。

 

armoury-lookbook-aw20164

 

The idea with Mr Slowboy was to do draw in some Roger Rabbit style illustrated figures interacting with real people.

The people and the environments would be more conservative, classic, flat imagery and the illustrations would bring it to life.

Jim, the redhead, is our New York shop manager and a great musician. Rich, the non-redhead, is one of our sales guys and also a fantastic illustrator.

The two of them wore this season’s ready-to-wear and I wore some of my own bespoke pieces from the different makers The Armoury represents.

The illustrated character is someone Mr Slowboy came up with, a mix of different people at The Armoury.

We named him Arthur, after the lion in our logo. He also wears items from this season.

ミスター・スローボーイとのアイディアは、ロジャー・ラビットのスタイルで、

イラストのキャラクターが実際の人間とやりとりしている様子を描くというものでした。

人物と背景はあくまでもコンサバティブでクラシックでフラットなイメージですが、

イラストレーションがそこに生き生きとした感じを与えています。

赤毛のジムはニューヨーク店の店長で、素晴らしいミュージシャンでもあります。

もう一方のリッチはニューヨークのセールススタッフで、才能あるイラストレーターでもあります。

二人が着ているのは今シーズンのレディ・トゥ・ウェアで、私が着ているのはアーモリーで扱っている様々なブランドのビスポークのアイテムです。

イラストのキャラクターは、ミスター・スローボーイが アーモリーの関係者達をミックスして作り上げたキャラクターです。

アーモリーのロゴのライオンにちなんで、アーサーという名前をつけました。

彼自身も、今シーズンのアイテムを着用しています。

 

armoury-lookbook-aw20165

 

We planned the images, then shot them and drew the illustrations.

We then looked for an order to the images and a theme to tie it all together.

Since the space we were in was a workspace / dining / bar concept, we decided to call it “Work and Play”,

to suggest that The Armoury and the clothes could be not just for the office but also for relaxation after work.

I thought it would be nice to add a little timestamp in the corner of each image to give a bit more context.

It was a fun project to execute, I like the concept and I wish I had more time to refine it into a longer series but it has made for a memorable start to 2016’s Fall Winter season at The Armoury!

このルックブック製作の過程として、まず写真の内容を決め、撮影をし、イラストレーションを描きました。

それから写真の並べる順番を決め、すべてをまとめるテーマを決めました。

撮影した場所はオフィス兼ダイニング・バーというコンセプトなので、「仕事と遊び」というテーマに決めました。

アーモリーの服は、オフィスのみならず、仕事の後のリラックスした時間にもぴったりだという意味を込めています。

それぞれの写真の端に時刻を入れて、内容を少し膨らませてみました。

このプロジェクトは取り組んでいてとても楽しく、コンセプトも気に入ったので、

より長いストーリーにするためにももう少し内容を練る時間があればよかったと思いました。

しかし、このルックブックのおかげで、アーモリーの2016年秋冬の良いスタートが切れたことは確かです!

Richard Carroll(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 23rd, 2016
  • permalink

The Armoury NYC

リチャード・キャロル Richard Carroll

RichardCarroll

Ring Jacket Silk Sport Jacket  online

Drake’s Denim Chambray Shirt  online

Tie Your Tie  Cotton/Silk Seven Fold Striped Tie similar

ROTA Grey Trousers  online

 

Richard hails from Australia, full of talent for style and art.

He spent his formative years with his uncle at Strand Hatters, one of the most famous hat stores in Australia,

and is The Armoury’s resident hat expert.

Richard is also a skilled illustrator and regularly draws for our website and our shop windows.

He is a pleasure to work with, always enthusiastic, with a smile and ready for beers at the end of the day.

リチャードは、オーストラリア出身、スタイルとアートの才能に溢れています。

キャリアの初期の頃、オーストラリアで最も有名な帽子専門店のひとつ、

ストランド・ハッターズで叔父さんと共に働いていた経験があり、現在はThe Armoury専属の帽子専門家です。

リチャードはイラストレーターとしての才能もあり、

The Armouryのウェブサイトやショップのショーウィンドウにときどき絵を描いてくれています。

一緒に働いていてとても楽しく、いつも笑顔で一生懸命、そして仕事の後のビールが大好きなんです。

 

1. Could you give us a brief history of your career?
あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

After highschool I went and studied Art and printmaking in Canberra but I dropped out after a couple of years.

During that time and for a few years after that I had a lot of different jobs.

I was a cook at a cafe, a barrista, I worked in bars and then I started DJing at nights with some friends.

Eventually I got burnt out in Canberra and moved to Sydney where I started working with my uncle in the Strand Hatters.

That was kind of during the start of the menswear renaissance and I feel I learned a lot and we really helped to pioneer a certain sort of style around Sydney.

I developed a few hats and small accessories with my uncle and started to get a bit of a taste for the grander world of menswear.

After a few years at the hat shop I went back to school to finish my degree, got to go on exchange at Parsons here in New York,

fell in love with the city (and an American girl) and decided to move back. Now I work at the Armoury!

高校を卒業後、キャンベラでアートと版画を勉強しましたが、数年で退学しました。

在学中とその後数年間は、あらゆる仕事をしました。

カフェでコックやバリスタとして働いたり、バーテンダーをしたり、友人達とDJをしたり。

結局キャンベラで燃え尽きてしまい、その後シドニーに引っ越し、

ストランド・ハッターズにいた叔父のもとで働き始めました。

時期としてはまさにメンズウェア復興の兆しが出てきた頃で、私もたくさんのことを学びましたし、

当時シドニーで生まれた新しいスタイルの確立にも貢献しました。

叔父と共に、帽子数点と小物を製品化し、

メンズウェア業界のより大きな部分が見えるようになりました。

その帽子店で数年間働いた後、私は学位を取るため大学に戻ったのですが、

在学中にニューヨークのパーソンズ大学へ交換留学で来て、

この街に恋し(そしてアメリカンガールにも恋をして)、

大学卒業後にまたニューヨークに戻ってきました。

そして現在The Armouryで働いているんです!

 

2. Could you talk a little about Stand Hatters?
ストランド・ハッターズについて少し紹介していただけますか?

The Strand Hatters is one of those really special shops that have almost all disappeared.

The established (old) menswear specialty shop/haberdasher.

One of those places where you get the feeling you can walk into and maybe buy something that is 20 or 30 years old.

My uncle Bob has been working there since the 80s and so even he has sort of become a part of Sydney legend.

We used to get all sorts of customers in there and I think there is something really great about a shop that can appeal to Australian truck drivers and farmers as much as Leonardo Dicaprio.

ストランド・ハッターズは、最近ではもうほぼ見かけなくなった、本当に特別なタイプのショップです。

昔ながらのメンズウェアの専門店・紳士用装身具店で、店内に一歩足を踏み入れると、

20年も30年も前にタイプスリップしたような感覚にとらわれるようなお店。

叔父のボブがそこで80年代から働いていて、

彼自身がシドニーのレジェンドとしてちょっと有名だったのです。

あらゆるタイプのお客様がそこには来ました。

オーストラリア中のトラック運転手や農業の方たち、そしてレオナルド・ディカプリオまで、

あらゆる男性を惹きつける何か特別な魅力がこの店にはあるんです。

 

3. What do you do at The Armoury?
The Armouryでは何をしていますか?

I work on the sales floor at the Armoury New York and so my day to day activities revolve around helping people in store,

making sure clients are happy with their garments, and teaching people about what the Armoury is.

I feel like a lot of what makes our store cool is that we are as interested in teaching and informing our customers about clothing,

be that manufacturing processes and materials or the social and cultural history of clothing.

I also take on a lot of responsibility for the physical presence of the New York store, probably due to my history in the graphic and fine arts,

so I am always trying to come up with new ways to display things and make sure the store looks fresh.

And finally, and I’m really excited about this, I have recently been working with our press and online guys to make illustrations for online content.

ニューヨーク店で販売員として働いています。

仕事の内容は日によってさまざまですが、主にお客様が満足のいくお買い物ができるよう、

売り場でお手伝いをしたりThe Armouryについての紹介をしたりしています。

The Armouryでは、お客様にそれが生産過程であれ、素材、社会的・文化的背景であれ、

洋服にまつわるあらゆる情報や知識をお伝えすることにスタッフ皆が非常に熱心なんです。

他にもグラフィックやアートの学歴を持つことから、店舗のプレゼンテーションも任されており、

新しいディスプレイ方法を考えたり、店内がいつも新鮮に見える工夫をしたりしています。

また最近のとてもエキサイティングな仕事としては、プレスやオンライン担当者と一緒に、

オンライン用のコンテンツ制作に携わっていて、私がイラストを描いているんです。

 

4.How would you characterize your style?
あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I like an almost recontextualised classic American Ivy style.

Repp ties, chinos, checked odd jackets, penny loafers and button down shirts.

I mix true vintage with reproduction with a little contemporary Italian thrown in.

I kind of think that I approach Ivy style with a Japanese mindset it’s closer to an obsessive costume for me than it is a natural born right.

Lately I have been wearing my shirts a little fuller and my trousers a little longer.

アメリカのクラシックなアイビースタイルを再解釈したスタイルが好きです。

レップタイ、チノパン、チェックのオッドジャケット、ペニーローファー、ボタンダウンシャツ。

本物のビンテージと復刻版にコンテンポラリーなイタリアンを少しミックスします。

持って生まれたスタイルではなく、計算して着こなしているという点では、

日本的解釈のアイビースタイルのアプローチに近いと思います。

最近、シャツは少し大きめに、トラウザーは少し長めにして着こなしています。

 

5. How do you find New York? Especially in comparison to Sydney?
ニューヨークについてどう思いますか? 特にシドニーと比べるとどうですか?

A lot of people ask me this and expect me to be surprised by New York but a lot of the time for me the cities are fairly similar in feel.

One of the coolest things I think about NYC is that, even despite its size, so much of our contemporary cultural collateral is based on,

or directly came from, New York and when im here I find it really hard to avoid that.

A cartoonist friend of mine, who is from Sydney but is based here, recently told me “if I’m not in New York,

I just don’t think anything I do makes a difference”.

多くの人がこの質問をして、私にニューヨークに驚いている反応を期待するのですが、

私にとっては都会は感覚的にはどこも似ているように感じられます。

ただ、ニューヨークのクールな点の一つは、その面積の小ささにもかかわらず、

現代文化の非常に多くのものがニューヨークに関連もしくは由来しており、

今ここで生活をしながらその影響力の大きさを目の当たりにしています。

シドニー出身でニューヨーク在住の漫画家の友人が最近こんなふうに言っていました。

「もしニューヨークにいなければ、私のすることは何も特別ではない」と。

 

6. What is Sydney style?
シドニーのスタイルとはどのようなものですか?

Americans always tell me that Americans dress in a very casual way now but in Australia we really do.

There is much more a culture of dressing down and of stealth wealth than I see here.

Sydney particularly has a relaxed take on mens clothing but the things I tend to think of as emblematic are bold and patterned shirts,

not wearing a tie, unstructured jackets, brighter blues and lighter greys, winter whites, RM Williams craftsmen boots and of course fur felt hats!

アメリカ人は、最近の自分たちの格好がとてもカジュアルになったと言いますが、

オーストラリア人ほどではありません。

私が見るに、アメリカ以上にオーストラリアにはドレスダウンする文化があり、

着飾らないお金持ちが多くいます。

シドニーは特にリラックスしたメンズウェアが主流で、象徴的なスタイルとしては、

大胆な柄のシャツ、ネクタイなし、アンストラクチャード・ジャケット、明るいブルー、薄いグレー、

ウィンターホワイト、R.M.Williamsのクラフツマンブーツ、

そしてもちろんファーフェルトハットなどがあると思います。

 

7. You are also a skilled illustrator, having made some fine images for our website and our window displays. Who are your influences?

あなたは才能あるイラストレーターでもあります。

The Armouryのウェブサイトやウィンドウディスプレイにもイラストを描いてくれました。

どんなイラストレーターに影響を受けましたか?

My largest influences are always those midcentury cartoonists who have a really bold, simple line and a lot of energy.

Like Alex Toth’s shadows and perfect line, the gouache paintings of Mary Blair,

Kazuo Hozumi’s Ivy characters and Harvey Kurtzman’s everything!

I also am heavily influenced by the 2nd wave of underground cartoonist who appeared in the early-mid 80s guys like Dan Clowes,

Peter Bagge, Seth and the younger but sublime Adrian Tomine.

私が一番大きな影響を受けたのは、エネルギーが感じられる、

太くシンプルな線で描くミッドセンチュリーの漫画家達です。

Alex Tothの影と完璧な線や、Mary Blairのガッシュ画、穂積和夫のアイビーキャラクター、

そしてHarvey Kurtzmanの全てに影響を受けました!

また80年代初期〜中期に登場した、第二次のアンダーグラウンドの漫画家達にも大きな影響を受けました。

例えば、Dan Clowes、Peter Bagge、Seth、若いけれど才能あるAdrian Tomineなど。

 

8. What is the favorite thing you’ve drawn recently?
最近描いた作品で気に入っているものはありますか?

I drew a little 4 silent panel comic about NYC last year and I don’t know if I will ever draw something I like as much again!

去年ニューヨークについての4コマ漫画を描いたのですが、

あれほど気に入るものをまた描けるかわかりません!

 

9. What are your favorite works from other artists?
他のアーティストの作品ではどんなものが好きですか?

A couple that spring to minad are Ice Haven by Dan Clowes, Tomine’s New Yorker covers (essentially all of them),

Chuck Closes “One Froggy Evening”, Sokol’s 60s playboy pages… too many things to name.

Also there are a couple of Stuart Davis paintings on display in this weird back room in the mets

modern art section that I LOVE.

Dan ClowesのIce Haven、Tomineの雑誌「ニューヨーカー」のカバー(基本的にすべて)、

Chuck Closesの“One Froggy Evening”、Erich Sokolの60年代のプレイボーイの作品など、

たくさんありすぎて挙げられないほど。

メトロポリタン美術館の現代アートセクションのバックルームに展示されている

Stuart Davisの作品も大好きです。

Jim Parker(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 4th, 2016
  • permalink

The Armoury NYC   Shop Manager

ジム・パーカー Jim Parker

JimParker (1)

VBC Blue Hopsack Sport Jacket Liverano & Liverano similar

Denim Chambray Shirt The Armoury  online

White Linen Trousers  Rota  online

 

Jim is the shop manager of The Armoury NYC.

Friendly and even-keeled in nature, neatly dressed with a tendency for shades of blue,

he has been a huge part of the team in NYC.

He also happens to be from Nashville, Tennessee,

part of the Southern States with its own distinct culture with huge influence on American style and music.

As a Southerner, Jim is my reference for how best to wear seersucker, the classic American summer suiting.

ジムは、アーモリーのニューヨーク店の店長です。

フレンドリーで常に安定した性格、ブルー系を使ったきれいな着こなしで、

ニューヨークチームの重要な部分を占めている人物です。

アメリカのスタイルや音楽に大きな影響を与えた、

独特のカルチャーを持つアメリカ南部テネシー州のナシュビル出身でもあります。

南部生まれのジムは、私にとってアメリカのサマースーツの定番である

シアサッカーの着こなしのお手本でもあります。

 

 

1.
Could you give us a brief history of your career?

あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

I dropped out of recording engineering school because I couldn’t stand the thought of sitting in a dark room,

staring at a computer screen for hours on end–a pretty typical day for an audio engineer.

I also knew I wouldn’t do well in a typical 9-to-5 desk job. So, after a few years,

I realized I could turn my lifelong interest in men’s style into some sort of career.

I went back to university and finished with a degree in fashion merchandising.

After that, I snagged an entry level job at an old-school haberdashery in Nashville, and it all took off from there.

レコーディングエンジニアの学校に通いましたが、

何時間も暗い部屋でコンピューターのスクリーンを眺めるような仕事はできないと思い

(それがエンジニアの典型的な一日ですが)、中退しました。

また、いわゆる九時五時の仕事もあまり得意ではないとわかっていましたので、

数年後に昔から興味のあったメンズスタイルの道に進もうと決めました。

その後、ナシュビルにある昔ながらの紳士用装身具店にて、エントリーレベルの仕事を始め、

そこからキャリアが始まりました。

 

2.
What do you do at The Armoury?

アーモリーでは何をしていますか?

I manage the Armoury New York retail store, which means my day-to-day activities are never set.

Most days, though, you can find me on the sales floor leading clients through our made-to-measure process

and assisting my staff in providing the best service possible.

ニューヨーク店の店長をしています。

仕事の内容はその日によって異なりますが、ほとんどの場合、売り場にてお客様の採寸のお手伝いをしたり、

できるだけ良いカスタマーサービスをご提供できるよう、スタッフのサポートなどをしたりしています。

 

3.
How would you characterize your style?

あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I wish I could give a concrete answer to that question, but I can’t.

My style, like most people’s, goes through phases.

I live in Williamsburg, Brooklyn, one of the trendiest neighborhoods in the country,

and most people there don’t wear classic menswear.

So lately, I’ve been interested in how to wear the clothing I enjoy without standing out, too much at least.

That typically means wearing coarser, more casual fabrics–nothing too slick–and odd jackets and trousers instead of suits.

その質問に対して明確にお答えできればいいのですが、残念ながらできません。

私のスタイルは、多くの人がそうであるように、時期を経て変わってきています。

私は今、世界中で最もトレンディな街のひとつ、ブルックリンのウィリアムスバーグに住んでいるのですが、

そこに住んでいる人達は、クラシックなメンズウェアを着ません。

ですから最近の私は、いかに周囲から浮かない形で、自分の好きな洋服を着こなすか、

ということに関心があります。

大抵、艶のある素材は身につけず、もっときめの粗い、よりカジュアルな素材を選び、

スーツではなく上下不揃いのジャケットとトラウザーズを合わせています。

 

4.
How do you find New York? Especially in comparison to Nashville?

ニューヨークについてどう思いますか?

特にナシュビルと比べるとどうですか?

New York is so much faster-paced than Nashville, but I like it.

Just about anything one could ever want is available here, which is simultaneously liberating and frightening.

ニューヨークはナシュビルに比べると非常にペースが早いですが、私はそれが好きです。

またどんなことにおいても、欲しいと思うようなものは、全てニューヨークにあります。

それは、とても自由なことであり、また同時に恐ろしいことでもあると感じます。

 

5.
As a Southerner, could you describe what a Southern Gentleman is?

What do you think of the term?

南部出身のあなたから、「南部男性(Southern Gentleman)」について説明してもらえますか?

A Southern Gentleman treats everyone as a friend, even a stranger.

He introduces himself by his full name, and refers to new acquaintances as Mr. or Ms.

He dresses appropriately for the occasion.

He always opens the door for the fairer sex, pulls out her chair, helps her with coat.

And never swears in front of her.

南部男性は、たとえ見知らぬ人であっても、全ての人を友達として扱います。

自己紹介をする際はフルネームを名乗り、新しく知り合った人には「ミスター」「ミズ」をつけて呼びます。

TPOをわきまえた服装をします。

女性に対しては必ずドアを開け、椅子を引き、コートの脱ぎ着を手伝います。

また、女性の前で決して悪態をつきません。

 

6.
What do you think of seersucker?

シアサッカーについてどう思いますか?

Well, I’m wearing seersucker as I type this, so I suppose I’m a fan.

It’s a polarizing fabric–it seems when I wear it, everyone notices and has an opinion about it.

I just like it because it’s practical and reminds me of home.

そうですね、まさに今シアサッカーを着てこれをタイプしていますので、

私はシアサッカーのファンといえるでしょう。

ただ、賛否両論のある生地で、私がシアサッカーを着ていると皆気が付きますし、

それぞれの意見を言ってきます。

実用的ですし、故郷を思い出すので、私は好きなのですが。

 

7.
You are also a keen musician, having spent a great deal of time performing live as well.

What do you like to play? Why?

あなたは熱心なミュージシャンでもあります。

これまで数多くのライブも行ってきたようですが、何を演奏するのが好きですか?

またそれはなぜですか?

It depends, really.

If I’m onstage, I like to play anything that makes the crowd happy.

If I’m just playing by myself, I’m usually working to improve an aspect of my playing I feel is lacking.

Right now, that’s uptempo country runs.

その時によります。

ステージでの演奏でしたら、観客をハッピーにする曲を演奏するのが好きです。

一人のときはたいてい、力不足だと感じている部分を改善するための練習として弾きます。

 

8.
Who are your musical influences?

影響を受けたミュージシャンは誰ですか?

Oh, so many! Off the top of my head, I can say I’ve stolen a lick or two from Randy Rhoads, Andy Summers, Alex Lifeson, Jake E. Lee, Prince,

Billy Corgan, Johnny Marr, George Benson, Eddie Van Halen, the Edge, Mike Campbell, Jack White, Brent Mason, Vince Gill, Daniel Donato,

Zakk Wylde, and so many more I’m forgetting.

たくさんいます!

思いつくところから、ランディ・ローズ、アンディ・サマーズ、アレックス・ライフソン、

ジェイク・E・リー、プリンス、ビリー・コーガン、ジョニー・マー、ジョージ・ベンソン、

エディ・ヴァン・ヘイレン、ジ・エッジ、マイク・キャンベル、ジャック・ホワイト、ブレント・メイソン、

ヴィンス・ギル、ダニエル・ドナート、ザック・ワイルド、

他にも名前が出てこなかった人がたくさんいます。

Brian Davis(Wooden Sleepers)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 25th, 2015
  • permalink

WOODEN SLEEPERS

ブライアン・デイヴィス Brian Davis

DSC06953-tc

 

Vintage oxford cloth button down shirt Gitman

Norwegian Sweater L.L. Bean

Field Jacket L.L. Bean

5 Sports Automatic 100m Scuba Diver (gift from Jeremy) Seiko

Double Diamond Khaki Trousers Lot 451 The Real McCoy’s

Jack Purcell Signature in white Converse

Vintage heavy duty canvas coal bag Wooden Sleepers

 

<Mark Choさんからの紹介文>

ブライアンとは一緒に働いている仲間の一人を通じて最近知り合いました。

ブルックリンのレッドフックで素晴らしいヴィンテージショップを経営しています。

私にとって、ブライアンがやっていることは2つの点で興味深いです。

 

I met Brian recently through one of our colleagues at the store.

He owns an excellent vintage shop in Red Hook, Brooklyn.

What Brian is doing is interesting to me from two perspectives:

 

1. ブライアンのセレクションは、ワークウェアとミリタリーウェアなどの実用的な服に強く比重を置いています。

実用性を重んじてデザインされた服は、どんなデコレーションにも負けない美しさがあると思います。

機能が重視されていて見た目もすっきりとしたものになります。

 

1. Brian’s vintage selection, has a strong emphasis on workwear and military wear, i.e. clothing that is designed for practical use.

I find items designed in this way as beautiful as any decoration.

It makes the appearance of the garment very clear and focused on its function.

 

2. ブライアンはニューヨークの新興地域であるレッドフックにお店を構えていて、

いわゆるショッピングエリアからは遠く離れています。

残念ながら、ニューヨークシティのように賃料が高くて場所を見つけるのが難しいロケーションからは、

良いお店は押し出されてしまうことが多いです。

レッドフックはブライアンに素敵なお店を出すチャンスを提供しましたが、街中からの距離があることで、

お客がわざわざ行きたいと思うような魅力的な場所であることが必須になっています。

 

2. Brian has setup in Red Hook, very much an up-and-coming part of New York but far from the normal retail areas.

Unfortunately, good and interesting retail can be so easily crowded out of markets like New York City which are expensive to find space in.

Red Hook gives Brian the opportunity to create a beautiful store but the distance from the main areas of the city means he must work to a high standard to attract people to come to him.

 

<Q&A>

 1)服飾関係の仕事についたきっかけと、素晴らしいヴィンテージショップをオープンさせるまでの経緯を教えてください

 1. Tell us a little about how you started getting into clothing and finally ended up with a superb vintage shop

 

生まれて初めて強く興味を持ったアイテムは、アディダスのサンバクラシックでした。

1992年、小学4年生のときです。本当に大好きになってしまいました。

エア ジョーダンやナイキには興味がない子どもでした。

私の町ではサッカーの人気が高く、サンバが王様でした。

祖母にこの靴を買ってもらい、学校で一番クールになった気持ちでした。

1994年、6年生になったころには、カート・コバーン、スヌープドギードッグ、CSSスケートボード通販カタログに

同等の割合で影響を受けていました。

ネルシャツ、ディッキーズのワークパンツ、オールスターのチャックテーラー、リーバイス501、バンドやスケボーのTシャツなど。

初めてのチャリティショップは、天から啓示を受けたような体験でした。

1996年、高校1年生のときです(訳注:アメリカの高校は日本での中学3年生から4年間)。

祖母がイースタンロングアイランド病院のチャリティショップでボランティアをしていて、

ヴィンテージTシャツが1枚25セントで買えました。

それに味をしめて、救世軍や他のチャリティショップにも行くようになりました。

1999年に11年生(訳注:日本でいう高校2年生)になった頃には

ロングアイランド鉄道に乗って、Canal Jeansの地下、 Search and Destroy on St. Marksなど

マンハッタンのSOHOやロウアーイーストサイドの古着屋に頻繁に通うようになっていました。

 

その頃ガールフレンドだった妻のアリソンに勧められて、2010年にオンラインの古着屋を始めました。

彼女の助けもあり、2010年の4月に 古着のメンズウェア、小物、生活雑貨の小さなコレクションをもって、

Wooden Sleepers をEtsy上にオープンしました。

年末には 唯一のヴィンテージストアとして

J. Crew、リーバイス、 L.L. ビーン、Red Wing 、Warby ParkerなどのブランドとともにPop Up Fleaに参加し、

トライベッカのSteven Alanにショップ・イン・ショップとして出店しないかと誘いを受けました。

Wooden Sleepersは私のアパートからブルックリンのグリーンポイントにあるスタジオスペースに移転し、

予約制でお客様を迎えながらビジネスを成長させました。

私はずっと実店舗をオープンさせることを夢見ていたのですが、

2014年11月にブルックリンのレッドフック地域にてそれが実現しました。

 

The first item of clothing I remember having a strong opinion about was the Adidas Samba Classic.

The year was 1992 and I was in fourth grade.

I was enamored with them. I was never an Air Jordan/Nike kid.

Soccer ruled in my town and the Samba was king.

My grandmother bought them for me and I felt like the coolest kid in school.

By the time I was in sixth grade in 1994, my style was influenced by equal parts Kurt Cobain, Snoop Doggy Dog, and the CCS skateboarding mail order catalog – flannel shirts, Dickies work trousers, Chuck Taylor Allstars, Levi’s 501 jeans, band/skate t-shirts, etc.

My first experience in a thrift store was revelatory.

It was 1996 and I was a freshman in High School.

My Grandmother volunteered at the Eastern Long Island Hospital Thrift Store and I would buy vintage t-shirts for $0.25 a piece.

That turned into digging at Salvation Army and other thrift stores.

By the time I was in 11th grade in 1999, I was making frequent trips to downtown Manhattan via the Long Island Railroad to shop for vintage in the basement of Canal Jeans, Search and Destroy on St. Marks, and the myriad of other nameless vintage shops in SoHo and the Lower East Side.

It wasn’t until 2010 that my wife, girlfriend at the time, Allison suggested that I start a vintage men’s wear shop online.

 

With her help, I launched Wooden Sleepers on Etsy in April of 2010 as a small collection of vintage men’s wear, accessories, and objects for the home.

By the end of the year WS had participated Pop Up Flea as the only vintage seller alongside brands like J. Crew, Levi’s, L.L. Bean, Red Wing Shoes, and Warby Parker; and were invited to set up a shop in shop at Steven Alan in Tribeca.

I moved WS out of my apartment into a studio space in Greenpoint where I held private shopping appointments and grew the business.

My dream all along was to open a retail store, which we did in the Brooklyn neighborhood of Red Hook in November, 2014.

 

2) 特に意識して集めているアイテムや年代のものはありますか

2. Any particular vintage items or periods you focus on

 

北東部のレンズを通した、クラシックアメリカンスタイルです。

ミリタリーの一部、アウトドア、ワークウェア、スポーツウェア、そしてトラディショナルなアイビースタイル。

それに関連した生活雑貨、例えば古い本、ブランケット、アンティークなども扱います。

 

Classic American style through a Northeast Atlantic lens: select Military, Outdoors, Workwear, Sportswear, and Traditional “Ivy” style.

We also stock relevant home items such as old books, blankets, and other antiques.

 

3)投資としてのコレクションを行いますか?

お店で売るため以外に集めた、自分のコレクションを売ることはあると思いますか?

 3. Do you treat collecting as an investment?

Outside of the things you collect and sell at the store, would you sell any of your more personal items?

 

私生活において、転売の意図を持って買い物することはありません。

普通の人よりも服にすごく興味があって、それでいいと自分で思っています。

スポーツが大好きで、試合の結果などの統計を百科事典並みに覚えている人もいるでしょう。

私は一つのアイテムやブランドについて調べたり、お店で店員さんやオーナーと話したり、何かを試着したり、

買ったり、できるだけ長くそれを使ったりする一連のプロセスをすごく楽しんでいます。

 

In my personal life, I do not buy things with the intention of “flipping”.

I am much more interested in clothing than a normal person and I’m ok with that. Some people like sports and have an encyclopedic knowledge of stats and whatnot.

I enjoy the process of researching an item or brand, visiting a retail store, having a conversation with a salesperson or store owner, trying on a product, purchasing, and beating the hell out of it for as long as it lasts.

 

4)ヴィンテージ市場は次にどうなると思いますか?

拡大していると思いますか? もっと一般的になりますか?

もう安定してしまいましたか?

4. What do you think is next for the vintage market?

Do you feel like it’s growing? Becoming more mainstream? Plateau’d?

 

今は、何かに特化したスペシャリティヴィンテージストアが面白いですね。

普通の人たちは、高すぎる洋服をぎゅうぎゅうに詰め込まれた 棚から何時間も掘り起こすことはしたくないでしょう。

少ないほうがいい。編集力にかかっています。

お店の力量は、言葉を使わないで物語を紡ぎ、気持ちや雰囲気などで人々の感情に訴えかけられることです。

最終的には、ノスタルジアです。懐かしく思う気持ちはとても力強いものです。

何に惹かれるかは人によって違います。

ヴィンテージストア、いやどんな店にとっても、一番大事なことは本物であること、

良い隣人であり、入ってきた全ての人に素晴らしい体験をもたらすことです。

そういった意味で、Wooden Sleepersはヴィンテージ好きの人たちだけでなく、

よりメインストリームの顧客も引きつけます。

 

The specialty vintage store is what is most exciting now, stores with a strong point of view.

Normal people do not want to dig around for hours, picking through overcrowded racks of overpriced clothing.

Less is more. It’s all about the edit.

The ability for a shop to tell a story without words, to communicate a feeling, a vibe, something that connects with people on an emotional level.

Ultimately, it’s nostalgia. Nostalgia is very powerful.

Different people are drawn to different things.

For a vintage store, or any store for that matter, the most important thing is authenticity, being a good neighbor, and providing an amazing experience for anyone who comes through the doors.

In that way, Wooden Sleepers appeals to a more mainstream audience – not just the vintage connoisseur.

 

5)あなたのスタイル・ヒーローは?

5. Any style heroes for you?

 

私の友人たち、Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderonなどです。

 

My friends – Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderon, and many more.

 

6)あなたはブルックリンの中でも新興エリアにいますが、少し紹介してもらえますか?

6. You are in quite a new, up-and-coming area of Brooklyn, could you talk about it a little?

 

レッドフックには、地域住民の付き合いがあります。

道ではみんな挨拶します。みんなが知り合いです。

小さな商店のコミュニティが繁栄しています。

イケアを除いて、ほぼ全てのビジネスが個人経営です。

飲食店も素晴らしいです。

とてもハッピーに過ごしています。

深呼吸してニューヨーク港からの潮風の匂いを嗅ぐと、

私の故郷、ロングアイランドにあるノーフォークを思い出します。

 

Red Hook has a real neighborhood feel.

People say “hello” to each other on the street.

People know each other.

There is a thriving small business community.

With the exception of Ikea, most all of the businesses are independently owned and operated.

The food and drink is incredible.

I am very happy there.

I like taking a deep breath and smelling the salt in the air from New York Harbor,

it reminds me of home on the North Fork of Long Island.

Agyesh Madan(Stòffa)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 15th, 2015
  • permalink
Stòffa
アギッシュ・マダン Agyesh Madan
DSC06864-tc (1)
- Rollable felt hat in cement (Stòffa)

 

- Cashmere Silk Jacquard Scarf (Stòffa)

 

- 002 flight jacket in sand suede (Stòffa)

 

- white pique polo (unknown)

 

- Double pleated trousers in sand peached cotton (Stòffa)

 

- Belgian Shoes

 

<Mark Choさんからの紹介文>

Great design cannot come from nothing.
An interesting design can come on a whim,but a great design require focus and perseverance,
as if chiseling an enormous stone into a a tiny but brilliant object.
Agyesh understands this better than most.
He has been on a long journey,constantly learning new skills and developing new ideas without pause,
and I always look forward to the things he has designed.
Although his designs are new, they emerge fully formed,with a great deal of thought put into them.
I particularly admire his dedication to colour and colour theory which he applies carefully and respectfully.
Given his background, which he explains in the interview,I think he is an exemplar of art and science.

 

素晴らしいデザインは、何もないところからは生まれてきません。
面白いデザインはパッと思いつくことができるかもしれませんが、
素晴らしいデザインを創るには、例えば大きな岩から小さいけれども輝かしい彫刻を掘るように、
粘り強く集中して努力することが必要です。
アギッシュはこのことを誰よりもよく理解しています。
彼は新しいスキルを学びながら休みなく新しいアイディアを考え続ける長い道を歩んでいますが、
私は彼がデザインしたものをいつも楽しみにしています。
彼のデザインは新規のモノばかりですが、
世に出る際にはいろいろと考えた末の完成形になっています。
特に色使いや色合いに関して、彼は凄まじい努力と、大変な気配りをされています。
下記インタビューで説明されますが、
彼はアートとサイエンスの両方を備えた人物の良い例といえるでしょう。

 

Dear readers,
It’s been nearly a year of me writing this column, I have certainly enjoyed writing it and I hope you have enjoyed it, too.
My interviewees are far too complex to be covered in a few paragraphs and I think a lot more could be learned from them.
I intend to pose additional questions to each of them to create a part 2 of our conversations.
At this time, I would also like to invite readers to pose additional questions to the interviewees.
Please feel free to contact me at:markcho@thearmoury.com.
English or Japanese questions are welcomed.

 

読者の皆様へ
このコラムを初めて、もう1年になります。
私は楽しんでいますし、皆様にも楽しんでいただけているとよいなと思っています。
今まで登場した人物たちは、短い文章には収まりきらない方たちで、
もっといろいろなことを教わる余地があります。
それぞれの人物に追加の質問をして、インタビューの第2部を行いたいと思っています。
皆様からも、今までの登場人物に対して何か訊きたいことがあれば、
markcho@thearmoury.com宛にお寄せください。
英語・日本語どちらでもオーケーです。
 

<Q&A>

1. Can you talk about your path into the clothing industry and where you are now?

服飾の仕事に就いた経緯と、今は何をしているかを教えてください

 

I think my journey is simple.

I started off as computer engineer focusing on web applications where through my experience at an e-commerce startup,

I discovered my passion for the clothing industry and more so a fascination with production.

I followed that up with a stint at Parsons, Newschool for design where I focussed on textile and product development.

During my time there I was fortunate to discover the neapolitan brand ISAIA Napoli which I joined in the latter half of 2010.

I spent four years there starting in marketing and product development in the US and then moving to Italy to serve as the brand’s Director of Product Development.

It was in Italy under the mentorship of Leonardo Genova ( the head of all product development at ISAIA ),

that I furthered my love for textiles and found the idea of responsible production.

 

私の経歴はシンプルなものだと思います。

まずはウェブアプリケーションに特化したコンピューターエンジニアとして仕事を始めました。

イーコマースのスタートアップの経験を通じて、服飾業界、特に製造に強く惹かれました。

そして、パーソンズ ニュースクール フォー デザインにて

テキスタイルと商品開発に特化した勉強をすることにしました。

そこで、ナポリのブランドであるイザイアと出会うことができ、2010年後半にそこで仕事を始めました。

そこで4年間、まずはアメリカでマーケティングと商品開発の仕事をし、

その後商品開発ディレクターとしてイタリアに引っ越しました。

レオナルド・ジェノヴァ(イザイア全体の商品開発の長)のもとで働き、

私はテキスタイルに対する愛を深め、責任ある製造についてのアイディアを得ました。

 

Last year, I founded Stòffa where we are focussed on creating thoughtfully designed products through a continuous exploration of production.

I really wanted to focus all our energy in building innovative, robust products and production; and the only way to do it was one product category at a time.

Currently, we offer a series of accessories which include our covetable hats and scarves along with made-to-measure outerwear and trousers. 

 

昨年、Stòffaというブランドを立ち上げました。

このプロジェクトでは、考えを重ねて生み出された製品を、一つづつ製造していくことに注力しています。

イノベーティブで長持ちするモノ造りをすることに全力を注ぎたかったので、

そのためには一度に1つのカテゴリの製品を作る方法しかありませんでした。

現在は、帽子やスカーフなどの小物のほか、メジャーメイドの外套とトラウザーズも手がけています。

 

2. You place a lot of emphasis on focused, considered combinations of colour. Could you suggest some interesting reading or references?

色合いや色の組み合わせにとても重きを置いておられますが、何か読み物や資料などのおすすめはありますか?

 

Colour is an integral part of my life.

I derive an irreplaceable joy from experiencing harmony through the use of colour.

I think most people interested in this field are aware of Josef Albers’ Interaction of Color which presented his theory that colors were governed by an internal and deceptive logic.

What most people might not know about is the interactive app created by Yale University, based on the aforementioned book.

It is available for download on the app store and I highly recommend all kids and adults to download and interact with it.

It is beautifully executed and truly uses the power of the technology platform to elevate an already solid read

 

色は私の人生に於いてとても重要な部分です。

いろいろな色の組み合わせを試してみることに、この上ない喜びを感じます。

この分野に興味がある方は、色は相互作用によって感じ方が変わるという理論を示した

ジョセフ・アルバースの「色彩構成 -配色による創造-」をすでにご存知のことでしょう。

恐らく、この本を題材にしてイエール大学によって開発されたインタラクティブなアプリは

多くの方にまだ知られていないのではないでしょうか。

これは、大人にも子どもにもすごくおすすめです。

ぜひダウンロードして使ってみてください。

題材になった本も素晴らしいものですが、テクノロジーの力でさらによくなっています。

 

3. Stoffa, your latest project, has been growing in an unusual way.

You started with hats but moved onto leather jackets and trousers.

Was there any reason for this progression?

あなたの最新プロジェクトであるStòffaは、通常とは違ったかたちで発展しています。

まずは帽子から始まり、その後 レザージャケットとトラウザーズを作りました。

何か理由があったのですか?

 

Stòffa was created on the fundamental principal of creating thoughtfully designed products that are produced in a responsible manner.

To that effect, all our products are made in production units where we have close control over every step; from raw materials to finishing to packaging. Furthermore, we wear-test everything we make for at least a year before releasing it.

This philosophy has dictated our direction thus far as we focus on one production category at a time to slowly create a collection of products that are thoughtfully designed, tested and then produced in a very responsible manner.

 

Stòffaは、考え抜かれた製品を責任の取れる方法で製造することが基本になっています。

そのために、原材料の仕入れからパッケージングまで、

全ての工程をきちんとコントロールできる製造数でなくてはなりません。

更に、発売までに最低1年間、全ての製品を自分たちで使用してテストします。

この基本に忠実に進めるために、一度に一つの製品に集中して、

ゆっくりとコレクションを完成させていくという方法をとることになりました。

 

4. You spent a formative period at Isaia, which included making regular visits to Japan. Do you have any thoughts on the differences between the two markets?

イザイアで働いている間に、定期的に日本へ出張されていましたが、

アメリカと日本2つの市場の違いについての考えを聞かせてくださ

 

Japan was amazing for I observed a certain innate dedication in people to thoroughly research and explore before purchasing the right item or experience for them.

As a product developer it was really fulfilling to see the passion in the customers as they enjoyed learning about every step of how the product was made and really respected the maker’s vision.

 

日本では、何かを購入する前に、それが本当に自分にとって正しい買い物なのかを徹底的に調べることが人々の習慣になっていて、すごいなと思いました。

商品開発の担当者としては、お客様が情熱を持って製品ができる全ての工程について知りたがり作り手のヴィジョンを尊重してくれることは本当に喜ばしいことでした。

 

On the other hand, in the US there is a certain sense of nonchalance or idea of enjoyment when it comes to ones clothes.

I find that very genuine, as I have always believed that clothes are meant to be really worn and worn hard. 

 

一方アメリカでは、洋服に関しては無頓着というか、

ただ楽しめばいいという考えがあるように思いました。

私はいつも洋服は着るものであり、着倒されるべきだと信じていましたので、

服を楽しむという考え方はとてもまっとうなものだと思います。

 

As a product developer, I felt that it is our responsibility to marry the two.

Be really thoughtful about every element of our product while designing it but also present them as items to be worn, enjoyed and lived in with little care.

 

商品開発者の立場では、私たちはこの2つの姿勢を組み合わせる責任があると感じました。

デザインするときには製品に関する全ての事柄をじっくりと検討し

それぞれの製品はあまり気を使わずに楽しんで使えるようなモノであるべきだからです。

Mark Cho(The Armoury)

  • By edit
  • In NY
  • On Jun 12th, 2015
  • permalink

THE ARMOURY 共同設立者

マーク・チョウ Mark Cho

7

リネンウール製テバジャケット  Justo Gimeno  online

リネンシャツ  Drake’s  online

 8㎝幅のネイビーグレナディンタイ  Drake’s  online

ローズゴールドメッキのスターリングシルバー製ラペルチェーン  The Armoury  online

ワイドレッグ ミリタリーチノ  The Armoury

ビスポークのメガネ Nackymade

1936年製の「レベルソ」Jaeger LeCoultre

 

<コメント>

毎月1回、ショップの状況を確認するためにNYに行きます。

チームと最新の情報を共有をし、お客様とお会いし、常に店舗のどこかを改良しています。

 

この写真は自宅アパートのテラスで撮りました。

服装のスタイルは英国趣味といいましょうか、英国産のものだけを身につけているわけではありませんが、英国的にまとめています。

 

ジャケットは「テバ」というタイプのもので、20世紀初頭にイングランドでハンティングの際に用いられていたジャケットが原型です。

すっかり廃れてしまっていたところ、1970年代にスペインの貴族であるテバ伯爵が、

郊外だけでなく街着としても使えるように改良したものです。

スペイン人とイングランド人は服装について地味好きという共通点があるようですが、

天候のせいか、色使いに関してはスペインの方がより濃くて鮮やかな色合いを好むように思われます。

 

私はドレイクスのマイケル・ヒルがデザインするシャツやネクタイの大ファンであり、これらはテバジャケットによく合うと思います。

ネイビーのグレナディンタイはドレイクスの定番であり、複雑な柄のシャツと合わせる際、

カジュアルに使うにはシンプルすぎるプレーンなシルクよりも、よりバランスが取れた構成になります。

 

アーモリーのミリタリーチノは、お客様が持ち込まれたヴィンテージのものがベースになっています。

幅が太めで穿き心地がよいので、長距離移動の際にはうってつけの一本です。

 

時計は1936年製の初期のレベルソで、私の一番好きなデザインの一つです。

イェーガー(ジャガー)社とルクルト社が合併したときの記念すべき時計です。

少し繊細なのであまり頻繁にはつけられませんが、時計作りの歴史にとって大事な一本を持てることはとても幸せです。

Naoyuki Komatsu(Ortus)

  • By edit
  • In NY
  • On May 29th, 2015
  • permalink

ORTUS
小松直幸 Naoyuki Komatsu

小松さん

ビスポークのスーツ Liverano & Liverano

シャツ Ascot Chang

ネクタイ Liverano & Liverano

 靴 Saint Crispin’s

鞄 Ortus

<コメント>

毎日、工房でハンドメイドのバッグを製作しています。

革屑にまみれての作業が多いため、普段は作業着を着ています。

アーモリーのトランクショーでスーツを着てお客様にお会いできるのは、刺激的でとても楽しいです。

 

アントニオ・リヴェラーノ氏の手によるスーツは私の宝物です。

最高レベルの手仕事と感覚で最善を尽くそうとする、思いのこもったスーツだと思います。

私はそのような楽しく美しい製品が大好きです。

リヴェラーノ氏からは職人としての意識の高さなど、たくさんのことを教えていただきました。

大変感謝し、尊敬しております。

 

アーモリーで注文したサンクリスピンの靴も、私の足に合うよう調整されているため大変履き心地が良く、

美しい手仕事が気分を上げてくれるので、大変気に入っています。

 

<エピソード>

アーモリーNY店での、初トランクショーの時の写真です。

アーモリーでの仕事は、海外のお客様に私たちが作るバッグをご覧いただけるとても貴重な機会であり、

学ぶことが多くとても楽しいです。

温かく素敵なお客様・スタッフの方々と、この刺激的な街でまたお会いしたいです。

 

<アーモリーから小松さんの紹介>

アーモリーでは、香港・NY各店にて年に1回ずつ、小松さんのブランド「ORTUS」のトランクショーを開催しています。

小松さんは、ご自身を含めて3人の工房で、すべて手作業でカスタムメイドのバッグを製作されています。

ハンドメイドで素晴らしい品質のバッグは、香港・NYどちらの土地でも、着実にファンを増やしています。

Zachary Jobe(The Armoury New York)

  • By edit
  • In NY
  • On May 15th, 2015
  • permalink

THE ARMOURY NY店 運営担当
ザッカリー・ジョーブ Zachary Jobe

Zachay Jobe

ヴィンテージ生地でス ミズーラしたジャケット  Orazio Luciano

Carlo Rivaの生地で仕立てたワイドスプレッドカラーシャツ Liverano & Liverano   Similar

プリントの3つ巻きストライプタイ(8㎝)Drake’s  Online

Holland & SherryのCrispaireでス ミズーラしたトラウザース Salvatore Ambrosi

メジャーメイドのコードヴァンタッセルローファー Saint Crispin’s  Similar

Cotton50%、Linen50%のポケットスクエア Simonnot Godard  Online

アイウエア Oliver Peoples

 

<コメント>

これまで私に合うパンツを見つけるのは至難の業でしたが、

アンブロージのパンツはあらゆる意味で自分にぴったりのパンツだと、生まれて初めて感じました。

私のスタイルに忠実に、このパンツを主張のあるダブルのジャケットと合わせ、

いくつかのアイテムを差して、落ち着いたコーディネートに複雑さと視覚的面白さをプラスしました。

サンクリスピンのコードヴァンタッセルローファーでテクスチュアを足し、全体を洗練させています。

 

<エピソード>

オラツィオ・ルチアーノのトランクショーの際にさまざまなビンテージ生地を見た中で、一目でこの生地に惹かれました。

重厚感、色合い、柄などが、エレガントで長持ちする祖母のソファの長所ばかりを思い出させてくれたからです。

 

<紹介>

弁護士として10年勤めた後、アーモリーで自分の情熱をキャリアにする機会に恵まれました。

北米ビジネスの運営をはじめ、品質や価値に重きを置いた私たちの紳士服に対する価値観を、

出張トランクショーを通じてパートナーである職人さんたち、

ニューヨークや世界中のお客様たちと共有することなど、さまざまな業務に携わっています。

Taylor Jackson(The Armoury New York)

  • By edit
  • In NY
  • On Apr 3rd, 2015
  • permalink
THE ARMOURY NY店 スタッフ

テイラー・ジャクソン Taylor Jackson

Taylor

 

ネイビーフランネルスーツ(リングヂャケットオリジナル生地)Ring Jacket  similar

ブラウンタッセルローファー Carmina  online

Thomas Masonの生地を使ったアスコット・チャンのスプレッドカラーシャツ Ascot Chang  online

ネイビー×ゴールド ストライプタイ Drake’s  online

リネンポケットチーフ Simonnot Godard online

カスタムオーダーメガネ マットなべっ甲柄 Nackymade

 

 

<コメント>

多くの男性と同じく、私もネイビーを着るのが一番好きです。

気軽に着られるし、どんなものとも合わせられるからです。

柄モノのシャツは、シンプルなコーディネートを華やかにするのに役立ちますし、

シャツとネクタイのストライプの幅の違いがお互いを引き立てます。

靴は、持っている中で一番履き心地がいい、カルミナのローファーを選びました。

 

<エピソード>

いつもローファーを履くときは、いや、どんな靴を履くときにも靴下は履かない主義でした。

が、アントニオ・リヴェラーノ氏に会ったときに、紺色の靴下を履いたらどうかとすすめられました(それも常に!)。

アドバイスに従ってみたところ、クラシック&エレガントな感じがとても気に入りました。

 

<紹介>

アーモリーで働くのが大好きです。

この仕事のために、オクラホマから1500マイル(約2415km)の距離を引っ越してきました。

私の仕事は主に、ショップ内での販売・接客・マーチャンダイジングです。

Jeff Hilliard (The Armoury New York) 

  • By edit
  • In NY
  • On Mar 18th, 2015
  • permalink

 

THE ARMOURY NY店 PR・コンテンツ開発担当

ジェフ・ヒリアード Jeff Hilliard

Jeff Hilliard

 

Harrison’sのチャーコールグレイーのチョークストライプ・フランネル生地を使ったダブルブレステッドジャケット Ring Jacket

シングルプリーツ・トラウザー Ambrosi  Similar

ブラック ガロッシュキャップトウ、メタルトウタップ付き Carmina  Online

Thomas Masonの生地を使ったスプレッドカラーシャツ(特注) Ascot Chang  Online

ネイビー グレナディン (大剣幅8cm) Drake’s  Online

レニーキャップ Lock & Co.  Similar

ホワイトラプソディー・ポケットスクエア Simonnot Godard  Online

 

 

<コメント>

このスーツの注文を入れた頃、Buster Keatonの古い写真を見ていました。

Busterはハリウッドで面白く、常にふざけた人として有名でしたが、身に纏う洋服にはいつも真剣でした。

特に繊細なテクスチャーの濃いダブルブレストのスーツ等が印象的です。

彼に敬意を表したくて、ブラックガロッシュ・シューやネイビー グレナディン等、厳格なアクセサリーを取り入れました。

パンツは膝と太ももの部分にゆとりがあり、極端なテーパードパンツになっています。

一見つまらなく思えるかもしれませんが、反響はかなりありました。

ハットのおかげかもしれませんね。

 

<エピソード>

今日しているのは6年前に購入した、私の初めてのDrake’sのネクタイです。

あまりにも頻繁にしているのでスリップステッチが切れ、長さは13cm程伸びてしまいました。

テイラードクロージングへ興味を持ち始めた頃の感情を思い起こさせてくれるので、ずっと取っておく予定です。

 

<紹介>

The Armouryで働くことは私の理想でしたので、夢のようです。

私の責任はお客様が満足できるお買い物をオンライン上で提供し、コンテンツを強化することです。

写真撮影から質問への応答、新しいアイディアを生み出したりと、毎日新しい経験をさせてもらっています。